公演情報

文化庁委託事業「平成29年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」

日本の演劇人を育てるプロジェクト 新進演劇人育成公演 劇作家部門

 『SCRAP(スクラップ)』

【作】シライケイタ(温泉ドラゴン)

【演出】日澤雄介(劇団チョコレートケーキ)

【プロデューサー】流山児祥

 

【出演】

月船さらら(metro、清水直子(俳優座)

みょんふぁ(洪明花)、西條義将(モダンスイマーズ)

伊原農(ハイリンド)、シライケイタ

栗原茂、上田和弘、イワヲ

里美和彦、木暮拓矢、佐原由美

 

【日程】

2017年7月1日(土)〜17日(月・祝)

 

【会場】Space早稲田

 

【チケット】

日時指定・全席自由

一般 3,500円

学生、U25(25歳以下) 2,500円

高校生以下 1,000円

リピーター割引 3,000円

 

流山児祥の予約



公演詳細はこちら

 


【お問合せ】

流山児事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com 

グラフィックス1.png

イラスト:藤原カムイ

 

ワークショップ参加者募集!!

 

【講師】流山児祥

【日程】2017年8月14日(月)〜20日(日)

14日(月)〜17日(木)は、18時〜22時

18日(金)〜20日(日)は、13時〜21時

*発表公演を行います

19日(土)夜 20日(日)昼・夜の3ステージ

【会場】 Space早稲田

 

【募集人員】20名 40歳以上・経験不問 上記日程に全部参加できる方

【参加費用】25,000円

【応募期間】7月3日(月)〜

【応募方法】流山児★事務所に以下をお知らせいただき、お申込みください。

@名前 A性別 B年齢 C住所 D電話 Eメールアドレス(ない方は結構です)

*楽塾に入団希望の方は、履歴書あるいは芸歴書をお送りください。

 

【お問合せ・応募先】
流山児事務所 ワークショップ
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

ということで「西遊記」アジア「第一次」ツアー無事に終演しました。たぶん第3次ツアーまでやりたいと思ってます。
アジアは広い、面白い、スリリングでエクサイティングです。

バンコックの空港でお別れ。みんなで記念撮影。ほんとうにチュラルンコン大学の皆さんにはお世話になりました。劇団員一同あつく感謝しています。
またお会いしましょう。

ギンタは香港へ。お疲れ様でした。ほんとうにありがとう。ギンタは見事なまでに海外ツアーで劇団員以上の「劇団員」です。

午後9時過ぎ帰国。

諏訪創のお迎えで荷物はWASEDAへ。

今日はお昼から片付け、近くの公園で花見の予定。
さて、東京でのしごとがはじまります。きっちり、やりましょう。
楽塾台湾公演「女の平和〜不思議な国のエロス」追い込み稽古が始まります。
・・・・・・・・・・・・・・・
ということで、今年の上半期は殆どニッポン・トーキョーにいないスケジュールがどんどん埋まっています。

3月3週間以上の『西遊記』インドネシア4都市・タイツアーを終え、次は台湾です!

寺山修司:作『女の平和〜不思議な国のエ ロス〜』4月29日(金)〜5月1日(日)@台湾国立劇場「新視点演劇祭」楽塾が招待上演。その後、6・7月台湾嘉義市で上演する「マクベス」のオーディションワークショップとシニア演劇のレクチャーで台北と嘉義に2週間滞在。
帰国後、フクシマで劇団ユニットラビッツの新作のドラマタークで郡山に。

流山児★事務所は6月、温泉ドラゴンのシライケイタの脚本・演出「代々孫孫2016」を下北沢ザ・スズナリで韓国演劇を「世界初演」します。アジアの流山児★カンパニーの道を突っ走ります。ご期待ください。

で、6月・7月は台湾嘉義市で2か月近く「マクベス」演出。
秋には台北公演も決定?したらしい。カラダがもう一つほしいものである。

ということでトーキョーにはほとんどいない2016年の上半期である。
わたしたちは元気です。
2016-03-31 11:57 この記事だけ表示
こんな「素敵な感想」ありがとうございます。では、酷暑ではなく次は7月あたりに・・・・よろしく。

数日前にフェースブックのタイムラインに流山児事務所のバリ公演のお知らせが流れたときには、思わず目を疑った。あの流山児祥氏がバリに??

60年代世代からすれば、寺山修司や唐十郎が忽然と時空を超えて眼前に降臨するのに匹敵する。

待望の公演「西遊記 Kera Sakti」は昨夜、シンガパドゥにあるGeoks Art Center で行われた。
久しぶりに第一線の芝居を見て、あらためて演劇とは詩であると痛感した。芝居の冒頭から、吾れとは何者なのかという問いが繰り返される。後半にはこんな台詞もあった「生きるというのは途中経過の繰り返しなのだ」

──詩行の韻をふむように繰り返し、リフレインが芝居全体を通して登場し一種の酩酊感すら誘う。
もちろん演劇は身体である。

舞台を跳梁する役者の身体は憧憬であり、見る者のからだを突き抜けていく風でもある。
ラストシーンの役者たちの身体はその限界まで酷使され、バリの熱い空気に溶けていってしまいそうだった。

終演後、流山児祥氏と立ち話をする機会があった。
タイミング悪く、この異常な酷暑のなかでの公演となったが、次回は涼しい7ー8月にぜひおいで下さいとお願いした。 
BY Naruse Kiyoshi
2016-03-26 13:18 この記事だけ表示
演出家で俳優の流山児祥さんが主宰する劇団流山児★事務所の舞台「西遊記」のバリ島公演が3月23日、「GEOKS Art Space」で開催された。(バリ経済新聞)

バリ島で舞台「西遊記」公演

 舞台「西遊記」は昨年10月に日本公演をスタート。各地を巡演した後、今年3月からインドネシアのジャカルタ サリハラ劇場、ジョグジャカルタ芸術公園、ボルブドゥール野外テントでの公演を行っている。バリ島公演の会場となったGEOKS Art Space(Jl. Raya Singapadu No.87)は満員となる200人の観劇ファンが集まった。当日は満月に当たり、バリ島各地では祈りをささげる儀式が盛大に行われており、同公演も幻想的な雰囲気に包まれる中、行われた。

 16世紀に書かれた伝奇小説「西遊記」を基にした同舞台には、孫悟空を始め猪八戒(ちょはっかい)、沙悟浄(さごじょう)、三蔵法師など、おなじみの面々がステージ狭しと大暴れし、言葉の壁を感じさせない構成で観客を笑いと拍手の渦に巻き込んだ。

 ムーンライダーズの鈴木慶一さんが音楽を担当している点も見どころの一つ。作・演出は天野天街さんが手掛ける。同劇団主宰で芸術監督の流山児祥さんは「バリ島で日本の現代演劇を上演するのは初めてのことだろう。子どもからお年寄りまで私たちの演劇が受け入れられたことにとても感動した。日本演劇の持つエンターテインメント性と芸術性の高さが証明されたと思う。必ずまた来る」と話す。

 同公演はこの後、3月27日〜29日の3日間、タイ バンコクのチュラロンコン大学で行う予定。
2016-03-25 23:40 この記事だけ表示
24日(木)早朝、デンパサールからジャカルタへ!

ジャカルタからタイ航空にのると英字新聞=THE NATIONに「西遊記」大きな記事が掲載されている。

スゴイ!そういえばジャカルタの空港で三四郎が「孫悟空!」と呼び止められた、ベリグッド!と子供からも。そういえばジャカルタからジョグジャカルタまで追っかけまでいたのにも驚かされたもんだ!


さて、本日25日(金)バンコック仕込みである。

やっと昨日は、深夜近くにねれて、今日はばっちりである。

いくぜ、諸君。


昨日は、タイ行きの飛行機に中で、英字新聞THENATIONに大きくインドネシア公演の大成功とタイ初公演の記事。インドネシアでは連日テレビ新聞で報道され大きな話題になっている。そのニュースがタイまで伝わっているそうである。うれしい限り。


チュラロンコーン大学は世界演劇の交流ステーションである。


「西遊記」はワールドパフォーマンス@ドラマCHULAのメイン企画。チュラロンコーン大学の舞台芸術センターは国際交流の拠点、とりわけ、日本演劇との交流の拠点でもある。

平田オリザ氏の青年団はタイで「東京ノート」「さよなら」そしてアンドロイド演劇「変身」の3作品を上演しているし、山本卓卓氏の範宙遊泳も最近上演している。「西遊記」上演で、さらに日本演劇のファンが増えたらいいな、と思う。日本には様々な演劇が「ある」ことを楽しんでもらいものだ。


仕込みを終え、同ポジ撮影。

アマノは午前中からタイ語のボード書き。

かくして「西遊記」タイ公演に向けて臨戦態勢である。


それにしても孫悟空=五島三四郎の巨大ポスターが町のいたるところに。

そして、いつものことだがこれからタイ語の猛特訓。

随所に入れるのだが、これが「発音」が大変。

みんな必死です。


การแสดงดีๆจากประเทศญี่ปุ่น เด็กดูได้ ผู้ใหญ่ดูดี อาทิตย์ที่จะถึงนี้ค่ะ

"ไซอิ๋วผจญภัย (Journey to the West)"โดยคณะริวซันจิ ประเทศญี่ปุ่น

วันที่ 27-29 มีนาคมนี้ (วันอาทิตย์ที่ 27 เวลา 14.00 น. วันจันทร์และอังคารที่ 28-29 เวลา 19.30 น.)
บัตรราคา 600 บาท/นักเรียน นิสิต นักศึกษา 300 บาท
สอบถามรายละเอียดเพิ่มเติมและจองบัตรได้ที่ 02 218 4802 และ 08 1559 7252
และที่ Facebook: Drama Arts Chula ค่ะ

Upcoming imported performance next week!!!!
'Journey to the West' (ไซอิ๋วผจญภัย)
by Tokyo's Ryuzanji company, Japan!!
March 27 @ 2.00 p.m.
March 29 @ 7.30 p.m.
Ticket 600 Baht
(300 Baht for student)
Ticket booking: ticketdramacu@gmail.com

***Thai and English surtitles are available!
2016-03-25 20:45 この記事だけ表示
久しぶりのブログです。
3月9日から3週間の「西遊記」アジアツアー。
連日超満員のジャカルタ・ジョグジャカルタ公演を終えて「西遊記」のある意味での目的地である。
ボロブドゥール遺跡野外公演まで辿りついた、
超満員の世界最古の仏教寺院遺跡での初の「演劇公演」
客席に作られた500席余りの椅子の周りを囲む人々。
1000人を超えるボルブドゥールの人々がやってきた!と、
ウマルさんが興奮している。
インドネシア政府の文化大臣の秘書官も視察に来て、実に素敵な企画、国はこれからどんどんバックアップするから国際的な文化交流の企画を立ててくれ!と、言われたそうでこれまた嬉しそう。

世界遺産を芸術家による文化交流のステーションにというボルブドゥールの美術家を中心にしたこの試みは大成功であった。「西遊記」初の世界遺産での公演、初の野外劇大成功!と、なった。

アジアの「西遊記」は何処へ行っても受ける、文字通りの「民衆演劇」である。半端ない体力と集中力を役者たちに要求するエンターテインメントの傑作に日々進化中である。とにかく、どんなところでも一気にトップギアで行ける作品に深化している。ぜひ、いつか日本でも上演したいものだ。「全く違う作品になってますね。めちゃくちゃわかりやすい」とスズナリ公演を見てくれているプロデュ―サーのやすみさん曰く。

お昼過ぎから雨の中での場当たり。
ぴたりと夕方6時過ぎに雨はやんだ。

さすがに晴れ男の面目躍如。
続々と観客の群れ、ジャワ舞踊、GO ボルブドゥールのデモンストレーション映像。来賓あいさつ。
WWFの世界環境デーの、世界中の世界遺産が一斉に電気を消す。アースデー。カウントダウンで遺跡の電気が1時間消え「西遊記」が始まった。最初どーなるかと思いきや、地鳴りのような笑い声、子供たちが一斉に大爆笑する。のりに乗りまくる。

途中、ジャワダンスそれも猿の舞踊、50人を超す楽団とダンサーたちのスペクタクルに美術家たちによる集団ペインティングも加わって15分あまりにゲストコーナー。まさにカオスのようなコラボレーションとなる。で、再び、遺跡に電気がともりラストまで。

本当に「西遊記」はまぼろしの天竺にたどり着いたと思った。
役者たちは「地球」ならぬ巨大な卒塔婆(ストゥ―パ)へ向かう。遠くの芝生で再び客席に向かって踊り狂う。

スゴイ鳴り止まないカーテンコール。ほんと、お疲れ様でした。
朝から深夜のバラシを終えてホテルにたどり着いたのは1時過ぎであった。ビールで乾杯、もう働いている人もいないのでカップラーメンをおつまみに。これが俺たちに似合う。

それにしても、『花札伝綺』のジョグジャカルタ公演を見て、ぜひ、ボロブドゥール遺跡で芝居を!というウマルさん・やすみさん夫妻の熱意には頭が下がる。まるで「奇跡」のような公演の大成功であった。本当にありがとうございます。実に多くのスタッフの力でやることができた。感謝、感謝。

次は、ボロブドゥール国際芸術祭です!とやすみさんら。
いつでもてつだいにきますよ。また会いましょう。
2016-03-20 12:06 この記事だけ表示
で、「西遊記」最終通し!
それも、なんと朝9時過ぎ。
いやあ、このCOMPANYは最強である。
どんな状態でも芝居がキチンとやれるまさにプロフェッショナルな劇集団である。1999年の韓国ソウルでの『狂人教育』から17年間毎月1ヶ月ほぼ毎年のように「海外ツアー」をやってる劇団は流山児★事務所以外にはない!最新作「西遊記」アジアツアーもいつもようにきっちり行ってます。

来年正月「メカニズム作戦」(宮本研:作)というミュージカルの音楽監督:朝比奈尚行(時々自動)も、「西遊記」を観ていないということで、朝の9時だというのにSpace早稲田まで来てくれた。曰く「物理学、量子力学の演劇だね・」見事にアマノ演劇の本質を言い当てた、。さすが、天才。
スタッフ全員集合でギャラリー満員で一気にいく。
演出家:アマノからもGOOD!のダメだし。俺の役はもっと「巨大なイメージ」で創ります、はい。

早稲田から下北沢へ。
若手演出家コンクール最後の審査。札幌の小佐部くん。
で、韓国の若手劇団ババサーカスの「煉獄」を見て帰宅。
ハードな1日であった。

明日は、お昼から楽塾の最終稽古。
でもって、若手演出家コンクールの公開最終審査会。

8日(火)の夜にはインドネシア・タイへ。元気に《アジア》を旅したいものだ!
2016-03-05 20:38 この記事だけ表示
連夜の下北沢通いが始まった。「若手演出家コンクール」の審査と韓国の若手劇団の公演。「劇」小劇場とB1

若手演出家コンクール。本年度の最終決戦審査員は、青井陽治、今村修、瓜生正美、加藤ちか、鐘下辰男、佐野バビ市、篠崎光正、鈴木裕美、平塚直隆、松本修、流山児祥の11名。運営進行は大西一郎と西沢栄治。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
午前中は日本演出者協会理事会。札幌の斉藤さんの「札幌演劇シーズン」の報告が面白かった。イロイロやること満載。
お昼は「西遊記」の通し稽古も同時進行。

たぶん4年ぶりの最終審査。
いやあ。。。である。
韓国チームの「煉獄」(A・ドーフマン:作)明りあわせも2日続いてみる。いやあ。。。である。
西沢、シライ、大西、和田さんらの運営委員は大変である。
一昨日はアマノ、昨夜は和田さん、ケイタ、坂手くんらと呑む。
「劇」小劇場の若手達の芝居、韓国の若手劇団の公演、是非観てください。4本観れて2000円、それから「断食芸人」もよろしく!

ということで、渋谷ユーロスペースは映画「断食芸人」絶賛ロードショウ中です。よろしく。
2016-03-03 13:54 この記事だけ表示
楽塾4月・5月台湾@台湾国家戯劇院「新しい視点」演劇祭正式招待公演「女の平和〜不思議な国のエロス」(原作:アリストパネス、脚本:寺山修司、演出:流山児祥)の土・日稽古も熱を帯びてきた。

総勢21人の中年男女が踊り歌い戦っている文字通りの戦国ミュージカル。北村真実ワールド炸裂で「世界のどこにもない」ミュージカルが出来上がりつつ!ある。前半怒涛のノンストップ30分!!が、ほぼスケッチ終了。

これで行く!
それにしても平均年齢62歳の熟女たちのなんというパワーと繊細さ。
中国語のソロも2曲、名曲である。
1時間20分の作品だがあと10分刈り込む予定。
この作品世界中で受け入れられる作品になる。
必ず、東京でも上演しようと思っている。ご期待下さい。

でもって、明日:3月1(火)夜から久し振りに演出者協会主催の若手演出家コンクール最終審査員を務めることになった。
この人材育成の人気企画はわたしと和田理事長と二人で立案企画した事業。
16年の間に素敵な演出家がコンクールから飛び立ち現代演劇の第一線で「いま」活躍している。

今年も101人の全国からの応募の中から勝ち抜いた4人の若手演出家が6日間下北沢の「劇」小劇場で競い合う。
ワクワクしながら4本の作品に「出会い」たいものだ。

「西遊記」(天野天街(少年王者舘):作・演出、鈴木慶一(ムーンライダーズ):音楽
本日夜、久しぶりの演出家・スタッフと一緒の通し!これもミュージカルだぜ!
さあ、楽しもうぜ。バタバタと稽古三昧の日々が続いている。
2016-02-29 14:10 この記事だけ表示
「JOURNEY to The WEST」
ASIA TOUR 2016 3.9(Wed)〜3.30(Wed)

●Indonesia

2016 March.11(Fri),12(Sat)
 ・Jakarta…Teater Salihara
March.16(Wed)
 ・Yogyakarta…Taman Budaya Yogyakarta
March.19(Sat)
 ・Borobudur
March.23(Thurs)
 ・Denpasar

●Thailand

2016 March.28(Mon),29(Tue)
 ・ Bangkok…Chulalongkorn University
   (Sodsai Pantoomkomol Centre for Dramatic Arts)
2016-01-13 11:02 この記事だけ表示
 BY 演劇定点◎カメラ  ねこ

 「旅する劇場」シリーズ最新。本公演後、アジアツアー。

 舞台。山水画三方。中央に広く開口。
 お話。天竺へいき、仏教経典を持ち帰らんとする玄奘三蔵。お供の孫悟空、
 沙悟浄、猪八戒が妖怪どもを退治して玄奘を助ける活躍ぶりを描くのだが。

 何でもありの「西遊記」。
 力と不死を手に入れ遊ぶはずが、宿命にもてあそばれる感 もある、ブラックコメディ。
 死亡遊戯を変調しながら延々繰り返し。死がないから、生も薄っぺらで、孫悟空の存在、物語の成立も危  ういというダークサイドに没入。

 目的を忘れて、戦う殺すの手段だけが残るという、恐怖も感じさせ。うーみ、思いがけず深遠を覗いてし  まった感ありねこ。ただ一意ならず、切り貼り、重ねあわせ手法の繰り返しでリズムを醸成して、
 飽きずノリ良くみることが出来。

 なんかネガティブに書いたけど、そこは流山児事務所。エンタメの志でアクションや歌を案配良く入れてよ り活性化。とりわけムーンライダーズ鈴木慶一音楽が思った以上にふんだん。
 いずれも場面によく嵌まって◎。

 なんでありに悪のりした乱入、 外し方がスパイスまた息抜きになって愉快ねこ。
 日替わりゲストは、しりあがり寿さん。書き下ろしのあらすじ紙芝居を披露。

 ※2015/10/25(日)晴 3:07-4:59PM(1'48)前方中央 客席超満員(180人?)

 客層:大人よりに幅広く。シニア層が結構。女性過半数。
 客入れ:開場時40,50人ほど。ベンチ桟敷2、椅子10列。補助椅子追加。
 折り込みチラシ厚め。パンフ B5オールカラー 4ページ。物販。Tシャツ2000円
 ポストカード(紙芝居)。カーテンコール1回4分。
2015-10-30 13:29 この記事だけ表示