公演情報

流山児★事務所 公演
高取英メモリアル
寺山修司―過激なる疾走―

2020年8月20日(木)〜24日(月)
下北沢 ザ・スズナリ

628omote.jpg

 

 

 


作◎高取英

音楽◎J・A・シーザー

演出◎流山児祥

◎出演
伊藤弘子
里美和彦
木暮拓矢
鈴木麻理
山下直哉
山丸莉菜
竹本優希
橋口佳奈
春はるか
松永将典
本間隆斗
(以上、流山児★事務所)
白永歩美
岬花音菜
石津ゆり
(以上、月蝕歌劇団
高野美由紀(劇団☆A・P・B-Tokyo
紅日毬子(虚飾集団 廻天百眼
霍本晋規(劇団三日月湊
《特別出演》伊藤裕作


◎公演スケジュール
2020年8月20日(木)〜24日(日)
20(木)19:00
21(金)19:00
22(土)14:00
23(日)14:00
24(月)14:00
各回、アフタートークあり。ゲストは後日発表。
 

発売開始 2020年7月23日(木・祝)
ご予約はこちら
https://www.quartet-online.net/ticket/terayama2020

チケット取扱・お問い合わせ
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ)
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)

 

 

流山児★事務所
2020年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

悲しいお知らせです。お客様とキャスト・スタッフの安全を考えての苦渋の判断と決断です。

半年間の土日稽古でメチャ面白い「新作音楽劇」に出来上っていますよ。

必ず上演しますから、暫く、お待ちください。

みなさんと会えることを楽しみにしています。(流山児祥)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【シアターRAKU公演「延期」のお知らせ】

シアターRAKU
『夏の夜の夢〜嗚呼!大正浪漫編〜』公演延期のお知らせ

このたび、コロナウイルス感染増加の状況をふまえ、4月25日(土)より上演予定のシアターRAKU「夏の夜の夢〜嗚呼!大正浪漫編」の公演を「延期」させていただくことになりました。

出演者・スタッフ一同、公演をお届けできないことは無念ですが、これ以上の感染拡大を避けなければいけないと考えて決断いたしました。

現時点では延期の時期を決定できませんが、上演日程が決まりましたらご案内させていただきます。

楽しみにされていた皆さまにご迷惑をおかけしますこと、深くお詫び申し上げます。

一刻も早いコロナ禍の終息を願ってやみません。

2020年3月31日  シアターRAKU 流山児★事務所

2020-03-31 19:19 この記事だけ表示   |  コメント 0

日頃より、中高年劇団=シアターRAKUへご支援くださり誠にありがとうございます。

4月25日からSpace早稲田で上演する『夏の夜の夢』は、新型コロナウィルスの感染予防対策に細心の注意を払ったうえで、客席を「大幅に削減」し、実施する予定です。

22年目を迎えるシアターRAKUが半年間、精魂かけて創り上げた新作『夏の夜の夢』。現在、時間差の少人数稽古、換気、消毒のなか追い込みの「通し稽古」に入っています。メチャクチャ面白いまさに、シェイクスピアあちゃらか喜劇!!

シアターRAKUはこのコロナ禍を「原点回帰」と想っています。演劇というニンゲンにとってなくてはならないものをキッチリ「追及」していきます。乞う、ご期待!!イマジン!



2020-03-24 12:43 この記事だけ表示   |  コメント 0

恒例のシアターRAKU2020公演『夏の夜の夢〜嗚呼、大正浪漫編〜』先行予約開始しましたよ!

予約はコチラ⇒https://www.quartet-online.net/ticket/raku2020?om=babjgcj

土日祝日稽古は快調です。新人2名も加わって総勢17人。
RAKUにはクレージーなシェイクスピア喜劇が似合う。
シニアパンク・オペラ

シアターRAKU公演
『夏の夜の夢〜嗚呼!大正浪漫編〜』
4/25(土)-5/4 (月・祝)@Space早稲田

シェイクスピアの名作喜劇「夏の夜の夢」を
大正浪漫、浅草オペラのエッセンスで和風に!
一世を風靡したテレビドラマの脚本家としても活躍した劇団黒テントの座付き作家:山元清多(やまもときよかず)氏が素敵にアレンジした作品です。

原作:シェイクスピア
脚本:山元清多
演出:流山児祥
振付:北村真実
音楽監督:関口有子
作曲:多良間通朗

4/25(土)13時、17時
4/26(日)13時、17時
4/27(月)14時(アフタートーク)
4/28(火)14時(アフタートーク)
4/29(水・祝)13時、17時
4/30(木)14時(アフタートーク)
5/1(金)19時(アフタートーク)
5/2(土)13時、17時
5/3(日)13時、17時
5/4(月・祝)13時

見料:
一般:3,800円
アンダー25&オーバー80割:2,500円
中学生以下:1,000円

‪3/3(火)より一般発売開始となります。‬
全15ステージ「前売完売」が予想されます。
予約はお早目に!
上演時間1時間30分(予定)
開場:20分前
受付:整理券の配布は30分前

http://www.ryuzanji.com/r-waseda.html

* 東京メトロ東西線 
* 早稲田駅1番出口より1分
* 中華料理「北京」の地下1階
* 東京都新宿区早稲田町74
* TEL.‪03-5272-1785‬

※先行予約(2/29〜3/2)はこちらから
https://www.quartet-online.net/ticket/raku2020?om=babjgcj

写真の説明はありません。



2020-02-29 10:56 この記事だけ表示

山元清多こと劇作家の元さんが彼岸へ逝って十年経った。
あっという間の十年である。
元さんとは数々の作品を創った。
アジアのシェイクスピア、南北や黙阿弥の歌舞伎、『オールドバンチ』シリーズといった作品を愉しく一緒に創った。
どれもこれも元さんでしか考えられない「庶民の目線」で描かれた「大衆演劇の傑作」である。
『夏の夜の夢』にも浅草オペラでメチャクチャあちゃらかにして演(や)る志が登場人物である職人たちに満ちている。

稽古場で徹底的に「遊んで」元さんの劇世界を何としても彷彿とさせるつもりである。ご期待下さい。
今年に入って土日祝日稽古で一気にスピードアップしているシアターRAKUである。
前売り予約開始は3月3(火)ですよ。


画像に含まれている可能性があるもの:13人、、辻 洋子さん、溝田 勉さん、川本 かず子さん、 後藤 英樹さん、Ravioli Tsuchiyaさん、佐野 眞一さんなど、、スマイル

2020-02-14 17:07 この記事だけ表示

で、シアターRAKU2020・GW公演は

☆山元清多・歿後十年メモリアル☆
シェイクスピア:原作 
山元清多:脚本
流山児祥:演出 
関口有子:音楽監督 多良間通朗:作曲
『あちゃらか歌劇☆夏の夜の夢〜大正浪漫編〜』

浅草オペラ、築地小劇場?
これぞ、山元流スラップスティック喜劇。
歌って、唄って,謳って、謡って、詠います。
もちろん、踊って、芝居するのはモチロンです。

明日:22(日)本読み!!

画像に含まれている可能性があるもの:Show  Ryuzanji、スマイル



2019-09-21 10:34 この記事だけ表示
☆シアターRAKU5月公演☆12年ぶりの本多劇場、22年目の春、「連日」満員4日間・5ステージでRAKU最大動員を打ち立てる大ヒット爆走で東京公演無事終演しました。多くのお客様のご来場に劇団員・スタッフ一同あつく御礼申し上げます。

それにしても「本多劇場」という事で、22年目にして多くの「演劇評論家」の皆さんがシアターRAKUの舞台を大挙して観にきてくれた。初の出来事である。大笹さん、岩佐さん、梶さん、杉山さん、高橋さん、七字さん、森さん、三好さん、野田さん、小田切さん、新野さん、藤原さん、テアトロ編集長の安井さん、江原さん、横溝さん、結城さん、中西さん、うにたさん、木村さん、田中さん他といった「多く」のみなさん、そして22年全作品を観てくれている江森さん有難うございました。演劇界の「もう一つの潮流=中高年演劇の面白さ」を、これからも伝えていこうと改めて決意した作品となった。「平均年齢63歳の熱量の源は人生経験の厚みと芝居にかける意志の強さ。市民による上演行為自体が演劇の社会インフラであるのは古代だけでない証明。」(多和田 真太良(演劇研究者:玉川大学芸術学部准教授)である。

明日:6(月)台湾・台南に向けて出発します。
7(火)から新営のみなさんとのワークショップも始まります。RAKU3度目の台湾公演です。

『女の平和〜不思議な国のエロス〜』
 Lysistrata:Eros in Wonderland
5月11(土)14時30分開演
★台湾・台南新営芸術祭招聘公演
@臺南新營文化中心演藝廳(臺南市新營區中正路23號)
原作:寺山修司
台本・演出:流山児祥 
音楽監督:関口有子 
振付:北村真実

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)



2019-05-05 18:22 この記事だけ表示

小林志郎(演劇学者・演出家:東京学芸大学名誉教授・元副学長)氏から「長編劇評」を頂きました。
有難うございます。掲載させていただきます。

本日、観劇させていただきました。ありがとうございました。心よりたのしみました。まず感想を述べさしていただきます。私の第二の専門はギリシャ悲劇の演出研究です。ディオニソス劇場とデルフィー劇場は何回も訪問しました。2500年前の人たちがどうやって演劇を作り、お客さんが本当に演劇を楽しむことができたのか、石畳のステージや観客席に朝から夕方まで佇んで妄想にふけりつつ論文の構想を考えました。

 今日の舞台は、不思議な魅力を持っていて、ギリシャ喜劇と新日本喜劇の間を行き来する「怪物」のような存在でした。

 何よりも驚嘆したのは、私たちが新しい劇団を旗揚げして二、三年して、一番脂の乗っている時期の劇にそっくりでした。「エネルギーがあり、役者が演じることに喜びを感じていて、弾んでいた」ことです。最近、私たちのスキルが向上したせいか、上手に演じる傾向が強くなり、弾けるような演技が少なくなりました。「青年男女が舞台の上を闊歩しているよう」でした。

 どうやったらこんな舞台を作ることができるか、見習いたいと思います。私は晴天の雰囲気の芝居を作りたいと長年渇望してきました。しかしいつも不完全燃焼に終わってしまったようで残念でなりません。演出家と役者がどう響き合うのか、ぜひ知りたいと思いました。「俳優が演出を信頼し、演出家も俳優を信頼している」ように私には見えました。劇団の創造は、信頼の塊のように見えても、そんな生易しい世界ではないかもしれません。でも、「突き抜けるような明るいアンサンブル」がありました。

 寺山修司は早熟の天才でしたから、私は嫌いでした。劣等感を持っていたせいです。外国からくる友人の多くは、並木橋の天井桟敷へ連れて行くよう要求しました。なんでこんな芝居が外国人に受けるのか、と憤っていました。ありがたいことに、今日の舞台は寺山の60年代の狂気を消してくれていました。ほっこりした演出に感嘆しました。外国の「女の平和」を何本か見ましたが、役者がつい遊んでしまいそうな雰囲気でした。みんな長い革製の男根をぶら下げ、誇示し、いきみ、凶暴化し、制御不能に陥ります。今日の舞台は慎しみ深いのにびっくりしました。RAKUの舞台は、噂では破天荒の面白さを展開するという先入観を持っていましたので、意外でした。外国の舞台の女性もまた積極的でした。外国のご婦人は肉感的ですが、さらに倍加してセクシーさを見せようとします。しかし喜劇ですから、エロスの表現法が難しいように思われます。

 外国の人には歌舞伎の乳房の話をします。復讐に燃えた老婆が片肌を脱ぎますと、片方の乳房が丸見えになります。そこには大きな乳房が垂れ下がっています。着肉(きにく)屋が作ったタポタポしたおっぱいです。怒髪天を衝くばかりの劇的テンションが一瞬にして大爆笑に転じるのが特徴です。歌舞伎は男である女形が仮のおっぱいを見せる矛盾がおかしみを誘うのですが、外国人にマネをしてみなさいと進めます。今日の舞台で女性たちが着物を着ていて、一斉に片肌脱いだら壮観でしょうね。衣裳は大変だったでしょう。実に番数の多い衣装とかつらを準備されたのは秀悦でした。色のコーディネートも優れていました。衣装がよく見えるということは着こなしができていたからでしょう。時代劇風の雰囲気もあり、言って見れば着付と袴の雰囲気が良く、しかもダンスを踊ることもできる構造になっていたのは見事でした。

 ダンスは難しいですよね。あれは上手に踊ってしまってはいけないし、下手では商品にならないという矛盾を抱えています。その上、音楽がタンゴも、ワルツも、あらゆる音楽が流れてくるのですから、パロディ風のダンスでなければならない。踊る方は疲れるでしょう。台湾へ行くまでにショウ・ダンスにさらに磨きがかかるといいなあと思いました。

 大学を定年で辞めるまでは、国立台湾芸術大学の学会や研究会に参加していました。台湾の学者も芸術家も日本の私たちを敬愛の念を持って接してくれます。しかし併合時に日本が一生懸命に教えた学校教育や医学・建築・工業・環境・政治経済などは色濃く残っています。1929年に竣工された日比谷公会堂は改修中ですが、台北公会堂(今は台北中山堂と呼ばれています)は日本統治の1936年に建築されました。台湾の人はこの公会堂を大切に使っています。 しかし彼らは日本が残していった教育を越えようと必死でした。例えば学芸会や音楽会の良さを認めながらそれを越えようとしました。

 そしてアジアで最初にドラマ教育を学校教育に導入したのが台湾の文部省です。イギリスやアメリカで演劇教育を学んできた大学教員と役人が協力して新カリキュラムを構築したのです。そして2000年にドラマ教育が誕生しました。ドラマ担当教員たちの短期研修のために一夏、集中講座が設定され、エクセター大学(英国)、ニューヨーク大学、東京学芸大学、京劇の役者、影絵劇の人形遣い、台北の劇団などのスタッフが総がかりでワークショップを展開しました。

 南の地方の大学もドラマ教育に熱心な先生が多くいます。多くは女性です。彼女たちはイギリスやアメリカ、オーストラリアで勉強してきました。日大や私のところの大学院に来た学生も少数いましたが、多くは欧米の大学で学んできました。この人たちは学校教育としての演劇教育論はレベルが高く、欧米の学会で活躍しています。しかし生の芝居を作ることには不慣れですが、高い親近感を持っています。おそらくRAKUの芝居を観にくると思います。一緒に語る機会があるといいですね。

(後略)

 ただ思いつくままに書きました。上演を重ねるにつれて面白くなっていくに違いありません。皆様方のご健闘をお祈りしています。また台湾での成功も。
 ありがとうございました。

2019-05-05 18:19 この記事だけ表示

本日:5月5(日)は東京公演千穐楽です。
明日は台湾・台南へ出発。新営でワークショップ開始です。
※連日「満員」爆走中です。ぜひ、ご覧ください。
14時開演@本多劇場
余裕アリ:当日券アリ
当日券は13時より発売します。
開場は13時30分。上演時間1時間35分。

☆北丸雄二氏(ジャーナリスト・コラムニスト)のTWITTER「劇評」です。
「流山児事務所「シアターRAKU」の『女の平和』。アリストパネスの原作を寺山が脚色、それをまた脚色した女たちのセックス・ストライキと男たちの戦争の話。アイデンティティ・ポリティクスとウォークアウェイ運動のことを考えた。まさにそのための劇。見て正解!@本多劇場。明日2時最終。見るべし!
アイデンティティ・ポリティクスの過激さにウォークアウェイ運動が起こるのだが、IDに気づいたらもう逆戻りできない。そこで立ち去るって、一体どこに行くのか? それはIDの暴露に立ち向かえない男の懐古ではないのか? むしろとことんIDを突き詰めて中和するところまで行くしかないのではないか?」

☆シアターRAKU5月公演☆
『女の平和〜不思議な国のエロス〜』
 Lysistrata:Eros in Wonderland
5月2(木)〜5(日)@下北沢本多劇場
5月11(土)台湾・台南新営芸術祭招聘公演@新営表演藝術中心
原作:寺山修司
台本・演出:流山児祥 
音楽監督:関口有子 
振付:北村真実
◎予約は今すぐ⇒ https://www.quartet-online.net/ticket/raku2019?m=0abjgca …  

【最新前売情報】・・・・「増席」しました!
   5(日)14時:余裕アリ⇒オススメ!
       ふらりと下北沢までおいで下さい。

画像に含まれている可能性があるもの:7人、、高野 あっこさん、Ikuko Hirayamaさん、原 きよさんなど、、スマイル、立ってる(複数の人)



2019-05-05 08:57 この記事だけ表示

令和元年。晴れあがったトーキョーの朝である。
本日、お昼から場当たり・明かり合わせ。

2(木)初日に向けて快調に前売予約が伸びています。
昨日1日で予約が初の100枚超え。

でも、Space早稲田の「6倍=25ステージ満員1500人」の本多の客席を埋めるのは大変。

3(金)以外の4ステージはまだ「余裕アリ」です。

◎それでも、とりあえずの目標の最大動員=1500まで、あと99人!愈々、カウントダウン。

GW中、ふらりと下北沢までおいで下さい。「楽しく元気になる音楽劇」を、お魅せします。

☆シアターRAKU5月GW公演☆
『女の平和〜不思議な国のエロス〜』 
5月2(木)〜5(日)@下北沢本多劇場
原作:寺山修司
台本・演出:流山児祥 
音楽監督:関口有子 
振付:北村真実
上演時間:1時間30分
※当日券は開演1時間前から劇場窓口で発売します。

◎予約は今すぐ⇒ https://www.quartet-online.net/ticket/raku2019?m=0abjgca …  

【最新前売り情報】・・・・「増席」しました!
5/2(木)初日:19時:余裕アリ⇒今すぐ予約!
      ふらりとおいで下さい。
  3(金)14時:前売完売⇒当日券アリ!
  4(土)14時:余裕アリ⇒今すぐ予約!
    18時:大いに余裕アリアリ⇒超オススメ、
       ふらりと下北沢までおいで下さい。
  5(日)14時:余裕アリ⇒今すぐ予約!

撮影:横田敦史

画像に含まれている可能性があるもの:2人、 後藤 英樹さんを含む、、スマイル、ダンス(複数の人)、靴、室内
画像に含まれている可能性があるもの:4人、、Ravioli Tsuchiyaさん、辻 洋子さん、齊藤 三枝さんなど、立ってる(複数の人)、室内
画像に含まれている可能性があるもの:齊藤 三枝さん、佐野 眞一さん、、スマイル、屋外

2019-05-01 09:24 この記事だけ表示

最終通しの写真です。

急遽、関口有子が演じていた小次郎役に抜擢されたのは2月公演『雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた』公演後、3月に流山児★事務所に入団し、スタッフ&振付助手として稽古に参加していた大型新人:春はるか、圧倒的な存在感で代役を見事にこなしています。

もちろんスタッフワークも。相手役の川本かず子とのコンビは息もぴったりです。

笑顔とその美声もお楽しみください。流山児★事務所の2019年の新星誕生です!

台湾公演後、6月『由比正雪』と連続出演します。

末永くご贔屓の程をお願いします。

シアターRAKU5月GW公演
『女の平和〜不思議な国のエロス〜』 
5月2(木)〜5(日)@下北沢本多劇場
原作:寺山修司
台本・演出:流山児祥 
音楽監督:関口有子 振付:北村真実
上演時間:1時間30分
※当日券は開演1時間前、本多劇場窓口で発売します。

予約は今すぐ⇒ https://www.quartet-online.net/ticket/raku2019?m=0abjgca …  

◎目標のシアターRAKU最大動員=夢の1500人まで
 あと100人ちょっと!

【最新前売り情報】
5/2(木)19時:残席僅少
  3(金)14時:前売完売
  4(土)14時:残席僅少
    18時:大いに余裕アリ
  5(日)14時:余裕アリ

撮影:横田敦史

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、子供
画像に含まれている可能性があるもの:3人、、Ravioli Tsuchiyaさん、中尾 レイさんなど、、スマイル、ダンス(複数の人)、靴、室内
画像に含まれている可能性があるもの:5人、、寺脇 研さん、高野 あっこさんなど、、スマイル、テキスト

2019-04-30 14:00 この記事だけ表示