公演情報

流山児★事務所 公演
高取英メモリアル
寺山修司―過激なる疾走―

2020年8月20日(木)〜24日(月)
下北沢 ザ・スズナリ

628omote.jpg

 

 

 


作◎高取英

音楽◎J・A・シーザー

演出◎流山児祥

◎出演
伊藤弘子
里美和彦
木暮拓矢
鈴木麻理
山下直哉
山丸莉菜
竹本優希
橋口佳奈
春はるか
松永将典
本間隆斗
(以上、流山児★事務所)
白永歩美
岬花音菜
石津ゆり
(以上、月蝕歌劇団
高野美由紀(劇団☆A・P・B-Tokyo
紅日毬子(虚飾集団 廻天百眼
霍本晋規(劇団三日月湊
《特別出演》伊藤裕作


◎公演スケジュール
2020年8月20日(木)〜24日(日)
20(木)19:00
21(金)19:00
22(土)14:00
23(日)14:00
24(月)14:00
各回、アフタートークあり。ゲストは後日発表。
 

発売開始 2020年7月23日(木・祝)
ご予約はこちら
https://www.quartet-online.net/ticket/terayama2020

チケット取扱・お問い合わせ
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ)
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)

 

 

流山児★事務所
2020年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

本日、雨の中、劇団員の協力を得て、下北沢本多劇場搬入仕込み、夜は明かりつくりである。

写真はいつもの横田敦史さん。今回もよろしくお願いします。⇒RAKUの新人:永田たみ子さん、最長老の75歳。

ベテランの:二階堂まりさんは昨日、稽古場で72歳の誕生日を迎えました。

で、創立メンバーの71歳のめぐろあやさんには一昨日お孫さんが生まれました。

輝く70代三人娘。この元気印の3人組は新キャラクターです。ご期待下さい!!

お蔭さまで、ここにきて、一気に前売りが動き出しました。

それでも、いつものSpace早稲田の「6倍=25ステージ満員1500人」の客席を埋めるのは大変です。

3(金)以外の4ステージはまだ「余裕アリ」です。

◎目標のシアターRAKU最大動員=夢の1500人まで
 あと100人ちょっと!

GW中、お時間が出来たらぜひ、ふらりと下北沢までおいで下さい。前代未聞の「楽しい劇」をお見せします。

シアターRAKU5月GW公演
『女の平和〜不思議な国のエロス〜』 
5月2(木)〜5(日)@下北沢本多劇場
原作:寺山修司
台本・演出:流山児祥 
音楽監督:関口有子 振付:北村真実

上演時間:1時間30分
※当日券は開演1時間前、本多劇場窓口で発売します。

予約は今すぐ⇒ https://www.quartet-online.net/ticket/raku2019?m=0abjgca …  

【最新前売り情報】
5/2(木)19時:残席僅少
  3(金)14時:前売完売
  4(土)14時:残席僅少
    18時:大いに余裕アリ
  5(日)14時:余裕アリ

撮影:横田敦史

画像に含まれている可能性があるもの:4人、めぐろ あやさんを含む、、スマイル、立ってる(複数の人)、室内




2019-04-30 11:48 この記事だけ表示

さて、吉祥寺での最終稽古です。
去年の11月の歌稽古・本読みから始まって半年間の稽古を経て愈々、下北沢本多劇場入りです。音楽監督であり小次郎役で『女の平和』を文字通り支えていた関口有子降板というアクシデントを乗り越え全員一丸となって今週、大車輪で創り上げました。関口も順調に回復してます。

RAKU最高傑作まもなく誕生です。
今日はギャラリー多数、スタッフチーム全員集合に加えて、多良間、カメラマンの横田さん、米山、麻里親子、そして台湾嘉義のOURシアターのヴィヴィアンとティンユーも3回目の「通し」を観に来てくれました。

嘉義の横の町が新営。ティエンユー曰く「夜に呑みに行く店は一軒もない」そうです。がーんである。

※ご予約はお早目にお待ちしています!!
[流山児祥扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/raku2019?m=0abjgca

『女の平和〜不思議な国のエロス〜』
作:寺山修司 台本演出:流山児祥
音楽監督:関口有子 振付:北村真実
5月2(木)〜5(日)@本多劇場
上演時間:1時間30分
◎当日券の発売は開演1時間前。

【最新前売状況】
5/2(木)19時:残席僅少⇒予約はお早目に!
3(金)14時:前売完売⇒当日券アリマス。
4(土)14時:残席僅少⇒予約はお早目に!
※寺山修司の命日です。
4(土)18時:大いに余裕アリ⇒超・超オススメです。
5(日)14時:余裕アリ⇒予約はお早目に!

写真の説明はありません。

2019-04-29 10:14 この記事だけ表示

この歌って踊って芝居できる3人、『十二夜』に続いて今回も大車輪で動き回っています。

小次郎を演じる関口有子・・・音楽監督でもあります。

辻と中尾はこあさとこひる、解説役で兵士役も・・・人使いの荒い劇団です。

2(木)初日まであと9日!まもなくRAKUの代表作が完成します。乞うご期待!

※ご予約をお待ちしています!!
[流山児祥扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/raku2019?m=0abjgca

【最新前売り状況】
5/2(木)19時:余裕アリ(残70枚)⇒予約はお早目に!
3(金)14時:前売完売⇒当日券アリマス。
4(土)14時:残席僅少(残り20枚)⇒予約はお早目に!
4(土)18時:大いに余裕アリ⇒超・超オススメです。
5(日)14時:余裕アリ(残60枚)⇒予約はお早目に!



因みに、これは1年前の今日、『十二夜』劇評。演劇評論家:柾木博行氏


「流山児☆事務所のシニア劇団楽塾が塾ではなく独立した劇団シアターRAKUとして再スタート。その最初の公演『RAKU歌舞伎☆十二夜』がとても良かった。

楽塾時代も何度か上演してきた『十二夜』。私も6年前に座・高円寺2で上演されたものを見たが、その時はかなりゆるい感じで、完成度は今ひとつという感じだった。今回も同じ感じだったらどうしようと少し不安をもちつつ、公演会場の早稲田に出かけた。

ところが今回の舞台は同じ作品とは思えぬくらいの完成度。何より役者たちそれぞれの個性が役のキャラクターと上手くハマり、各登場人物が粒だって見えている。かつては高齢者の女性たちが演じている……という感じで、一人ひとりの役者が主張するところまでいかなかったが、今では主役から脇役まで自身を主張し、またそれぞれなりの個性を放って楽しませてくれる。

とりわけ雪姫(シェイクスピアの原作でのヴァイラ)を演じた原きよをはじめ、魔矢役の平山郁子、道化のポンを演じた辻洋子などのこの数年でオーディションで入ってきた若手(シニア劇団なのに!)が入ったことで、役者陣の層に厚みが増してきたことも成功の要因だろう。

もちろん、そこには演出の流山児の果たすところも大きい。よくこのシニアのメンバーを毎年休まず20年も舞台に立たせてきたものだ。

来週は三重の津市、そして再来週は台湾の高雄と国境を越えてのツアー。

決して楽なことばかりではないだろうが楽しい舞台を「世界」に届けていってほしい」

画像に含まれている可能性があるもの:3人、辻 洋子さんを含む、、スマイル、立ってる(複数の人)
2019-04-23 08:59 この記事だけ表示   |  コメント 0

そうか、去年の今日は『十二夜』東京千穐楽か、
で、三重&台湾高雄ツアーか、あっという間の1年である。

カナダ・台湾といった海外代表作『十二夜』に続くRAKUの海外レパートリー『女の平和〜不思議の国のエロス〜』まもなく完成です。

昨日はみっちり衣装合わせ・メイク。

真紀子さんと佐原由美、もう大変!

関口音楽監督ハッピーバースデー。明日から「通し」ウイーク始まります。

※ご予約をお待ちしています!!
[流山児祥扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/raku2019?m=0abjgca

【最新前売り状況】
5/2(木)19時:余裕アリ(残70枚)⇒予約はお早目に!
3(金)14時:前売完売⇒当日券アリマス。
4(土)14時:残席僅少(残り20枚)⇒予約はお早目に!
4(土)18時:大いに余裕アリ⇒超・超オススメです。
5(日)14時:余裕アリ(残60枚)⇒予約はお早目に!



画像に含まれている可能性があるもの:7人、、原 きよさん、辻 洋子さんなど、、スマイル、立ってる(複数の人)、夜




2019-04-22 09:33 この記事だけ表示   |  コメント 0

2019年5月GW公演『女の平和』@本多劇場公演
5/2(木)初日初日に向けて吉祥寺の稽古場で「ほぼ実寸」で追い込み稽古中。

全面書き換えのラストシーン。音楽もキャストも一新、新振付も完了。
来週の「通しウイーク」に向けて最終チェック=フルスロットルです。

5・3(金)前売完売のほかは「余裕アリ」です。ぜひ、ふらりと下北沢までおいで下さい。見逃したら台湾でしか見られませんよ。

平均年齢63歳の「世界に類のない」反戦ミュージカル『女の平和〜不思議な国のエロス〜』世界初演、ご期待下さい!!

[流山児祥扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/raku2019?m=0abjgca

【前売状況】
5/2(木)19時:余裕アリ⇒予約はお早目に!
3(金)14時:前売完売⇒当日券アリマス。
4(土)14時:残席僅少(残り40枚)⇒予約はお早目に!
4(土)18時:大いに余裕アリ⇒超・超オススメです。
5(日)14時:余裕アリ


画像に含まれている可能性があるもの:23人、、スマイル
2019-04-20 11:45 この記事だけ表示

いよいよ、2019年5月GW公演『女の平和』@本多劇場公演

5/2(木)初日まで2週間、わくわくしながらやってます。

明日19(金)から吉祥寺の稽古場へ移動。
いよいよ実寸で「追い込み稽古」です。

台湾公演を想定して「ほぼノーセット」に近い空間構成、今回は映像もなし。

役者のみで「魅せる芝居」を徹底的に創り上げている。

そのために11月から役者たちは愉しく稽古を重ねてきた。三演目だがその稽古量たるや・・・

劇場入りまで2週間である!Space早稲田の6倍の客席の下北沢本多劇場!おまけに予想もしなかった10日間の連休!

5・3(金)前売完売のほかは全て「余裕アリ」です。ぜひ、ふらりと下北沢までおいで下さい。

1年に一度のRAKUの公演を楽しみにしてくれているファンの皆さんも今年はスケジュールが立てられないらしい?でも、なんとか時間創って下北沢でご覧ください。たぶん、最後の『女の平和』日本上演になります。歌って踊って芝居する前代未聞のミュージカルに仕上がっています。1時間45分ノンストップ、メチャクチャ面白いです。

下北沢で見逃したら台湾でしか見れません。

平均年齢63歳に類のないパワフルなシアターカンパニーの反戦喜劇『女の平和〜不思議な国のエロス〜』乞うご期待!!

流山児祥扱い 予約フォーム⇒

https://www.quartet-online.net/ticket/raku2019?m=0abjgca


【前売状況】
5/2(木)19時:余裕アリ⇒予約はお早目に!
3(金)14時:前売完売⇒当日券アリマス。
4(土)14時:残席僅少(残り50枚)⇒予約はお早目に!
4(土)18時:大いに余裕アリ⇒超オススメです。
5(日)14時:余裕アリ


画像に含まれている可能性があるもの:23人、、スマイル
2019-04-18 12:02 この記事だけ表示

これは去年のシアターRAKU『十二夜』@Space早稲田公演ゲネプロの時の写真。

高雄春天芸術祭に向けてのメッセージビデオを撮った時。

東京公演は全ステージ超満員御礼であった。

2019年5月GW公演『女の平和』は、明後日から吉祥寺の稽古場へ移動。

実寸で本多劇場公演に向けて追い込み稽古である。劇場入りまで2週間!

早稲田の5倍のキャパ!10日間の連休!なんとか時間創って下北沢でご覧ください。

メチャクチャ面白いです。本多劇場、見逃したら台湾ですよ!


平均年齢63歳、世界の何処にもないパワフルなカンパニーです。

[流山児祥扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/raku2019?m=0abjgca

【前売状況】
5/2(木)19時:余裕アリ⇒予約はお早目に!
3(金)14時:前売完売⇒当日券アリマス。
4(土)14時:残席僅少⇒予約はお早目に!
4(土)18時:大いに余裕アリ⇒超オススメです。
5(日)14時:余裕アリ


画像に含まれている可能性があるもの:16人、、Ravioli Tsuchiyaさん、めぐろ あやさん、Ikuko Hirayamaさん、齊藤 三枝さん、原 きよさん、佐野 眞一さんなど、、スマイル、立ってる(複数の人)


2019-04-17 11:03 この記事だけ表示

【前売り状況】

シアターRAKU5月2(木)〜5(日)@本多劇場
寺山修司の『女の平和』3(金)前売完売しました。
2(木)19時:余裕アリ⇒予約はお早目に!
3(金)14時:前売完売⇒当日券アリマス。
4(土)14時:余裕アリ⇒予約はお早目に!
4(土)18時:大いに余裕アリ⇒オススメです。
5(日)14時:余裕アリ

[流山児祥扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/raku2019?m=0abjgca

2019-04-15 09:56 この記事だけ表示   |  コメント 0

流山児祥のシアターRAKUが寺山修司原作『女の平和〜不思議な国のエロス〜』を上演!


シアターRAKU(楽塾改め)の台湾初演より

シアターRAKU(楽塾改め)の台湾初演より


シアターRAKUが『女の平和〜不思議な国のエロス〜』を5月に本多劇場で上演する。古代ギリシャの劇作家アリストパネスの喜劇『女の平和』を基に寺山修司が書いた戯曲『不思議な国のエロス』を原作に、流山児祥が上演台本・演出を手掛ける。

シアターRAKUは、旧名・楽塾(らくじゅく)。1997年、小劇場第二世代の流山児祥が、50歳を前にして同年代のフツーの人と芝居を作りたいと考え、「演劇で遊ぼう」の声に応えた5人のグループで同年4月より活動を開始した。1998年3月、旗揚げ公演『水色の雨』でデビューを果たし、シニア演劇のパイオニアとして「新しい演劇」の潮流を生み出してきた。2013年にはカナダ・ヴィクトリア国際演劇祭に参加し、ベストアンサンブル賞を受賞、近年は台湾の演劇フェスティバルに招聘を受けて上演する等、国際的にも高い評価を得ている。2018年に劇団名を現在のシアターRAKUに改めた。

今回上演する作品の元になっている『女の平和』は紀元前411年に古代ギリシャ・アテナイで上演されたアリストパネスの喜劇で、今なお世界中で上演されている「非戦の為のセックス・ストライキ」を描いた不朽の名作である。これを基に1965年、寺山修司が浅利慶太の依頼によって日生劇場のために書き下ろしたのが『不思議な国のエロス』だったが、当時同劇場で『オンディーヌ』のロングラン上演により未上演となってしまっていた。その戯曲を時代劇ミュージカルとして再構成し、全編を彩る数々の歌で反戦平和を希求するのが、今回の作品。2014年にも流山児★事務所+楽塾によって上演された。なお、この公演は5月に台湾からも招聘されて公演をおこなう。

シアターRAKU(楽塾改め)の台湾初演より

シアターRAKU(楽塾改め)の台湾初演より

<流山児祥よりメッセージ>

シアターRAKU は、2016年台湾国立劇場で開催された「新視点演劇祭」に招待され『女の平和』を初演し台湾のシニア演劇運動に刺激を与えました。台湾国立劇場の企画でシニア劇団を作ろうとしていたグループとの交流会で RAKUのメンバーが語ったのは、単に演劇の事だけでなく、これまで経験してきた「人生そのもの」についてでした。家族のサポート、親や旦那の介護などの日常、大切なものとの離別などを乗り越えて来た道について。演劇の言葉というのは、そうした経験と融合して昇華するモノなのでしょう。そして人生にはモノガタリが必要なのです。この交流会で「演劇」が彼女たちの「人生の活力源」になっていることが再認識されました。これを機に旅公演を行う際には、地元の人たちとワークショップを行い、ジョイント公演を行うことを活動の目標の1つにしました。昨年5月の三重公演ではワークショップに参加した人たちが「町民劇団」を旗揚げしています。今年は下北沢本多劇場で上演し、その後台南の新營芸術祭に招聘され上演します。もちろん、新営の人々とワークショップを行い、ジョイントします。12年ぶりの小劇場演劇の聖地:本多劇場で、シアターRAKU の熱いエネルギーに満ちた音楽劇『女の平和〜不思議な国のエロス』をご覧ください。待ってます。演劇界だけでなく、社会の、世界のびっくり箱のように驚きと喜びをもたらしたい!

シアターRAKU(楽塾改め)の台湾初演より

シアターRAKU(楽塾改め)の台湾初演より


<あらすじ>
これは女同士の約束、何があっても破ってはだめよ。男ってどうして戦争が好きなんでしょう。夫を、息子を、父を、兄弟を、恋人を殺される女にとって、こんなに悲しくばかげたものはありません。長く続く戦争を女の力でやめさせることはできないものか。そう、“あれ”です。“あれ”を決してさせないのです。そうすれば男はきっと戦意喪失、戦争なんかやってられなくなるでしょう。これは女同士の約束、何があっても破ってはだめよ。さて、本当に平和はやってくるのでしょうか。

シアターRAKU(楽塾改め)の台湾初演より

シアターRAKU(楽塾改め)の台湾初演より

シアターRAKU(楽塾改め)の台湾初演より

シアターRAKU(楽塾改め)の台湾初演より


公演情報

シアターRAKU 『女の平和〜不思議な国のエロス〜』
 

■原作:寺山修司〜アリストパネス「女の平和」〜
■出演:
いそちゆき、小野田大介、川本かず子、桐原三枝、佐野眞一、杉山智子、関口有子、高野あっこ、辻洋子、内藤美津枝、中尾レイ、永田たみ子、二階堂まり、西川みち子、原きよ、平山郁子、溝田勉、めぐろあや、村田泉、めぐろあや/ラビオリ土屋、後藤英樹、橋口佳奈、流山児祥
■上演台本・演出:流山児祥
■振付:北村真実(mami dance space)
■音楽監督:関口有子
■美術・舞台監督:小林岳郎
■照明:横原由祐
■音響:島猛
■衣裳:堀内真紀子

 
■公演日程:2019年5月2日(木)〜5日(日)
※当日券は、開演の 1 時間前より発売。開場は、開演の 30 分前より。
■会場:本多劇場
■全席指定:一般 4,000 円 学生・U25 割引(25 歳以下)2,500 円 高校生以下 1,000 円
■問合せ:流山児★事務所(りゅうざんじじむしょ)
TEL03-5272-1785(平日 13:00〜17:00)
■公式サイト:http://www.ryuzanji.com
2019-04-15 09:52 この記事だけ表示   |  コメント 0

【最新前売状況】
シアターRAKU5月@下北沢本多劇場公演
『女の平和〜不思議な国のエロス〜』
作:寺山修司 台本・演出:流山児祥 
振付:北村真実 音楽監督:関口有子 

◎5月2(木)初日まで残り19日!
只今、絶賛稽古中です!
メチャ面白い時代劇ミュージカルに仕上がっています。
歌って踊ってノンストップで突っ走る集団活劇、見逃すな!
※2(木)19時:余裕アリ
※3(金)14時:残席僅少(残り6枚)
※4(土)14時:余裕アリ
※4(土)18時:大いに余裕アリ
※5(日)14時:余裕アリ

お早目のご予約をお待ちしております!
ふらりと、GW下北沢までおいで下さい。

◎5月11(土)@台湾/台南 新営芸術祭招聘公演
⇒新営のみなさんとワークショップを行い
ジョイント公演を行います。
三度目のシアターRAKU台湾公演です。

[流山児祥扱い 予約フォーム]

2019-04-14 09:44 この記事だけ表示   |  コメント 0