公演情報

日本劇団協議会主催
佐藤信「喜劇昭和の世界」三部作
『ブランキ殺し 上海の春』
ご予約は▼
https://www.quartet-online.net/ticket/blanqui

2017年10月28日(土)〜11月5日(日)
ザ・スズナリ

作:佐藤信
演出:西沢栄治
音楽:諏訪創
振付:スズキ拓朗
プロデューサー:流山児祥

出演
山ア薫 山下直哉 山丸りな 五島三四郎 廣田裕美
さとうこうじ 宮崎恵治 眞藤ヒロシ 佐野陽一
鈴木幸二 木下智恵 有田杏子 江口翔平
龍昇 甲津拓平 森諒介 竹本優希 流山児祥

blanqui4_a.gif
お店等に貼っていただける方、ご連絡ください!!
流山児★事務所 
TEL03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
mail@ryuzanji.com

流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD 「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

あ、『台湾マクベス』@シビウ国際演劇祭の「長編劇評」が出ました。

以下劇評の一部を掲載しておく。

●「流山児★カンパニー+OURシアター国際共同製作公演: マクベス〜Paint it Black! は、シェイクスピアの古典的な表現に、アジアの伝統が上手く統合されたものであった。マクベスは戦いの中で絶対的な力を得ることだけに取り憑かれ王を殺すが、それにより予言の効果が発動する結果になった。これは自分の運命を変えられない悲劇の主人公の話であると同時に、近年起こっているアジアの紛争についての皮肉的な表現でもあろう。この壮大なアジア演劇には大人数の役者たちが関わっており、全ての重要なシーンの役割を担っている。ある時は、命をかけて戦う戦士となり、またある時は、王に予言をかける魔女となるのだ。ルル劇場で動き回る役者達の身体表現は目を瞠るものがあった。並外れて優美な動きをする女優たちと、力強い動きを見せる男優(戦士)達はアジア・ヨーロッパの大陸を越えるものを感じさせた。」(Diana Nechit)

●「マクベス〜Paint it Black! のストーリー全体の軸となるアイデアは、近年の歴史に基づいている。シェイクスピアの古典的な悲劇の話を現代に向けてアレンジし「戦争の悲惨さ」を伝えている。劇の大半は歌とパフォーマンスで占められ、アンサンブルの役者たちが舞台を彩っている。振り付けが素晴らしい。儀式的な踊りからヒップホップまでと幅広く、それでいて全てが「スタイリッシュ」であり、舞台全体の雰囲気をつくっている。更に特筆すべきは、マクベス夫人の優雅な立ち振る舞いと人間性が、シーン全体のバランスを見事にとっているところだ。力と穏やかさの間に揺れるマクベス夫人の人物解釈には興味深いものがあった。」(Alba Stanciu) 

なお、台湾のテレビや新聞でも「台湾マクベス:ルーマニア公演成功!」と大きく報道された。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、結婚式
2017-07-20 10:47 この記事だけ表示

というわけで、『台湾マクベス2017』台中公演: 5月27日(土)初日無事に幕が開きました。

満身創痍?の役者もいたが、去年の初演をはるかに上回る「衝撃作」に出来上がりました。

みんな、素敵な役者に育ちました。
わたしの(代表作」といっていいパワフルでいて『ニンゲン」が「そこ」にいる作品になってます。


主役の二人はほんとうに素敵になりました。
魔女8人はパーフェクト!ほんとうにやりたかった「アジアのマクベス」です。ありがとう。


『狂人教育』日中コラボレーションの時に参加してくれたペイジンと日本人クルーで台中の夜市で呑む。

そうかあれから8年の歳月が流れたのである。


ながい台湾の演劇人との付き合いである。

『狂人教育』『ハイライフ』『義賊☆鼠小僧』『寺山修司の女の平和』『台湾マクベス』初演『台湾マクベス2017』

と、6本の作品を10年で作り続けている。もっとも、多くの作品を作品を続ける街になりそう?である。



それにしても、たった3日間の滞在だが、台中もいい町である。


というわけで、本日:14時30分『台湾マクベス2017』台中公演ファイナル。

熱狂的な拍手の中で無事終幕。


バラシて打ち上げ、嘉義へ。

明日からsibiuに向けて仕込み稽古(役者がスタッフもかねる)、照明もsibiu用に作り変えて6月1(木)トライアウトという名のプレビュー@嘉義県票演芸術センター公演である。


『台湾マクベス』の旅は続く!!


で、明日から東京・早稲田ではシライケイタ×日澤雄介コンビの新作『SCRAP』の稽古が始まる。こちらも熱くなる!!


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


「テロリズムと組織犯罪を防止する為という口実の下に、日本政府は極めて問題の多い法律を準備している。あらゆる形態の謀略に対するこの法案について採決が5月23日に衆院で行われ、参院では6月中旬に採択される予定である」ル・モンド5.27

2017-05-28 18:13 この記事だけ表示

「マクベス」は、1989年流山児祥「演出100本記念」公演として「マクベス〜PAINT IT BLAcK!」のタイトルで、塩野谷正幸、一色彩子主演@下北沢本多劇場で初演.
.
1991〜92年は「流山児マクベス」というタイトルで、塩野谷正幸、入江若葉主演@韓国ソウル教育文化会館、広島みろくの里国際演劇祭正式招待公演、名古屋中小企業センターホール、新宿シアターアプル、大田区民プラザといった大劇場でツアー上演、

その後、2015年流山児★事務所「創立30周年記念」公演「マクベス〜PAINT IT BLACK!」のタイトルで復活し、若杉宏二、伊藤弘子主演で@座・高円寺1で上演。


2016年7月、台湾のOURシアターとの共同制作で@嘉義県表演芸術センターで上演、そして、2017年5月@台中国家歌劇院 6月ルーマニア@シビウ国際演劇祭で上演される。


30年近くにわたって上演している「私の代表作」と呼べる作品だが、すべてその時代に合わせて、全面的に作り変えている作品である。2015年版は構成に西沢栄治が加わり、音楽に坂本弘道が参加。愚直に「非戦」を叫ぶ「女たちのマクベス」が出来上がった。


台湾版はよりパワフルでよりシャープな「音楽劇☆マクベス」に成長している。文字通りの「アジアのマクベス」となった。なんたって、台湾語のマクベスである!!


1989年初演時に思い描いた「アジア的身体を持ったシェイクスピア劇」に、わたしは、やっとたどり着いた感がある。


ソウル、果川、水原、上海、北京、広州、香港、澳門、杭州、台北、嘉義、台中、ジャカルタ、バンドゥン、ジョグジャカルタ、ボルブドゥ‐ル、バリ、バンコック、テヘラン、といった20余りのアジアの都市をオレタチはこの20年余り《旅》している。


北京も上海も台北も、ものすごい勢いで変わっていっている。が、いつも行く呑み屋は「ほぼ」変わらない。東京同様の、安酒場である。


役者=貧乏人生は、一生変わりそうもない、が、それが河原者の「自由」である。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる
2017-05-22 13:33 この記事だけ表示

『台湾マクベス』台中国家歌劇院公演は「全席完売」ですが、シビウはまだ、お席には「余裕あり」みたいです。

ぜひ、ふらりとシビウまでおいでください。待ってます。

でも、ルーマニアは遠いですね。




Asian Shakespeare, a Russian script in Hungarian and a circus performance at FITS 2017!
At this edition of the Sibiu International Theatre Festival, the classical style comes in surprising combinations, staged in a contemporary fashion, which cover the human soul and offer inspiration through original creations.

Thus, Our Theatre & Ryuzanji Company from China and Japan present a play directed by Ryuzanji Show, a performance that places Shakespeare in a contemporary Asian setting. "Macbeth: Paint it, Black!" opens with an anti-war monologue and ends with the suggestion of cultivating hope against the endless struggle for power. "One of the most important performances discovered in Asia, the revelation of major festivals in Taipei, Shanghai, Singapore, Tokyo and Australia, Macbeth: Paint it, Black! is a Chinese-Japanese production, which is currently courted by all major festivals around the world. You should hurry up and get your tickets for the two performances that will take place on June 14th at Fabrica de Cultura, Eugenio Barba hall, in which the theatre company will invest a lot of effort", said Constantin Chiriac.

2017-05-21 00:22 この記事だけ表示
維新を含むファッショ政権が平成の治安維持法=「共謀罪」をついに強行採決した。

いわゆる国民に選ばれた自公が国会で多数を占めているから、何をしてもよいわけではないのが議会制民主主義ってガキの頃この議員たちは教わらなかったのか。議会とは議論して決める場なのだよ。議論を通じて「他者」を説得する努力を一切しないメチャクチャぶり、法案提出の責任者である金田法相は説明責任も放棄し支離滅裂の答弁ぶり。

そして、最終局目では、まったく自らの政治的アイデンティティを持たない厚顔無恥の維新を巻き込んで、それこそ数の某力に任せて「強行採決」する政治は民主主義などではない。これはファシズム以外の何ものでもない。

この国は、もはや法治国家などではない、加計、森友、共謀罪、アベ政権のもはや、『不都合』を通り越した「開き直り」「しらんふり」の「3点セット」を決して許してはならない。それにしても立憲政治も政党政治もすでに死んだのかもね。

そして、この国はどこまで堕ちてゆくのだろう。嗚呼。

台湾・嘉義は雨である。

国会前には1万人近くの市民が集まっているという。
2017-05-19 21:54 この記事だけ表示

『台湾マクベス』稽古4日目。

新人が加わっていい感じで『テキスト」を読み直している。

役者たちと「様々な人生」を探すだけである。


シェイクスピアの「言葉」をオレタチの「コトバ」に変えるだけ。

だって、シェイクスピアなんて、「誰も知らないよ」である。


いやあ、台湾の役者の「面白さ」が前回よりどんどんわかってくる。


素敵なことである。てめえの言葉への「他者との戦略」こそが常に演劇には問われているのだ。


明日はOff,。さて、泥温泉にでも行こうと思っているのだが。
振付の北村真実先生も合流。
いよいよ、本格的に「追い込み稽古」に突入である。



嘉義県表演芸術センターは本当に素敵な「市民の劇場」である。今日も週末ということで多くの家族連れの市民でにぎわっている。


稽古場で「そこ歌ってみて、踊ってみて、ふざけてみて」と、盛んに唆している。

もちろん『自分』で考えてだ。


これが面白い。若さと馬鹿さと集中力を備えた爆発力!これだな。


阿呆だな俺・・・・・と思う日々である。

2017-05-15 12:58 この記事だけ表示

というわけで、10ヶ月ぶりの台湾・嘉義


10日、到着するやいな、20時半から「通し」


結構大変なことになりそう。

が、とにかくみんな若い!ノセりゃどこまでも上がってゆく。

伸び白いっぱいの20〜30代。


上田くん、ご苦労さん。殺陣とアクションいい感じに出来上がってます。有難う。


※※


嘉義初日。

いいトコロを伸ばし作り変えて行く。

どんどん進化・深化させてゆく。

やっぱり、若いって凄い!


去年やったことを「自己目的化」しないで「新しく同じ」志で創り変える。

「他者」が「いること」を自覚する。そうすれば、面白くなる!


どんどん変わってゆく現場。これって凄い事。


私の言うことを「聞く」のでなく、テメエで「発見=発明」すること。


タップを踊るマクベスの先に見えてくる変幻自在のマクべス。


※※


嘉義は今朝も暑い!


駅前再開発も進んでいる。故郷の昔に似た光景は変わってゆく。


人懐っこい町の人々の貌も変わってゆくのだろうか?


さて、稽古2日目。NEW MACBETHを楽しもう!

2017-05-12 12:29 この記事だけ表示
明日から

9か月ぶりに再び台湾嘉義で台中国家歌劇院、6月シビウ国際演劇祭公演にむけて追い込み稽古である。


魔女:おんなの視点から「非戦」を愚直に描く「アジアのマクベス」は《世界》を旅する!

暑い台湾で熱い「アングラ・マクベス」を創る。


帰ってくるのは6月20日。

台北での次回作のワークショップも始まる。

早稲田ではシライケイタの新作書き下ろし、日澤雄介:演出『SCRAP』の稽古がもうじき始まる。


東京も台湾も熱い!


/////////////////////////////////////
それにしても酷い!酷すぎるサイテーの国家である。

「読売新聞に書いてある」「NHKインタビューに答えた」という前代未聞の答弁。

このアベ・ヒットラーの「国会軽視」を、これからメディアは許すんだろうな。


とっくに、表現の自由度サイテーに堕ちている国なんだから。


読売新聞&メディア+産経グループ+NHK+巨大与党一体で

「憲法改正」に突き進む狂気の「戦前」国家ニッポン。

さて、明後日:10日(水)から、こいつらと「台湾マクベス」の2週間間追い込み稽古、2週目には小屋入り仕込みである。


10日(水)夜には「通し」を「魅せてくれる」予定。ほんまかいな、凄いなこいつら!


20〜30代の若者たちと創る「亜細亜のマクベス」!

どいつもこいつも元気でタフである。


嘉義から「世界」へ!今年は台中の国家歌劇院、そして来月はルーマニア・第24回シビウ国際演劇祭!


中高年演劇から若者演劇へ、なんでもやりますよ、私!
「そこにナマモノのニンゲンがいる」それだけである。

お時間創ってぜひ、台湾へ、ルーマニアへおいで下さい。


「流山児演劇」の真髄、カッコよくてダサいニンゲンの在りざま・生きざまを魅せます。


では、早稲田で殺陣指導で1週間嘉義に行っていた上田和弘から報告を受けて、来年の流山児★事務所の大作:しり上がり寿新作書き下ろし:戦国スペクタクル『オケハザマ』1月・2月@スズナリ公演の打ち合わせ。

これまた、楽しみ!!わくわく!!


へえ、7月の台湾@台中国家歌劇院大劇場はミュージカル『DEATH NOTE』だぜ、ふーん。


一昨年の『義賊☆鼠小僧』台湾@台北の国立劇場の台湾国際芸術祭公演は蜷川さんの『ハムレット』と一緒だったし、去年の楽塾公演のあとは宝塚歌劇団だった。


台湾はほんと、オモシロいなあ。

オレタチは、もちろん「小劇場」です。


http://files.npac-ntt.org/…/15d07e93-5423-4f3f-ace0-72f0411…


2017-05-08 23:27 この記事だけ表示

『台湾マクベス2017』すでに「始動」しています。


新メンバーも何人か加わって嘉義で自主稽古が始まっています。イーランはもう嘉義に行ってます。殺陣の上田和弘も4月30日に出発。

楽塾公演を終えると、5月10日に私も北村真実先生、美術・衣裳の竹内陽子、プロューサーの畝部七歩も出発。音楽の坂本弘道さん、加えて今年はV銀太、谷宗和もルーマニア・シビウ国際演劇祭の演出部スタッフで参加してくれる。再び台湾の熱い夏である。


フェイスbookを見ると、みんな、元気そうなけいこ風景である。


総勢9人の日本側スタッフと台湾のカンパニーによる2年目の国際共同製作『マクベス〜PAINT IT BLACK!』2017バージョン5月27(土)・28(日)@台中国家歌劇院、6月14(水)ルーマニア・第24回シビウ国際演劇祭正式招待公演です。



時間とカネに余裕ある方は、ぜひ、シビウまでおいで下さい。


フィリップ・ジャンティ、ロバート・ウイルソン、ミハエル・バリシニコフ、バレリー・フォキンといった米・仏・露の世界演劇の最前衛が集結しています。

2017-04-26 16:15 この記事だけ表示