公演情報
流山児★事務所 創立35周年記念公演第2弾
秋之桜子:新作書下ろし
 
『赤玉★GANGAN
〜芥川なんぞ、怖くない〜』
 
作:秋之桜子(西瓜糖)
演出:高橋正徳(文学座)
芸術監督:流山児祥
 
2019年
8月21日(水)〜27日(火)
@下北沢ザ・スズナリ

1908.jpg

明治天皇が亡くなり乃木大将が殉死し「力」の時代が終わりを告げた大正時代、関東大震災があなたや私に傷跡を残していったあと、若い作家たちは次に書くものは何かを探していた。
芥川龍之介や菊池寛、人気の島田清次郎…偉大な先輩作家の影に抗いながら、自分の中の嫉妬心に恐怖しながら、家族も友人も恋人も巻き込みながら頭の中のネジをギシギシと巻き上げる。

「真実って何だ?書きたいものって何だ?生きるってなんだ?
 

流山児★事務所 りゅうざんじ じむしょ
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜)
オンライン予約(24時間)


⦿公演詳細⦿
http://www.ryuzanji.com/

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

《嫁妝一牛車》ほぼ満員で「世界初演」の幕があきました。

素敵な12人の個性的な役者たちが縦横無尽に動き回っています。

《嫁妝一牛車》というテキストと格闘した役者たちの約2か月の努力の成果が結実。

初日パーティは嘉義懸、嘉義市、様々な支援者の皆さんとの交流会、OURシアターはこの3年間で驚異的な進化を遂げている。

わたしたちは皆さんの期待に応えていい芝居をするだけである。

台北、高雄、台中の友人たちも多数。小林七緒も東京から飛んできてくれた。

「台湾発」のハイパー・アングラ劇《嫁妝一牛車》7月1(日)まで台湾・嘉義懸表演藝術センターで上演中です!!

ふらりと、嘉義民雄までおいでください!!面白いです。


多くの皆さんに「台湾演劇の父」と呼ばれている大先生(80歳)に「流山児は私の息子だ!」と呼ばれました。

まだまだ、私はひよっこだということを自覚しました。

出来うるならば「イノセントなエンゲキジン」でいたいと思った《嫁妝一牛車》初日でした。

画像に含まれている可能性があるもの:4人、、Show  Ryuzanjiさん、Rex Uangさんなど、、スマイル
画像に含まれている可能性があるもの:邱書凱さん、陳盈達さん、、スマイル、立ってる(複数の人)
画像に含まれている可能性があるもの:植物、屋外、自然

いいね
画像に含まれている可能性があるもの:2人、Show  Ryuzanjiさんを含む、、スマイル、立ってる(複数の人)、屋外
他のリアクションを見る
コメントする
2018-06-23 01:44 この記事だけ表示

台風の影響で沖縄は50年に一度の大雨だそうである。
嘉義も雨。
午前中から衣裳パレード、これが大変な状況で永延4時間。
その後、歌録音。
美術作業と照明仕込み。
明日から明かり合わせ。まだ、時間はある。じっくり作っていこう。
《嫁妝一牛車》22(金)初日まであと6日。台湾南部:嘉義懸表演芸術センターでお待ちしています。ふらりと嘉義までおいでください。名古屋へ行くより安いですよ。

以下、《嫁妝一牛車》「エピローグ」の12人の役者たちのコトバたちです。

私たちは どこから来てどこへ行くのか
わたしたちは誰なのか?
私たちはこの世界に来ることを望んだのか?
私たちはどんな人間になりたいのか?
もし尊厳がなければ、どのように生きていくのか?

《嫁妝一牛車》「嫁入り道具は牛車一台」

これは私たちの「物語」だ
生きる
しっかり生きよう
私たちは「失敗」した、しかし私たちは努力している
まだ、息があるなら、誰が一番生き延びられるのか見てみよう

《嫁妝一牛車》「嫁入り道具は牛車一台」

これは私たちの物語だ

台湾、私たちの足元には傷つき疲れた土地がある。
その昔、もともとこの土地には牛はいなかったそうだ
中国から福建省から海を越えて
私たちはこの地に渡り「台湾牛」になった

「牛は牽かれる
 人は磨かれる」※昔の諺である

痛いかもしれない それは生きているからだ
泣きたくなるかもしれない それは生きているからだ
生きたいのなら、しっかり生きよう
私たちは生きていたい!私たちは・・・・・

しっかり生きよう


画像に含まれている可能性があるもの:4人
2018-06-16 19:12 この記事だけ表示

本当に次から次と台湾メディアに!
ニンゲンもつまりは動物なんだよ!等とくっちゃべってるよ。台日混血っていいじゃん!
21(金)嘉義懸表演藝術センター初日まで1週間です。

n.yam.com

圖說:流山兒祥導演。陳小凌/攝影。

【文/陳小凌】日本「地下劇場帝王」流山兒祥導演這次和阮劇團首度改編台灣經典文學《嫁妝一牛車》,這也是流山兒祥導演首度執導台灣文學作品。他說:「人就是動物,我的工作就是要將動物最直接釋放的能量呈現在舞台上﹗」他強調自己使用了像是電影的敘述手法,加上演出中有大量的歌舞,希望呈現出來的是一齣能讓觀眾有深刻感受,又哭又笑的悲喜劇!要讓觀眾驚喜:「哇,怎麼會這樣!」


流山兒祥導演說:「透過這次合作,讓他驚訝台灣有許多自己原先不了解的人文風情,「自己每一天都在學習台灣的文化!」「我自己從小跟在賽馬場工作的母親相依,這讓我賭性強,也能充分感受到這本小說中的小人物辛酸!」「我要求所有演員最好要看完這部小說,再用自己的思考來演出劇中的角色!」


嫁妝一牛車是改編自前輩作家王禎和小說,為台灣鄉土小說經典,王禎和本人也曾經將小說改編為同名電影。小說中描寫近乎耳聾的萬發和妻子阿好這對貧賤夫妻如何被命運擺布,敘述五十多年前台灣社會底層小人物的生活,呈現小人物的悲哀與命運擺弄的無奈。


然而在阮劇團與流山兒導演合作的版本中,除了融入原著小說的精神,更加入了現代觀點的詮釋,例如深入探討阿好的女性視角,也新揄チ了不少原著中沒有的場景,發掘較少人探討的喜劇成分。演出將以三面式舞台呈現,阮劇團期望以阮式風格台語劇,加上流山兒導演的強大活力,為經典注入新血,創造新面貌的台灣經典文學劇場。


阮劇團團長汪兆謙說,充滿台日混血風情的《嫁妝一牛車》,邀請林孟寰擔任劇本改編,與劇團的台語編劇共同合作,劇組除音樂設計也是由日方擔任,兩位流山兒劇團的日本演員共同演出。而12位演員中集結了台灣以漫才著名的達康.come,會在劇中展現有別於漫材的戲劇才華。所有演員更是被要求臺語的腔調與咬字必須要符合劇中的年代背景,也為了劇中鹿港商人的角色,劇團特地請來臺語老師來指導鹿港腔臺語的說法。日本演員在劇中也一樣要學習臺語台詞、唱臺語歌,所有演員及工作人員從五月份起就進駐嘉義縣表演藝術中心,展開為期兩個月的密集排練。


此劇經王禎和的夫人林碧燕同意授權,她多半時間都在國外,今日特地和女兒共同出席演出宣告記者會。文化部藝術發展司張惠君司長、國藝會彭俊亨執行長及嘉義縣表演藝術中心張世杰主任也都出席記者會給予支持。


《嫁妝一牛車》,即將於6月22日起在嘉義縣表演藝術中心實驗劇場舉行世界首演,汪兆謙提到,這不只是一個創作的展生,而是雙方在不同文化的交流碰撞下的作品,也由作品開始延伸出更多的交流與合作契機。

2018-06-15 11:34 この記事だけ表示

昨日はお昼過ぎから台北で《嫁妝一牛車》全國記者會という名の「文学サロン」であった。

原作・王禎和先生のご夫人:林碧燕さんそして娘さんと会う。

夫人はとっても素敵でチャーミングなレディであった。

王禎和さんは台湾郷土文学の巨星で教科書にも載っている。

文化局やお歴々はみなさん、若いときに読んだ名作とのこと。

「文学サロン」の後は、台北藝術大学のスタッフと短い打ち合わせ。

で、例によって「この4年間」ずーーと取材されている記者さんに長時間のインタビュー。

みんなを待たせていたが、一緒にバスで嘉義へ。流石に疲れ果てる。

下の写真は『嫁妝一牛車』全國記者會であった原作・王禎和先生のご夫人:林碧燕さんと娘さん。

隣は阿好役のPJ、私のもっとも好きな女優さん。

マクベス夫人、阿好と3年連続でヒロインをやってもらっている。

OURシアターの副団長、劇団の屋台骨である。

さて、今日はお昼から小屋入り、音楽の諏訪創も嘉義に帰ってきた。

あと8日で初日。

王先生の奥さん、娘さんぜひ嘉義まで『嫁妝一牛車』観に来てくださいね。

待ってます。

2018-06-14 11:21 この記事だけ表示

とにかくこの男、凄い美術家です。

舞台設計:陳勁廷くん!

舞台装置はもちろんのこと、舞台にのっかっているモノほぼ、ぜーんぶの小道具、

小物、「ほぼひとり」で作ったり集めたりをやっている。

勿論、助手はいるにいるけど、この1か月間、朝から晩まで絵具まみれ。

それでも俺の顔を見ると、笑顔で、いつも「何か」やってる。

連日、実家から長椅子やら「いろんなもの」を運んでくる。

昔からあったもの・・らしい。

わたしはこの男の魅せてくれるモノたちのファンであり、陳さんの大ファンである。

それにしても台湾の習慣は日本と大違いなことを日々知る・・・面白い。

昨日はOFF日だけど陳さんは1日中作業であった。

辛苦了!!


画像に含まれている可能性があるもの:1人以上
2018-06-09 14:19 この記事だけ表示

わたしの台湾で「一番お気に入り」の役者:リンリンさんです。

どうです、チャーミングでしょう。

まったく、日本にはいないタイプのヤツです。

でもって、いろんなことができるのです。主役はいやなんだけど脇で遊ぶのは大好き。

でもって、踊るのと歌うのは好き。

人知れず、細かいことやって《舞台にいる》のが大好き。

リンリンさん、そういうのがいい役者っていうんだよ。

今回は「大牛」って役なんだけど。。。。。

このままでは、牛なんかじゃなくって、人間以上の「ニンゲンそのもの」になっていきます。

・・・・嗚呼、俺、何書いているんだ?

今日は「初通し」1時間50分、ベースは出来上がった、

こんな早く出来上がるのは初めて。

作家のダーズーも台中から来てくれて、シーンのカット、セリフの改訂も・・・

テレビドラマも書く超売れっ子の作家さんだが、

自分の書いているモノを、すぐさまわたしの「演出」を観て変えてくれる。


クレバーで嬉しい男である。よりシャープに!
より実験的に!だよね。

どこにもない世界初演の新作《嫁妝一牛車》を創る!

明日はOFF。

わたしは新聞社用原稿8枚。休みなしである。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、立ってる
阮劇團 Our Theatreさんは李佶霖さんと一緒にいます。

【《嫁妝一牛車》角色介紹與排練場側記系列】No.4 大牛/囚犯/葬儀社老闆

◎葉育廷

大牛哞,踽踽載負萬發的苦楚與想望,不屬於萬發,亦不屬於自己−−「做牛就拖,做人就磨。」−−大牛是經濟的臍帶、宿命的載具、萬發與簡仔間最晦澀的悲劇與疙瘩。大牛不是盲牛,亦非萬發,可卻又兩者皆是。較萬發的苦力更實,比盲牛的晃遊更虛,大牛曳引−−嫁妝,嫁妝,一牛車。

由霖霖李佶霖飾演的囚犯、葬儀社老闆與大牛呈現出兩個極端,時而氣勢凌人、不留情面,時而姿勢微賤、噤聲噤語。腆著肚子,排戲總是早到,空闔偷偷抓食零嘴,窩在牆角遁入佛書,中年轉職劇場人的霖霖,善於臨摹各種動物的叫聲,情緒波幅跨度極大,魁武精壯而纖細柔軟,從八歲到八十歲,霖霖都能精彩地搬演到位。

-----
阮劇團X流山兒★事務所X王禎和《嫁妝一牛車》
🐮演出時間:
2018/06/22(五)18:30
2018/06/23(六)13:30、18:30
2018/06/24(日)13:30
2018/06/29(五)18:30
2018/06/30(六)13:30、18:30
2018/07/01(日)13:30
🐮地點:嘉義縣表演藝術中心實驗劇場 (民雄鄉建國路2段265號)

2018-06-08 22:43 この記事だけ表示

台湾の南に位置する嘉義で
拓平、山下、創、イーラン、そして流山児


《嫁妝一牛車》世界初演、絶賛稽古中です!!!!

いまのところ、公演は嘉義のみ。
阿里山に登るにも、泥温泉につかるにも、起点は嘉義!
台北から新幹線なら1時間、およそ3700円、普通列車なら3時間で1000円です。

21日-26日の東京台湾往復は23054円。(スクートにて)
ちなみにわたしと同じ宿は一泊2064円。(嘉義駅前:安蘭居国際青年館)

どうです?

ぜひ、ご来場、お待ちしております!!!!

公演詳細:http://ourtheatre.net/…/ruanjutuanxliushanershiwusuoxwangz…

2018-06-06 11:28 この記事だけ表示

昨日は嘉義の記者会見であった。
《嫁妝一牛車》世界首演記者會

嘉義市政府のみなさんがずらりと集結。
嘉義市長、市議会議長、文化部部長、市議会議員多数、

OURシアターを支えるみなさんに今年のコラボレーションのお披露目である。

トップシーンの歌と踊りのデモンストレーション、その後、記念撮影。
嘉義駅前の文化芸術特区に新装なった「新嘉義座」
Space早稲田より一回り大きい立派な劇場である。
嘉義から世界へ!の合言葉が飛び交う記者会見となった。
3年でメチャクチャ成長を遂げつつあるOURシアターに本当に驚かされている。

まあ、いいことである。

15時過ぎから稽古、順調に進んでいる。
衣裳、舞台、と次々に本番体制に。
明日はとりあえずラストまで。
で、明日は初の「粗通し」である。

続きを読む
2018-06-06 11:24 この記事だけ表示

これは、すてき!
ありがとう邱書凱!

で、臺灣の文學經典、王禎和『嫁妝一牛車』を人気テレビドラマ『通靈少女』の脚本家:林孟寰が書き下ろす注目作。2016,2017『マクベス』に続く2018阮劇團X流山兒コラボ。新聞社から特集用「演出論原稿8枚」依頼。今日はお昼から台湾南部メディアに向けての記者会見。『嫁妝一牛車』初日まで18日!

2018-06-05 10:58 この記事だけ表示

はい、『流山児マクベス』以来、3年ぶりに再び

私の巨大看板が本日、嘉義懸表演芸術センター前の国道に登場しました!


ちなみに、去年は台中国立劇場公演だったのでこの看板はなかったけどね・・・・

うーん。俺でなくてもいいのに!ちゃんと、ポスターあるのに・・・・。

『嫁妝一牛車』明日:5(火)12時からOURシアターの新劇場

@新嘉義座で台湾南部のメディア向けの第1回記者会見である。


画像に含まれている可能性があるもの:Show  Ryuzanjiさん、スマイル、車、屋外
2018-06-05 00:43 この記事だけ表示