公演情報

文化庁委託事業「平成29年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」

日本の演劇人を育てるプロジェクト 新進演劇人育成公演 劇作家部門

 『SCRAP(スクラップ)』

【作】シライケイタ(温泉ドラゴン)

【演出】日澤雄介(劇団チョコレートケーキ)

【プロデューサー】流山児祥

 

【出演】

月船さらら(metro、清水直子(俳優座)

みょんふぁ(洪明花)、西條義将(モダンスイマーズ)

伊原農(ハイリンド)、シライケイタ

栗原茂、上田和弘、イワヲ

里美和彦、木暮拓矢、佐原由美

 

【日程】

2017年7月1日(土)〜17日(月・祝)

 

【会場】Space早稲田

 

【チケット】

日時指定・全席自由

一般 3,500円

学生、U25(25歳以下) 2,500円

高校生以下 1,000円

リピーター割引 3,000円

 

流山児祥の予約



公演詳細はこちら

 


【お問合せ】

流山児事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com 

グラフィックス1.png

イラスト:藤原カムイ

 

ワークショップ参加者募集!!

 

【講師】流山児祥

【日程】2017年8月14日(月)〜20日(日)

14日(月)〜17日(木)は、18時〜22時

18日(金)〜20日(日)は、13時〜21時

*発表公演を行います

19日(土)夜 20日(日)昼・夜の3ステージ

【会場】 Space早稲田

 

【募集人員】20名 40歳以上・経験不問 上記日程に全部参加できる方

【参加費用】25,000円

【応募期間】7月3日(月)〜

【応募方法】流山児★事務所に以下をお知らせいただき、お申込みください。

@名前 A性別 B年齢 C住所 D電話 Eメールアドレス(ない方は結構です)

*楽塾に入団希望の方は、履歴書あるいは芸歴書をお送りください。

 

【お問合せ・応募先】
流山児事務所 ワークショップ
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

本日「リバーサル」無事に初日の幕が開きました。予想を超えてほぼ、客席は埋まった。3方客席だから、客もそれなりに緊張して開演を待つ・・・そして、予測を超えたオープニングで一気にサスペンス誘拐劇の世界に突入してゆく!役者たちはエネルギー全開でそれでいてよりリアルな会話劇の1時間25分。
あっという間のスピードでラストシーンまで駆け抜けた。カーテンコールも熱い拍手。

終演後の初日乾杯も楽しい宴になった。いつものように、制作の米山さんの創ってくれた賄のブリ大根とお客さまからの差し入れの「北京」の餃子、ホントに美味しゅうございました。
さ、あと14ステージ元気に!楽しく!がんばろうぜ。

初日なので花組芝居の座長の加納さん、評論家の七字さん、日刊ゲンダイの山田さんや元中村座の植吉さんとといったヒトの顔も。いい感じでSpace早稲田新春1月公演の幕開けになりました。有難うございました。

本日18(金)は19時開演、客席は「余裕あり」です。なお、19(土)のマチネがなぜか「大いに余裕あり」です。
ぜひ、ふらりと早稲田までおいでください!!スタッフキャスト一同早稲田でお待ちしています。
・・・・・・・・・・・
@明治大学和泉校舎(京王線明大前下車徒歩5分甲州街道沿い) @Meiji_Univ_PR
【イベント情報】 映像資料プログラム「世界で遊ぶ流山児祥―カナダ公演と20年の演劇交流について」(講師:流山児祥氏)1月18(金)16:20〜18:20 開催 http://dlvr.it/2fg5QS #meiji
『狂人教育』『ハイライフ』『花札伝綺』『卒塔婆小町』『十二夜』などのビデオを見ながらの講義です。
公開で無料です。是非、お時間のある方は京王線明大前までおいでください。
2013-01-18 10:20 この記事だけ表示
今週末はハードdayである。
ま、ホントは今日からだが、Space早稲田演劇祭ラスト2本が今日から始まる。今日から5日間は劇団の若手:山下直哉:脚本・演出『夜を賭けて』、梁石日さんの名作長編小説を演劇化する志高い試み。仙台の演劇人:大久保遊人氏のプロデュースで特別出演で映画版に出演している大久保鷹さんも「特別出演」している豪華版。上演時間が少し長い2時間近くの大作になっているが、致し方ないこと。是非多くの皆さんに観てもらいたいものである。山下直哉「処女戯曲」となる。
わたしは明日から出張なので、今日お昼からのゲネプロを見せてもらう。で、夜はこれまた芸術劇場で天野天街:脚色・演出 J・ロメリル:作『ミス・タナカ』、結城座の人形芝居を観る。これまたオモシロイ戯曲。アマノが如何に料理しているか楽しみ。
・・・・・・・・・・
明日26(木)の夜は中津川文化会館の小会議室で中津川演劇祭2012に向けての「市民サポーター育成講座」で「演劇の歴史」の講座。演出者協会と中津川市はこの3年間「演劇camp」を地歌舞伎小屋やホールを使って全国へ発信するイベントを開催してきた。今年は馬籠ふるさと学校で徹底した演劇人ミーティングをやる予定。そしてアジアの各地から様々なジャンルの演劇人・パフォーマーを招いて国際演劇祭を開催する計画を進行中である。中津川独自のフェスティバルを創り上げるには市民のサポートと理解が必要である。市民のための演劇祭、芸術祭を目指してのサポーター養成講座。じっくり、ゆっくり《出会う》ことからである。

で、27(金)〜29(日)は盛岡での演劇大学3年目。いわてサポートセンターとオデッテホールを使った3日間ののWORKSHOPと講座。わたしは「戯曲」を読む講座。唐十郎、寺山修司、別役実、つかこうへい、北村想、野田秀樹、平田オリザ、岡田利規といった「テキスト群」をただただみんなで読もうという試み。これがオモシロイ。声に出して読む!これから・・・始まる。
こちらも《出合う》こと・・・である。
私は《出会い》を求めて世界中を旅している、ま、カラダが続く限り・・・・楽しいたびである。
2012-09-26 09:53 この記事だけ表示
鬼の攪乱である
風邪である、喉も鼻も全身が痛い。
ま、薬は飲んでいるのだが、アタマはボーとする。
でも、2日間演劇講座なるものをこなす。
新国立劇場で開催されているふじたあさやさんの「シリーズ日本の劇X」
否定のエネルギーが生み出したもの60年代アングラ演劇を語る。
18歳で佐藤信に出会い、20歳で唐十郎、22歳で鈴木忠志に師事し、23歳で寺山修司と交流を始めた私の演劇史=アングラ四天王との出会いを語る。
@オペラパレスのホワイエ、150人の聴衆。えっつ!こんなに多いの?
ま、出たとこ勝負。
あさやさんのナビゲートでうまく進んだと思う。
DVDで寺山さんの最後のインタビュー、天井桟敷の歴史を辿る映像、『奴婢訓』
利賀フェスティバルの『トロイアの女』 『真情あふれる軽薄さ2001』の映像を流しながら1960年代後半から1973年までのアングラ史を語った。

・・・・・・・
翌日は知立市。
パティオ池鯉鮒で開催されている「演劇カレッジ」の演劇講座。
午前中・お昼の2コマは鐘下辰男の講座「三人姉妹〜チェーオフ」
鐘下くんは12月から今月いっぱい、名古屋の劇団:俳優館で「三人姉妹」を演出中である。
立ち話数分。

私は夕方と夜の2コマ、4時間。
前半は主として唐十郎の演劇について。
1962年状況劇場設立。半世紀50年が経ったのである。
この何日か唐さんの戯曲や小説を読んでいる。唐さんの凄みは不変、普遍。
・・・・・
後半は主として寺山修司の演劇について。
40人近くの参加メンバー。
なるべく皆さんにもテキストを読んでもらって感じてもらうやり方で。
最後の30分は主として私の仕事について語る。
・・・・・
今年はこういった講座の依頼が多い。
ま、もう少し、きちんと整理して「アングラ演劇史」を語ろうと思っている。
ま、整理する時間だ!
・・・・・・
『田園に死す』稽古は順調にすすんでいる。

今日・日曜の早稲田は楽塾『十二夜』稽古。
休む暇なくわたしは早稲田へ。
まだ、風邪、治ってないよ、やべえ。
早稲田の稽古場は夕沈ダンス。
1日中、あれやこれやの夕沈ダンスである。

わたしはラストのダンスしか出演しないので(ま、そういうわけじゃないけど)明日と明後日の夜は、何故か「アングラ演劇史」の講師である。今年はそれにしてもいろんなところで「アングラ演劇史」の講座を頼まれている。ま、当事者のコトバでいろんなことを喋って残そうと思っている。という事で、頼まれたら「何処でも」しゃべりますよ。

・・・・・・・・・・・・
1月13(金)は18時30分〜@初台の新国立劇場オペラパレス・ホワイエ
ふじたあさやさんがメインの講師で去年2011年の5月から開催しているシリーズ:日本の「劇」Wである。

タイトルは「否定のエネルギーが生み出したもの」

曰く「新劇を否定し、演劇の新しい地平を目指す、60年代演劇革命。後にアングラという言葉でくくられることになる彼らの試みは、破壊のエネルギーに満ち満ちていた。彼らは何を破壊し、何を受け継ぎ、何を生み出したか?」


ま、唐さんや忠さん、寺山さん、信さんといったアングラ4天王についての個人史からでも・・・・と思っている。
ちょうで、いい具合にいま、「悲劇喜劇」の2月号で「唐十郎特集」をやっている。
これで、やりますか?
・・・・・・・・・・・・
で、1月14(土)@知立市民文化会館
シアターカレッジ:まちおこし演劇プレ講座  みかわ発!演劇人育成プロジェクト

演劇カレッジ @パティオ池鯉鮒(知立市文化会館)

2012年1月14(土) 16時〜20時

近代演劇史〜新劇とアングラ演劇@ 16:15〜17:15

近代演劇史〜新劇とアングラ演劇A 18:00〜20:00

このあと、3月演劇大学IN盛岡でもアングラ演劇史、 演劇大学IN高知と続く予定。高知では、なんと、初の「朗読講座」なんてもんもやる予定。今年は凄いね・・・なんか、先生みたい・・・・先生ではなくて「当事者」としてわたしが「経験したこと」を語ろうと思っている。
ことしは語り部?
・・・・・・・・・・
で、帰京すると皆さん新宿ロフトで歌っているよ。