公演情報
流山児★事務所 創立35周年記念公演第2弾
秋之桜子:新作書下ろし
 
『赤玉★GANGAN
〜芥川なんぞ、怖くない〜』
 
作:秋之桜子(西瓜糖)
演出:高橋正徳(文学座)
芸術監督:流山児祥
 
2019年
8月21日(水)〜27日(火)
@下北沢ザ・スズナリ

1908.jpg

明治天皇が亡くなり乃木大将が殉死し「力」の時代が終わりを告げた大正時代、関東大震災があなたや私に傷跡を残していったあと、若い作家たちは次に書くものは何かを探していた。
芥川龍之介や菊池寛、人気の島田清次郎…偉大な先輩作家の影に抗いながら、自分の中の嫉妬心に恐怖しながら、家族も友人も恋人も巻き込みながら頭の中のネジをギシギシと巻き上げる。

「真実って何だ?書きたいものって何だ?生きるってなんだ?
 

流山児★事務所 りゅうざんじ じむしょ
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜)
オンライン予約(24時間)


⦿公演詳細⦿
http://www.ryuzanji.com/

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

昨日は嘉義の記者会見であった。
《嫁妝一牛車》世界首演記者會

嘉義市政府のみなさんがずらりと集結。
嘉義市長、市議会議長、文化部部長、市議会議員多数、

OURシアターを支えるみなさんに今年のコラボレーションのお披露目である。

トップシーンの歌と踊りのデモンストレーション、その後、記念撮影。
嘉義駅前の文化芸術特区に新装なった「新嘉義座」
Space早稲田より一回り大きい立派な劇場である。
嘉義から世界へ!の合言葉が飛び交う記者会見となった。
3年でメチャクチャ成長を遂げつつあるOURシアターに本当に驚かされている。

まあ、いいことである。

15時過ぎから稽古、順調に進んでいる。
衣裳、舞台、と次々に本番体制に。
明日はとりあえずラストまで。
で、明日は初の「粗通し」である。

続きを読む
2018-06-06 11:24 この記事だけ表示

これは、すてき!
ありがとう邱書凱!

で、臺灣の文學經典、王禎和『嫁妝一牛車』を人気テレビドラマ『通靈少女』の脚本家:林孟寰が書き下ろす注目作。2016,2017『マクベス』に続く2018阮劇團X流山兒コラボ。新聞社から特集用「演出論原稿8枚」依頼。今日はお昼から台湾南部メディアに向けての記者会見。『嫁妝一牛車』初日まで18日!

2018-06-05 10:58 この記事だけ表示

はい、『流山児マクベス』以来、3年ぶりに再び

私の巨大看板が本日、嘉義懸表演芸術センター前の国道に登場しました!


ちなみに、去年は台中国立劇場公演だったのでこの看板はなかったけどね・・・・

うーん。俺でなくてもいいのに!ちゃんと、ポスターあるのに・・・・。

『嫁妝一牛車』明日:5(火)12時からOURシアターの新劇場

@新嘉義座で台湾南部のメディア向けの第1回記者会見である。


画像に含まれている可能性があるもの:Show  Ryuzanjiさん、スマイル、車、屋外
2018-06-05 00:43 この記事だけ表示



ということで、流山児★事務所×台湾OURシアターコラボレーション公演《嫁妝一牛車》順調に稽古進んでいます。
まだ、初日まで1か月!


充分、時間はあるが、音楽の諏訪創は今週いっぱいの滞在。
やれることをきっちりやって、今週中には「初粗通し」まで行く予定。
安心してください、みなさん、行きますよ!



それにしても《嫁妝一牛車》は素敵なテキストである。
初の台湾オリジナル戯曲。日本、中国、台湾を貫く「アジアの物語」
を、きっちり紡ぎたいものである。
面白い見世物にします。ご期待ください!


あれ?昨日今日で、結局、「前半30分」ほぼ、歌って踊ってるよ!
まんま、「これぞ流山児ワールド」全開の稽古2日間となった。


ほぼ10時間余りのノンストップ!
また、これぞ役者たちによる10日間のワークショップ効果。



ちょっとした修正も大胆な変更もテキストに戻る原則があればすべてできる。
ま、大胆な実験=妄想が多ければ多い方が面白いけどね。
















画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる、室内









2018-05-23 12:33 この記事だけ表示