公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
満員爆走中の『オケハザマ』5日目終演。

その後、リハーサルを終えて恒例の「ファン感謝イベント」
塩野谷正幸の歌を全員合唱、ラストの伊藤弘子の歌まで、圧倒的盛り上がりで終宴。
いやあオモシロかった。来年もやります。よろしく!
是非、RYU`S クラブにご入会下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・

ということで、
本日:29(月)19時『オケハザマ』(しりあがり寿:新j作)@スズナリ
「残席僅少」⇒今すぐ予約を!
※当日券は18時より発売します。
◎熱い戦国ミュージカルがお待ちしています。

【最新前売情報】
29(月)19時開演:残席僅少⇒今すぐ予約を!
30(火)19時開演:残席僅少:アフタートークあり⇒今すぐ予約を!
31(水)14時開演:残席僅少⇒今すぐ予約を!
2月1(木)14時開演:余裕アリ
    19時開演:大いに余裕アリ
  2(金)19時開演:大いに余裕アリ
  3(土)14時開演:残席僅少
    19時開演:大いに余裕アリ
  4(日)14時開演:残席僅少
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
『オケハザマ☆アフタートーク開催!】
1月30日(火)19時の回終演後
しりあがり寿(作家:漫画家)・天野天街(少年王者舘)・流山児祥

撮影:横田敦史

※予約はお早目に→
流山児祥扱い ⇒ https://www.quartet-online.net/ticket/okehazama?m=0abjgc
2018-01-28 20:40 この記事だけ表示
演劇評論家:今村修さんの素敵な「劇評」
本当にありがとうございます。

昨夜は流山児★事務所「オケハザマ」(作=しりあがり寿、脚本協力=竹内佑、演出=流山児祥、演出協力=林周一)@ザ・スズナリ。朝日新聞夕刊の4コママンガ「地球防衛家のヒトビト」などでお馴染みのマンガ家・しりあがりが書き下ろした初めての本格戯曲。織田信長に敗れた今川義元の理想と苦悩を描いた、破天荒な戦国ミュージカル絵巻だ。

甲斐の武田、相模の北条と手を結んだ義元(井村タカオ)は、東海平定を目指して、尾張攻略に乗り出した。ところが、連日得体の知れない悪夢に悩まされる。朝比奈(成田浬)、岡部(甲津拓平)、飯尾連龍(伊藤弘子)の側近3武将に尻を叩かれ、今は亡き母・寿桂尼(山像かおり)、妻・定恵院(坂井香奈美)、軍師・雪斎(塩野谷正幸)らの思い出と語らいつつ、決戦の日はじりじりと迫っていた。


スズナリの舞台を29人の俳優たちが所狭しと駆け回る大スペクタクル。歌、ダンス、チャンバラとテンコ盛り、少年王者舘を思わせるノイジーな映像や、パペット、被り物など手作り感満載の意匠もぶち込んだ賑やかな音楽劇だ。義元の葛藤をソフトな美声に乗せる井村、関西のオバちゃん炸裂の山像ら客演陣もノリノリで、塩野谷や伊藤ら劇団生え抜きの無頼立と共に戦国の世を遊び倒す。ベタすぎるシャレやギャグの連射にはついて行けないほど。稽古を通じて現場で加えられたような小ネタも満載で、決してバランスの良い芝居とは言い難い。だが、それを集団の勢いと熱と「面白けりゃ何でもありじゃん」の精神で、堂々正面突破してしまうのはさすが流山児★事務所。前半は舞台上の盛り上がりに客席でちょっと取り残されたような戸惑いも感じたが、実際の戦とシュミレーションゲームの境が揺らぎ始めるに至って、笑いの陰に身を潜めていたこの劇の大胆な企みが垣間見えてくる。


「ドラマなどでのイメージは散々の郷土の英雄を何とか名誉回復したい」という劇作家の想いを託された義元は、民を愛し、太平の世の理想を追い求める知性派として登場する。彼が目指すのは、尾張、三河を手に入れ、東海道・中山道をつなげた東海地方の流通圏を作り上げて国と民を豊かにすること。そのための戦国ゲームの攻略法≠ェ「兵糧、兵、金、名声を高めてバランスよく増やしてゆく」だった。だが、史実として義元は信長に桶狭間で敗れた。その理由をこの劇はどう描こうとしているのか。


奇想や比喩の目くらましの森をかき分けながら、ようやく「あ、これはパラダイム変換の物語なんだ」と思い当たった。義元が勝利への王道と考えていた攻略法が信長によって、見事に葬り去られてしまった。「東海一の弓取り」と称えられ京まで一番近い位置にあると目されながら、わずか3千の信長勢に敗れ去った義元。その姿は、日本式経営方式で世界第二の経済大国に上り詰めながら、グローバリゼーション、金融資本主義の台頭であっという間にその座から滑り落ちたこの国と皮肉に重なる。そう思い当たった瞬間、にぎやかな戦国ミュージカルが現在とシリアスにつながった。これを「ゲーム」に例えた、劇作家の慧眼に感服する。


そして問題は、信長が採用した新バージョンの攻略法≠ェ、果たして世界を幸せにするかどうかだ。そのキーワードは見てのお楽しみだが、それはまさに今の世界を象徴する言葉でもある。背筋がゾクリとした。(敬称略)
2018-01-26 13:32 この記事だけ表示

とっても素敵な「劇評」です。


BY 江森盛夫(演劇評論家) 演劇袋より


『オケハザマ』1月24日(水)


作:しりあがり寿、演出:流山児祥、脚本協力:竹内佑、演出協力:林周一、@ザ・スズナリ


漫画家のしりあがり寿に芝居を書かいてもらい、それを流山児流のナンセンス・ミュージカルに仕立てた、面白い舞台だった。

今村義元と織田信長の戦で、信長の奇襲にあった、あの名高いオケハザマの戦いだ。


義元にはオペラシアターこんにゃく座の井村タカオが扮して、堂々たる歌唱で音楽的中心になってミュージカルに厚みを与えて、音楽の坂本弘道、振付の北村真美、それらが一体になって流山児ミュージカルを仕立て上げた・・。


この舞台を観て、なんともいえない開放感を感じるのは、これが”センス”だという時代が強いる桎梏を、この舞台がそれを無化して、ありのままのいわばコドモの純たる世界を与えてくれるからだ。


流山児レビューの真骨頂だ・・。

続きを読む
2018-01-26 12:17 この記事だけ表示
満員爆走開始の『オケハザマ』
様々な「劇評」が出始めました。

●「オケハザマ」初日、自分の書いた脚本がちゃんとお芝居になってる。自分の脚本はよかったのか?もっとできることはなかったか?様々な想いを置き去りにして舞台は走る!走って走っていつのまにか拍手につつまれてる。

BY しりあがり寿(漫画家:原作者)

●流山児『オケハザマ』ヴィデオ・ゲームの中、豪雨の桶狭間の戦い(1560)までを描く戦国集団音楽劇。
義元(井村タカオ=冷静沈着)、母(山像かおり=微笑み)、妻(坂井香奈美=迫力)、雪斎(塩野谷正幸=重厚)。
カラフル、床下から巨大像。父上は通信速度遅く、メモリー不足。

BY結城雅秀(演劇評論家)

●今川陣営から見た桶狭間。実は難しい、しりあがり寿さんの本をよく役者陣が命を吹き込んで形にしたと思う。
「負ける」しかない闘いを最後までしっかり「負ける」泣けてしょうがなかった。
歌、振付も素敵。ウチの坂井香奈美頑張ってます!2月4(日)まで 

BY 清水宏

●流山児★事務所『オケハザマ』初日。しりあがりさんと共に観劇させていただき。
まだ初日なので詳しいことは何も言えないのですが、氏真と竹千代のラストのセリフが本当に泣けて泣けてしかたありませんでした。散るもの。残るもの。速度だ!

BY竹内佑(デス電所)

●オケハザマ、おもろかったーー! しょっぱなの勢いにあっという間に飲み込まれて行きました。そして心に色んな思いが残ったよ。 坂本さんの音楽も多彩で、そんなとこでもニヤニヤしちゃった! 皆様是非〜٩( ᐛ )

BY関根真理(ミュージシャン)

●1/24、『オケハザマ』(1時間55分、2/4迄)ザ・スズナリで観劇。初日から超ハイテンションの戦国音楽劇。超真面目で良心的な主人公今川義元の戦国統一戦略ゲームの夢と、最終的に桶狭間の合戦に導かれる現実が相互に入れ替わって進む展開が、強引且つ破天荒の爆笑連発で大いに楽しめる舞台でした。
●流山児事務所「オケハザマ」を観劇。
飛び出す絵本みたいに、どんどん役者が出てくる。
やっぱり、沢山役者が出てくると、それだけで面白い。
劇団の芝居だよね。僕自身、元気が出てくる。芝居は、すごく単純で分り易い。

BY宮崎恵治(黒テント)




●しりあがり寿が初めて本格的舞台劇を書いた「オケハザマ」@下北沢スズナリ。

しりあがり作品としてはかなりの新境地では。

今川義元が主人公の時代物で、混沌は混沌でもファンタジックでありつつかなりストレートに現代を描こうとしてる印象。

BY村山章









2018-01-26 12:14 この記事だけ表示
流山児★事務所「オケハザマ」の公演が、昨日1月24日に東京のザ・スズナリにて開幕した。

流山児★事務所「オケハザマ」より。(c)横田敦史

流山児★事務所「オケハザマ」より。(c)横田敦史

マンガ家・しりあがり寿が本格的な劇作に初挑戦し、演出を流山児祥が担当する本作。大軍を率いて尾張に侵攻した今川義元に対し、織田信長が少数の軍勢で本陣を強襲した桶狭間の戦いの前夜が描かれる。“オケハザマ”の予知夢に悩まされる義元は、戦いを避け続けるが、“運命の日”は近づいてくる。義元はついに桶狭間に軍を進めることになり……。

流山児★事務所「オケハザマ」より。(c)横田敦史

流山児★事務所「オケハザマ」より。(c)横田敦史

流山児は本作について「歌・殺陣・踊り・映像という演劇の全てが詰まった戦国ミュージカルの誕生! 物語は戦国シュミレーションゲームの枠組みを借り、マンガから飛び出してきたようなキャラクターが跳梁跋扈します」とコメント。しりあがりは「テレビゲームや大河で散々の今川義元! それじゃいかん、と郷土の英雄、東海一の弓取り、天下に一番近かった男をカッコよく見直そうとがんばりました」と述べている。公演は2月4日まで。

流山児祥コメント

流山児祥

流山児祥

歌・殺陣・踊り・映像という演劇の全てが詰まった戦国ミュージカルの誕生! 物語は戦国シュミレーションゲームの枠組みを借り、マンガから飛び出してきたようなキャラクターが跳梁跋扈します。根底にはしりあがりさんの「現在のニッポン」への風刺、そして、何よりも「非戦と平和への想い」が息づいている作品です。ゲーム世代にもピッタリの新感覚演劇。是非、その目で確かめてください。

しりあがり寿コメント

しりあがり寿

しりあがり寿

テレビゲームや大河で散々の今川義元! それじゃいかん、と郷土の英雄、東海一の弓取り、天下に一番近かった男をカッコよく見直そうとがんばりましたが、そこはやっぱりデタラメでちょっぴり情けないミュージカルだかオペラだか現代の私たちのなんかこう忸怩たるって言うんですか、そういうものになってしまいそうです。楽しみにしてください!
どうぞ、よろしくお願いします。

2018-01-25 12:46 この記事だけ表示

『オケハザマ』場当たり中に新白石から悪源太義平(関谷義平)死去の報が入った。信じられないが「哀しい事実」です。北村魚からもすぐに電話が入った。
理不尽の魔である。


悪源太との付き合いはちょうど半世紀にわたる。
私が青山学院大学演劇部の頃、当時、演劇集団ヘテロというユニットに私の母校(東葛飾高校)の生徒だった17歳の悪源太を出演させたのがきっかけで、演劇活動を始め、その後、三里塚闘争で逮捕されたり、状況劇場に入団したり、挙句の果てが十代で「演劇団」の旗揚げメンバーとなり、その後、長い間私の右腕であった。


南千住で幼少期を過ごし、流山に。会った時は17歳、出版されたばかりの大江健三郎の「セブンティーン」を愛読していた早熟のセブンティーンであった。芸名は悪源太の源義平からとって悪源太義平と自ら名乗った。ことアングラの申し子と呼ぶべき特権的肉体を持ち圧倒的な美学を兼ね備えた役者であった。エノケンとキートンとサーカスとシュールレアリスムを愛し「物語る肉体」を顕現化した。愛唱歌は愛唱歌は尾藤イサオのワークソング。悪源太義平はアナーキズムと優しさが混在している醒めた時代のテロリストたる超一流の「役者」であった。


演劇団時代はまさに一世を風靡したアングラの快優であった。その驚異の身体能力は凄まじいモノであった。また、演劇団では旗揚げ公演『花びら雫』から解散公演『カルメンU』までほぼ、全作品の主役であった。『夢の肉弾三勇士』4連作、『地獄の季節』3部作『浅草カルメン』『勝手にしやがれ』といった代表作がある。。酔っぱらうと必ず尾藤イサオの「ワークソング」をうたった。


「演劇団」解散後は悪源太組というユニットを創ったりしたが流山児★事務所設立後も長い間、一緒に活動を共にしてくれた。『ラストアジア』『マクベス』『青ひげ公の城』『ザ・寺山』といった名舞台もあった。10年前ぐらい前から演劇活動を停止したが流山児★事務所の公演には、ほぼ毎回観に来てくれていた。


好きだった馬に跨りアジアの平原を往く近年の悪源太の行動には少し驚いたが、根っからのロマンティストであり、淋しん坊のくせに、突っ張り続けて酒をヒトの「一生分どころか二生分呑み続けて」勝手に、彼岸(アッチ)へ逝っちまった馬鹿野郎である。

佐藤華子がfacebookに悪源太の好きな「哀しい知らせ」をシェアしている。

あ、それからお前のファンだった哲ちゃんがお前の事を素敵に書いているぞ。


毎年のように誕生日に「想えばお互い遠くまで来たもんだ、悪源太、今年こそ芝居やろうぜ!」とメールを送っていたな。

去年の10月公演『ブランキ殺し上海の春』を観に来てくれた時はあんなに元気だったのに・・・・。


一度一緒に、アジアの平原に行きたかったぜ。で、お前の「ワークソング」聞きたかったぜ。

いまはただ、お疲れ様だ!!ゆっくり休んでくれ。


そのうちそっちへ行くから、また一緒にアングラやろうぜ。

お前が座長やってくれよ、おれ下手な役者でがんばるから!

さらば、友よ!!

2018-01-24 09:59 この記事だけ表示

昨日は大雪のトーキョー。今日は晴れ上がったトーキョーである。
『オケハザマ』@スズナリ 絶賛仕込中です。


愈々、24(水)19時:初日です。
久しぶりに、メチャクチャパワフルな流山児★事務所でしか出来ない作品に
出来上っていますよ。


集団による壮絶な殺陣。加えて、女優たちが八面六臂の活躍ぶりです。


初参加の西瓜糖の山像かほりさんの寿桂尼、飯尾連龍役の伊藤弘子の競演は見もの。

伊藤弘子は『盟三五大切』の源五兵衛以来、久しぶりの時代劇の武将役。

凛々しさの中に、女性の優しさを滲ませ心地よく演じています。

そして、義元の妻ヒロイン:定恵院は坂井香奈美、歌って踊って恋をして

という演劇の王道を楽しく、自由に演じています。

彼女は『ユーリンタウン』のちびサリーを超えることでしょう


流山児★事務所久々の総出演、素敵に個性的なメンバー20人、

塩野谷正幸・伊藤弘子を筆頭に上田和弘、小林七緒、谷宗和、甲津拓平、里美和彦、柏倉太郎、平野直美

次世代の武田智弘、坂井香奈美、荒木理恵、山丸りな、五島三四郎、山下直哉、佐原由美、星美咲、森諒介、竹本優希、

橋口佳奈までの3世代、その層の厚さは「劇団力の凄さ」を再確認させる作品。

それが『オケハザマ』です。


客演陣も豪華、主役の今川義元を演じるのはこんにゃく座のトップ:井村タカオ、

みごとに座組を牽引してここまで素敵な芝居に創り上げ、井村の代表作といってもいい作品です。

風錬ダンスの林さんたち3人の力は凄い、熱い芝居愛をもった仲間との出会いに感謝。

カイリ、ヒロシ、勝俣という信頼おけるレギュラー客演陣、

で、殺陣のコーチであり今回は役者としてフル稼働の水谷さんに負うトコロ大。


24(水)初日に向けて頑張ります。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


【オケハザマ☆アフタートーク開催!】
1月30日(火)19時の回終演後
しりあがり寿(作家:漫画家)・天野天街(少年王者舘)・流山児祥


【ファン感謝イベント】
1月28日(日)18時〜 劇団員が心をこめておもてなしをします。
ふらりとおいでください。入場料:1000円(1ドリンク+おやつ付き)


【最新前売状況:26(金)19時がオススメです!】


流山児★事務所『オケハザマ』1月24日(水)〜2月4日(日)
@下北沢ザ・スズナリ 
新作書き下ろし:しりあがり寿 演出:流山児祥


※ 24(水):残席僅少→予約はお早目に!
※ 25(木):大いに余裕アリ→予約はお早目に!

※ 26(金):超・大いに余裕アリ→超おすすめ!
※ 27(土):前売完売→当日券アリ
※ 28(日):前売完売→当日券アリ


流山児祥扱い ⇒ https://www.quartet-online.net/ticket/okehazama?m=0abjgc

続きを読む
2018-01-23 10:33 この記事だけ表示

大雪の予想のトーキョー。
ちらちらふりだしました。


『オケハザマ』朝から絶賛仕込中です。

愈々、24(水)初日です。
久しぶりにメチャクチャパワフルな流山児★事務所でしか出来ない作品に
出来上っています。


集団による壮絶な殺陣。加えて、女優たちが八面六臂の活躍ぶりです。


初参加の西瓜糖の山像かほりさんの寿桂尼、飯尾連龍役の伊藤弘子の競演は見もの。

伊藤弘子は『盟三五大切』の源五兵衛以来、久しぶりの時代劇の武将役。

凛々しさの中に、女性の優しさを滲ませ心地よく演じています。


流山児★事務所久々の総出演、素敵に個性的なメンバー20人、

塩野谷正幸を筆頭に、その層の厚さ、劇団力の凄さを再確認した『オケハザマ』です。


客演陣も豪華、主役の今川義元を演じるのはこんにゃく座のトップ:井村タカオ、

みごとに座組を牽引してここまで素敵な芝居に創り上げ、井村の代表作といってもいい作品です。

風錬ダンスの林さんたち3人の力は凄い、熱い芝居愛をもった仲間との出会いに感謝。

カイリ、ヒロシ、勝俣という信頼おけるレギュラー客演陣、

で、殺陣のコーチであり今回は役者としてフル稼働の水谷さんに負うトコロ大。


24(水)初日に向けて頑張ります。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


【オケハザマ☆アフタートーク開催!】
1月30日(火)19時の回終演後
しりあがり寿(作家:漫画家)・天野天街(少年王者舘)・流山児祥


【ファン感謝イベント】
1月28日(日)18時〜 劇団員が心をこめておもてなしをします。
ふらりとおいでください。入場料:1000円(1ドリンク+おやつ付き)


【最新前売状況】
流山児★事務所『オケハザマ』1月24日(水)〜2月4日(日)
@下北沢ザ・スズナリ 
新作書き下ろし:しりあがり寿 演出:流山児祥


※ 24(水):若干余裕アリ→予約はお早目に!
※ 25(木)・26(金):大いに余裕アリ→超おすすめ!
※ 27(土):残席僅少→予約は今すぐ!
※ 28(日):前売完売→当日券アリ


流山児祥扱い ⇒ https://www.quartet-online.net/ticket/okehazama?m=0abjgc

2018-01-22 10:18 この記事だけ表示

ということで、通しを終えて殺陣稽古。

ここまで来て更に精度を上げてゆく栗原さんは、凄い。


疲労困憊だが『オケハザマ』PR軍団は新宿ロフトに移動。

しりあがり寿プレゼンツ「さるハゲロックフェス」に乱入出演。


芝居に殺陣、井村タカオと坂井香奈美のデュエット、

でもって「今川のテーマ」を大合唱。


まさに生声と殺陣。

役者のナマモノの迫力でロフトを圧倒。

メチャかっこいい10分間であった。


しりあがりさんのラストのメッセージも超グッド!
楽しかった。


さあ、今日は最終通し!録音、稽古場片付け。


しりあがり寿「本格劇作デビュー作品」を見逃すな!!


【オケハザマ☆アフタートーク開催!】
1月30日(火)19時の回終演後
しりあがり寿(作家:漫画家)・天野天街(少年王者舘)・流山児祥


【ファン感謝イベント】
1月28日(日)18時〜 劇団員が心をこめておもてなしをします。
ふらりとおいでください。入場料:1000円(1ドリンク+おやつ付き)



【最新前売状況】
流山児★事務所『オケハザマ』1月24日(水)〜2月4日(日)
@下北沢ザ・スズナリ 

新作書き下ろし:しりあがり寿 演出:流山児祥


※ 24(水):若干余裕アリ→予約はお早目に!
※ 25(木)・26(金):大いに余裕アリ→超おすすめステージ!
※ 27(土):残席僅少→予約は今すぐ!
※ 28(日):前売完売→当日券アリ


流山児祥扱い ⇒ https://www.quartet-online.net/ticket/okehazama?m=0abjgca

2018-01-21 11:23 この記事だけ表示

【最新前売状況】


流山児★事務所『オケハザマ』1月24日(水)〜2月4日(日)
@下北沢ザ・スズナリ 

新作書き下ろし:しりあがり寿 演出:流山児祥


※1月24(水):若干余裕アリ→予約はお早目に!
※27(土)・28(日):残席僅少→予約は今すぐ!
※1月25(木)・26(金):大いに余裕アリ→超おすすめステージ!


流山児祥扱い ⇒ https://www.quartet-online.net/ticket/okehazama?m=0abjgca

2018-01-20 11:30 この記事だけ表示