公演情報
流山児★事務所 創立35周年記念公演第2弾
秋之桜子:新作書下ろし
 
『赤玉★GANGAN
〜芥川なんぞ、怖くない〜』
 
作:秋之桜子(西瓜糖)
演出:高橋正徳(文学座)
芸術監督:流山児祥
 
2019年
8月21日(水)〜27日(火)
@下北沢ザ・スズナリ

1908.jpg

明治天皇が亡くなり乃木大将が殉死し「力」の時代が終わりを告げた大正時代、関東大震災があなたや私に傷跡を残していったあと、若い作家たちは次に書くものは何かを探していた。
芥川龍之介や菊池寛、人気の島田清次郎…偉大な先輩作家の影に抗いながら、自分の中の嫉妬心に恐怖しながら、家族も友人も恋人も巻き込みながら頭の中のネジをギシギシと巻き上げる。

「真実って何だ?書きたいものって何だ?生きるってなんだ?
 

流山児★事務所 りゅうざんじ じむしょ
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜)
オンライン予約(24時間)


⦿公演詳細⦿
http://www.ryuzanji.com/

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

シンガポールからわざわざ『嫁粧一牛車』@台中国歌歌劇院公演を観てくれたFさんの「ご感想」です。有難うございます。30年近く「アジアの縁」を「旅」していて良かったなあ、と、つくづく感じていいます。

私はシンガポールに在住しておりますFと申します。

 昨日台湾の台中で行われた"嫁粧一牛車"を観劇させていただいて、とても良かったので流山児様に直接お伝えしたいのですが、それでは失礼かと思い、こちらにメールをしている次第です。私は大学生のときに初めて流山児事務所さんの演劇を観劇して以来、流山児事務所さんの演劇スタイルがとても好きです。

 それから20年近く経ち、現在はシンガポールに住んで12年が経っており、なかなか日本での公演に合わせて帰国するのが難しいのが現状です。

 そんな中、台湾で流山児さん演出の演劇があると知り、タイミング良くシンガポールも祝日で連休となり、思いきって台湾まで行って観劇してきました。

 シンガポールから片道4.5時間の初めての台湾で、福建語(台湾語)がまったく分かりませんが、中華系シンガポールの夫は福建語が少しだけ分かるのであらすじをあらかじめ確認して観劇しました。
 劇中の会話はまったく分かりませんでしたが、観客の台湾人のノリの良さ、それから俳優さんたちの質の高さに圧倒されました。歌あり踊りありの流山児ワールドに心が満たされました。やっぱり私は流山児さんの演劇が好きだ!と思いました。言語を越えて感情が伝わる演劇ってやっぱり好きだなと思いました。
 

 福建語(台湾では台語と表現するようですね)などの方言を大事にする現地の劇団や台湾の文化にとても魅力を覚えました。
 シンガポールは中華系がメインの人種構成ですが、標準語(北京語)を推奨していて各家庭が本来持っている方言(福建語、客家語、テオチュウなど)を公共の場(テレビなど)では使わないというスタンスがあるので、若い世代は方言をしゃべれないという現実があります。
 現に私の夫も両親の世代までは福建語で会話していましたが、子供たちにはしゃべらせなかったそうで、今回の公演でも夫は劇中の会話の理解度が2,30%だけだったそうです。祖先は福建でも国の政策のせいで自分のルーツである言語能力が低いというのは、日本人にとっての日本語という点からするとなんだかもったいないと思ってしまいます。(もちろん個人的に差があると思いますが)

 もし、また機会があれば台湾で流山児さん演出もしくは流山児事務所さんの演劇を見たい思います。
 そしていつかシンガポールでも公演していただければこの上ない喜びでもあります。

 では今後の皆様のご活躍を応援しております!
 ありがとうございました。

2019-08-13 13:17 この記事だけ表示

この1か月半で、とってもステキでパワフルなチームにできあがりました。『嫁粧一牛車2019版』は、応援歌です。

台湾牛が海を渡ってこの島に来たように、
ニンゲンだってたった一人のアフリカ女性だったんだ。
それは何国何制度の問題ではない、国などどうだっていい。

台湾に、香港にエールを送りたい
しかし、日本はどうしたもんだか、俺らも頑張らないとイカン

NO!ABE
文化を、交流を、頼むから邪魔しないでくれ


画像に含まれている可能性があるもの:6人、、Pj Yuさん、周浚鵬さんなど、、スマイル、オンステージ(複数の人)
2019-08-11 13:08 この記事だけ表示

「2019嫁粧一牛車」10(土)熱狂の大観衆の拍手で無事幕を開けました。


メインキャストはOURシアター劇団員+ポンポン=サイコーのアンサンブルです・
とにかく、パワフルに突っ走ります!


それにしても、800余を超す大観客が爆笑する様は凄い!「2019嫁粧一牛車」は、まさに「ニンゲン喜歌劇」です。
ジャパンタイムスの田中伸子さんに加えて、日本から歌人の三原さん、台中のMさん、台北のRさんら友人多数、

鴻鴻も見に来てくれた、大感謝!!がんばります。

終えて、ダメ出し(ノート)、で、伸子さんたちと居酒屋で飲む。

台湾の夜も、あと1日である。


画像に含まれている可能性があるもの:3人、立ってる(複数の人)、夜

2019-08-11 12:39 この記事だけ表示

台風9号台湾接近の予報を受け『嫁粧一牛車2019版』@台中国家歌劇院、今日は完全場当たり=スペーシングとこちらではいう=みっちり。明日は、明かり・音響合わせ、のハイスピードで進んでいる。ABチームをテキパキと舞台監督の英才Jさんが仕切ってくれる。去年から彼女が現場を完全に仕切ってくれて感謝。稽古場にも全ていてくれて何から何まで・・・・・。文字通りの完璧なる「舞台監督」である。

この写真は主役のPJ、写真は振付のスーリエン。いいなあ、上手い!今日はスーリエンの独壇場。ありがとうございました。

『嫁粧一牛車2019版』8月10(土)・11(日)@台中国家歌劇院中劇場 14時30分開演 上演時間1時間45分

2ステージ全席完売!

急遽、明日:8(木)スタッフ席を各ステージ:20枚づつ「追加発売決定」。たぶん、数分で売り切れるだろうとの予想。
本当に、連日1000近い観客が観てくれる嬉しさ。
みんな、頑張ろうぜ!台風9号には負けない!!

画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる
2019-08-08 00:23 この記事だけ表示

昨日は『嫁粧一牛車2019版』5回目の通し。ウエイウエイ組、こちらもほぼ完璧の出来上がり。が、この期に及んで、もっと大牛の動きを「ゆっくり」にしようと思いつき、急遽、動き全体を変えることに・・・というわけで、役者達は午前中にメイク、振付、通し、稽古で遅くまでのハードデイとなった。ごめんなさいね。

役者達も、ここにきて疲労の極地らしく、足の靭帯を痛めて針きゅうに、でも全員がすぐ代役が出来る体制になっているのでとりあえず、心配なし。それにしても、このチーム力は凄い!1時間43分。

いつも行く「西門小吃」がお葬式で金・土は休み、というわけで、これまたいつも行く「故郷」へ。18生ビールで、ゴーヤ卵、烏賊、鱈の肝、蛤で夜遅くまで。

朝起きて葬式を観る。凄い人出、生演奏、最後の出棺を観たが実に盛大な葬式であった。明るく派手に、それでいて荘厳。それにしても「通り」を2日間車止めにして、町全体で見送る・・・。大昔、私の故郷もこうだった。結婚式と葬式は何日も続いてたっけ。

さて、今日は『嫁粧一牛車2019版』最終通し。
明日は台中国家歌劇院搬入、仕込開始である。
10(土)初日まで1週間!じっくり、創り上げます。
4年目の台湾・嘉義の夏もあと三日!!

2019-08-04 12:03 この記事だけ表示

イカです!
大好きな烏賊を、
今年の夏もたくさん、嘉義で喰った。
稽古もあと1日!!

画像に含まれている可能性があるもの:Show  Ryuzanji、座ってる、飲み物、眼鏡、室内、食べ物



2019-08-04 12:01 この記事だけ表示

今日は『嫁粧一牛車2019版』3回目の通し。

ほぼ、完璧であった!

玉ちゃんチームは流石に全員劇団員だけにその劇団力が「ステキで生々しくもパワフルな家族」を創り上げてくれる。お互いの関係に全幅の信頼があるからこそ舞台の上で「大胆」なことが出来る。実にシンプル、嘘がない!わたしは、これがやりたかったのだ。

『嫁粧一牛車2019版』は、家族の愛の物語を描きながら「台湾の過去と現在」を描くメタファーであることが浮かび上がってくる。ひょっとしたら、わたしは、日本には既にない「アジアの家族」の物語を希求しながら『嫁粧一牛車2019版』を、創っているのかもしれない

本当に骨太で無様な最底辺の「ニンゲンそのもの」を描く作品、なんて、ニンゲンは面白いイキモノなんだろうと、つくづくわかる劇に進化した。

この1か月半の稽古で役者達はあらゆることを自分のモノにしたのである。スーリエンの振付・ステージングの凄みは、実に緻密。どんどんスキルが上がって「見事な見世物」になっている。

前半45分間は観ていて全く飽きさせないノンストップの台風である。後半にはこれ又波乱万丈のドラマが展開されてゆく。

1時間42分。『嫁粧一牛車2019版』ほぼ、駄目だし(ノート)はほんと、細かいことだけ。
イーラン曰く、今回の演出は「実に細かい」らしい。70歳を超えて私もこらえ性が出来たらしい。何度も何度もテキストを読み込み、テキストを軸にして「役者のドラマ」をしつこく「カラダ全部使って生み出させた」。生み出したのは「テメエ」である。だから、カラダ全部が覚えている。これでいいのである。

72歳の老優と54歳の名ダンサーはこれまた、「何にもしない」のにカッコいいい。勿論、名ダンサーにはイッパイ「動いてもらって」います。これが『嫁粧一牛車2019版』の見所!

明日もスーリエンには頑張ってもらう。さらなる音楽劇の高みを目指して!

2019-08-03 01:10 この記事だけ表示

「嫁粧一牛車2019版」8月10(土)@台中公演初日に向けて、愈々、通しウイークに突入しました。

今回は劇団「初」の長期4週間ロングラン公演というわけで、息子の阿狗、看護婦&歌姫役がダブルキャスト。というわけで、通しも2回。阿狗には劇団のアイドル玉ちゃんと北藝大「十二夜」で私の演出助手をやってくれた嘉義出身の演出家&女優のウエイウエイ。これがどちらも面白い。看護婦&歌姫役は玉ちゃんと若手のシンイー。これもキャラが全く違って面白い。台中国家歌劇院(オペラハウス)初日をどちらでいくか悩みどころである。

2回目の通し、1時間42分、ほぼ完璧。
去年の「初演」をはるかに超えたシャープでダイナミックな
作品に出来上がっている。役者達が「緻密」に自分の役を創り上げつつある。

明日は玉ちゃんチームの「通し」。
スーリエンの「振付」もどんどん進化・深化している。観ている感じは今回はまさに『音楽劇』って感じに出来上がっている。

「嫁粧一牛車2019版」、それにしても、4年目にして、様々な「実験」ができるようになった。OURシアターの最高傑作!というより今年度台湾ナンバーワンの傑作に、創り上げます。

若いエネルギーに加えて72歳の名優と54歳の名ダンサーの2人の異優が見事な色合いをきっちり付けてくれています。とにかく、「12人の役者」達がスバラシイ。流山児メソッドというしかない「集団音楽劇」の極北を目指そうぜ!!

「嫁粧一牛車2019版」台中初演!!チケットもほぼ完売状態に突入。オーケストラピットの追加席も即日完売!
1000席余りの「大劇場」でも、面白く観られるエンターテインメント「大衆劇」です。

「嫁粧一牛車2019版」は、日本の皆さんにもぜひ見てほしい「台湾の過去現在そして未来」を描いた問題作です。

2019-08-02 22:07 この記事だけ表示   |  コメント 0

で、本日:27(土)お昼12時から@新嘉義座でOURシアター創立16周年記念パーティ。

嘉義県、嘉義市の文化局の人もいっぱい。新嘉義座、書店、そして、向かいのビルに大きな事務所、制作だけで10人を超えるスタッフ用の大きなものスペース、大会議室、ミーティングルーム。

この4年間でOURシアターは凄い劇団!になったものである。・・・・16年目の飛躍!
嘉義から「世界」へ、「世界」から嘉義へ!

パーティを終えて、稽古。で、夜19時から「初」の粗通し。
『嫁粧一牛車』2019年版!面白くなる。1時間42分。

スタッフ会議。

明日は、午前中から抜き稽古。やることいっぱい。
さあ、まだまだテッテ的に、緻密に、愉しくやるぞ。
台中国家歌劇院・初日まであと2週間!!


画像に含まれている可能性があるもの:5人、立ってる(複数の人)、リビング、室内


2019-07-28 01:10 この記事だけ表示

『嫁粧一牛車』2019年版、嘉義稽古19日目である。

今日も朝から酷暑である。近所の食堂で朝食:肉粽25元、つみれ汁10元、青菜炒め30元 65元:260円、マンゴージュース70元:240円。

『嫁粧一牛車』の稽古は快調に進んでいる。「初演を超える」を、モットーに私としては、珍しく「テキストを真摯に読み込む」ことをテッテ的にやっている。緻密に一歩一歩積み上げること!そう、自分に日々、言い聞かせて進めている。なぜなら72歳のベテランと50代のダンサー以外は20代〜30代の若者が主体だから。

台北藝術大學での半年間の経験から、とにかく「テキストを読む」それも、口先だけで言わない!言葉を吐く根拠を「全員のカラダ」に持たせる。私の創るのは「集団劇」である。12人の個性あふれるイキキとしたニンゲンのドラマが創りたいのである。

台湾の無名の若者達と過ごす4年目の嘉義!
4年前に嘉義に来たときは「こんなステキな体験」が、続くなんて想像もしていなかった。OURシアターはこの4年間で文字通り「台湾演劇」を代表する劇団に成長した。

今回のメインキャストは全員劇団員!である。『マクベス』の時、入団した新人で稽古場の片隅でじーっと稽古を見つめていた若者たちがメインの役を張っている。が、いかんせん、まだまだ下手!兎に角、時間かけて創るしかないのである。

とりあえず、今日で、最後まで当たることになる。明日は振付のチェック、明後日:27日(土)『嫁粧一牛車』2019年版の初の「粗通し」である。今回は稽古初日からずーっと最強の舞台監督が稽古場にいてくれている。彼女の指示で今の「新人」たちがテキパキと動いている現場。

OURシアターは台湾で唯一の流山児★事務所なみの日本スタイルを持った最強劇団になってゆく。また、自らのアイデンティティである母国語ー「台湾語上演」に拘る骨のある劇団である。

台湾の劇団やプロデューㇲ劇団はほぼすべて「非営利芸術団体」でもちろん、国や県、市からの助成金はあるが、運営はあくまでも団体の力量。小劇場:新嘉義座の運営、小中高の学校回り、地方公演、草草芸術祭と、実に様々な芸術活動をOURシアターは続けて昨日「17年目」を迎えた。まだ、30代前半!ほんとうに、コイツら凄い!

『嫁粧一牛車』は全14ステージ、台北では初の3週間ロングラン公演も行う!

全ステージ、全席完売!で台湾演劇ナンバーワン!に躍り出ると意気盛んである。

ジイジも負けないで頑張るぜ!

2019-07-25 12:42 この記事だけ表示