公演情報
流山児★事務所 創立35周年記念公演第2弾
秋之桜子:新作書下ろし
 
『赤玉★GANGAN
〜芥川なんぞ、怖くない〜』
 
作:秋之桜子(西瓜糖)
演出:高橋正徳(文学座)
芸術監督:流山児祥
 
2019年
8月21日(水)〜27日(火)
@下北沢ザ・スズナリ

1908.jpg

明治天皇が亡くなり乃木大将が殉死し「力」の時代が終わりを告げた大正時代、関東大震災があなたや私に傷跡を残していったあと、若い作家たちは次に書くものは何かを探していた。
芥川龍之介や菊池寛、人気の島田清次郎…偉大な先輩作家の影に抗いながら、自分の中の嫉妬心に恐怖しながら、家族も友人も恋人も巻き込みながら頭の中のネジをギシギシと巻き上げる。

「真実って何だ?書きたいものって何だ?生きるってなんだ?
 

流山児★事務所 りゅうざんじ じむしょ
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜)
オンライン予約(24時間)


⦿公演詳細⦿
http://www.ryuzanji.com/

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

★台湾藝術雑誌ARTALK 長編評論『第十二夜』
BY:鴻鴻 (詩人、作・演出家)  翻訳/陳重穎      

2018年年末、僅か2ヶ月の間に、シェイクスピアのラブ・コメディー『十二夜』をミュージカルに改編された作品が台湾で2回も上演された。10月の淡水雲門劇場(淡水Cloud Gate Theater)での公演は、台南人劇団バージョンで、時代背景は1930年代の上海に設定され、生演奏を伴い、クラブをメイン・ステージに、歌と踊りをショーアップした上に、「人生こそお芝居」というテーマを浮き彫りにした。

一方、12月の国立台北藝術大学演劇学部バージョンは、「日本アングラ演劇の帝王」である流山児祥が客員演出家として演出。注目すべきは、音楽担当は両方とも柯智豪(カー・チーハゥ)だった。彼の豊富な劇場経験によって、伝統音楽を始め、ポップ、ジャズ、テクノ、抜群な取捨選択のセンスで、二つの『十二夜』のカンパニーに招かれたのも偶然ではないかもしれない。

流山児祥は2002年『狂人教育』台湾上演以来、台湾の演劇界を震撼させ続けている。彼の劇団(流山児★事務所)及び、シニア劇団(シアターRAKU)の多数のツアー公演にせよ、OURTHEATERとの二回のコラボである『マクベス』と『嫁妝一牛車』にせよ、鮮明なスタイルは一目瞭然で、今回の北藝大の学生らとコラボした『十二夜』もまた、その流山児スタイルを極致に至るまで発揮した。エネルギー全開のパフォーマンス、千変万化の場面変化、パッと、ビシッと、ズバッと、のリズムで切り替え、いたずらに劇中から抽出して劇場の現場から観る「メタシアター的視点」、そして「脇役=民衆の視点」を際立たせる群集シーン。

これらの特徴はただの芸術的選択ではなく、むしろ流山児祥の世界観に密接に関係している。群集シーンを例として説明すると、シェイクスピアの芝居は、そもそも「多数の脈絡」が織りなされながら、鮮明な個性の持つ脇役も少なくない。流山児祥はこれを使いこなし、モンタージュ手法で「多数の脈絡」を同時に視覚化させた上、役者たちに個々人の差異を帯びた歌舞団に集結させ、時折メインラインの周囲で傍観し、批評、煽動する。同時に、何人かの「庶民=道化」を登場させ、観客に対してツッコんだり、愚痴をこぼしたり、袖のスタッフと対話したりする状況をも配置し、さらに彼らに「途中休憩」の主導権もあたえ、暫くの間、舞台の中心を占拠させて芝居の焦点を移転する傍ら、「庶民=道化」こそが「世界を突き動かす歯車である」ことを指示し、徹底的に観客のココロを揺さぶる。
                 
台南人劇団の『十二夜』カンパニーのような演技力と歌唱力のある役者とは違い北芸大バージョンは表現力に若干優劣があるのは否めない。開演し始めて直に役者の台詞の言い方や歌い方にやや不十分なところがあると感じ取れたが、間もなく、この問題は徐々に重要視されなくなる 〜 彼らの集団的エネルギー及び金の含有率の極めて高いパフォーマンスにおける細部のデザインが、繰り返し、繰り返されて観客に感情的共鳴を呼び起こす〜各キャラクターの独特な動きにジャングリング芸人さながらの身体表現がシェイクスピア的ドラマコメディをビジュアル的インパクトの鮮明な個性的演劇に変容させる。なおかつ、ジェンダー、セクシュアリティ、階級意識等を頻繁に芝居に持ち込み、原作の裏に潜む意味を曝きだし、このキャラ的倒錯の芝居を鑑賞する観客の視点を反復に調整している。

『十二夜』のコメディ的核心は、ヴァイオラとセバスチャンの双子の扮装及び勘違い、「ジェンダー的装い」が生じた無力感と錯謬は現代における経験に繋がれやすい。劇中の兄妹を同一人物と見間違われるいきさつは、古典コメディによく使われるネタであるが、今時の演出には往々にして視覚的不合理さがある。シェイクスピアの時代では全ての女性役は男性が演じたが、流山児祥はそれを逆転し、兄弟二人とも女性に演じさせ、二人におけるリアリティのズレを最低限にさせる。そして、観客が全編にわたって妹が男装したことを知った上で、最後に兄役も女性役者が演じるのを見ても違和感すら感じられなかった。一方が「劇の中」のズボン役で、もう一方は「劇の外」のズボン役、さらに、芝居中に入ったり傍観的視点で抽出したりするメタフィクションによって、文脈がより一層整理整頓されたように覚える。   

ヴァイオラとセバスチャンの兄妹再会後に、全役者が客席まで乱入し、劇場全体を巻き込んでダンスすると同時に、スタッフらが舞台をバラし始める。まるで、喜劇のありきたりなハッピーエンドであると思いきや、向かってくるのはそれと違う意味深長なエンディング ― 役者全員が踊り疲れ果て舞台に倒れてしまい、そして、ゆったりと、靴を脱ぎ、劇場外へと立ち去っていく。役者たちの一足一足の靴が舞台上に残され、さながらキャラクターのお面のよう、再び「演じる」というメインテーマを提示し、舞台に湧き溢れた熱狂的リズムの終焉に、悠々たる余韻が流れ始める。

この画面は正しく前半のハイテンションシーンと呼応し合い:ヒロインの執事(マルヴォ―リオ)が「偽」のラブレターを拾った際に、歌い上げた狂気な幻想、このシーンでは役者らは、ほぼ裸で、手に歌詞のカンペを持って下半身を隠しながら、次から次へと執事の後ろを通り過ぎて行き、絶妙なユーモアを引き立てた。恋を謳歌するように見えるこの喜劇中に、脇役(マルヴォ―リオ)の感情が往々にして翻弄され、嘲笑わられたあげく、良い終結を全うすることができない。全編にわたって流山児祥の「真」「偽」の弁証法を通じて、シェイクスピア晩年の鬱憤な世間のしがらみは少しずつ繊細に浮き彫りになる。

近年では国際的コラボレーションが盛んであるが、演出家が言語的隔たりによって情緒や関係性に対する表現の手加減を間違ってしまう問題がよく見える。にもかかわらず、多数のコラボ経験を積み重ねてきた流山児祥の作品には、非の打ち所なく、国際コラボレーションの模範と言っても過言ではない

画像に含まれている可能性があるもの:9人、、スマイル、群衆



2019-03-20 16:36 この記事だけ表示   |  コメント 0

去年12月台北藝大で上演した『十二夜』の長編劇評がでました。ご一読ください。

★台湾藝術雑誌ARTALK 長編評論『第十二夜』
BY:鴻鴻 (詩人、作・演出家)  翻訳/陳重穎

2018年年末、僅か2ヶ月の間に、シェイクスピアのラブ・コメディー『十二夜』をミュージカルに改編された作品が台湾で2回も上演された。10月の淡水雲門劇場(淡水Cloud Gate Theater)での公演は、台南人劇団バージョンで、時代背景は1930年代の上海に設定され、生演奏を伴い、クラブをメイン・ステージに、歌と踊りを合理化させた上に、「人生こそお芝居」というテーマを浮き彫りにした。一方、12月の国立台北藝術大学演劇学部バージョンは、「日本アングラ演劇の帝王」である流山児祥が客員演出家として演出。注目すべきは、音楽担当は両方とも柯智豪(カー・チーハゥ)だった。彼の豊富な劇場経験によって、伝統音楽を始め、ポップ、ジャズ、テクノ、抜群な取捨選択のセンスで、二つの『十二夜』のカンパニーに招かれたのも偶然ではないかもしれない。

流山児祥は2002年『狂人教育』を台湾で上演以来、台湾の演劇業界を震撼させ続けている。彼の劇団(流山児★事務所)及び、シニア劇団(楽塾、シアターRAKU)の多数の巡回公演にせよ、UURTHEATERとの二回のコラボであった『マクベス』と『嫁妝一牛車』にせよ、鮮明なスタイルは一目瞭然で、今回の北藝大の学生らとコラボした『十二夜』もまた、その流山児スタイルを極致に至るまで発揮した。

エネルギー全開のパフォーマンス、千変万化の場面変化、パッと、ビシッと、ズバッと、のリズムで切り替え、いたずらに劇中から抽出して劇場の現場から観る「メタシアター的視点」、そして「脇役=民衆の視点」を際立たせる群集シーン。

これらの特徴はただの芸術的選択ではなく、むしろ流山児祥の世界観に密接に関係している。群集シーンを例として説明すると、シェイクスピアの芝居は、そもそも「多数の脈絡」が織りなされながら、鮮明な個性の持つ脇役も少なくない。流山児祥はこれを使いこなし、モンタージュ手法で「多数の脈絡」を同時に視覚化させた上、役者たちに個々人の差異を帯びた歌舞団に集結させ、時折メインラインの周囲で傍観し、批評、煽動する。同時に、何人かの「庶民=道化」を登場させ、観客に対してツッコんだり、愚痴をこぼしたり、袖のスタッフと対話したりする状況をも配置し、さらに彼らに「途中休憩」の主導権もあたえ、暫くの間、舞台の中心を占拠させて芝居の焦点を移転する傍ら、「庶民=道化」こそが「世界を突き動かす歯車である」ことを指示し、徹底的に観客のココロを揺さぶる。

台南人劇団の『十二夜』カンパニーのような演技力と歌唱力のある役者とは違い北芸大バージョンは他の学生制作と変わらず、表現力に若干優劣があるのは否めない。開演し始めて直に役者の台詞の言い方や歌い方にやや不十分なところがあると感じ取れたが、間もなく、この問題は徐々に重要視されなくなる 〜 彼らの集団的エネルギー及び金の含有率の極めて高いパフォーマンスにおける細部のデザインが、繰り返し、繰り返されて観客に感情的共鳴を呼び起こす〜各キャラクターの独特な動きにジャングリング芸人さながらの身体表現がシェイクスピア的ドラマコメディをビジュアル的インパクトの鮮明な個性的演劇に変容させる。なおかつ、ジェンダー、セクシュアリティ、階級意識等を頻繁に芝居に持ち込み、原作の裏に潜む意味を曝きだし、このキャラ的倒錯の芝居を鑑賞する観客の視点を反復に調整している。

『十二夜』のコメディ的核心は、双子の扮装及び勘違い、「ジェンダー的装い」が生じた無力感と錯謬は現代における経験に繋がれやすい。劇中の兄妹を同一人物と見間違われるいきさつは、古典コメディによく使われるネタであるが、今時の演出には往々にして視覚的不合理さがある。シェイクスピアの時代では全ての女性役は男性が演じたが、流山児祥はそれを逆転し、兄弟二人とも女性に演じさせ、二人におけるリアリティのズレを最低限にさせる。そして、観客が全編にわたって妹が男装したことを知った上で、最後に兄役も女性役者が演じるのを見ても違和感すら感じられなかった。一方が「劇の中」のズボン役で、もう一方は「劇の外」のズボン役、さらに、芝居中に入ったり傍観的視点で抽出したりするメタフィクションによって、文脈がより一層整理整頓されたように覚える。

兄妹再会後に、全役者が客席まで乱入し、劇場全体を巻き込んでダンスすると同時に、スタッフらが舞台をバラし始める。まるで、喜劇のありきたりなハッピーエンドであると思いきや、向かってくるのはそれと違う意味深長なエンディング ― 役者全員が踊り疲れ果て舞台に倒れてしまい、そして、ゆったりと、靴を脱ぎ、劇場外へと立ち去っていく。役者たちの一足一足の靴が舞台上に残され、さながらキャラクターのお面のよう、再び「演じる」というメインテーマを提示し、舞台に湧き溢れた熱狂的リズムの終焉に、悠々たる余韻が流れ始める。

この画面は正しく前半のハイテンションシーンと呼応し合い:ヒロインの執事(マルヴォ―リオ)が偽のラブレターを拾った際に、歌い上げた狂気な幻想、このシーンでは役者らは、ほぼ裸で、手に歌詞のカンペを持って下半身を隠しながら、次から次へと執事の後ろを通り過ぎて行き、絶妙なユーモアを引き立てた。恋を謳歌するように見えるこの喜劇中に、脇役(マルヴォ―リオ)の感情が往々にして翻弄され、嘲笑われたあげく、良い終結を全うすることができない。全編にわたって流山児祥の「真」「偽」の弁証法を通じて、シェイクスピア晩年の鬱憤な世間のしがらみは少しずつ繊細に浮き彫りになる。

近年では国際的コラボレーションが盛んであるが、演出家が言語的隔たりによって情緒や関係性に対する表現の手加減を間違ってしまう問題がよく見える。にもかかわらず、多数のコラボ経験を積み重ねてきた流山児祥の作品には、非の打ち所なく、上手く学生制作をプロ級の演劇レベルに昇華させ、国際コラボレーションの模範と言っても過言ではない


画像に含まれている可能性があるもの:2人、オンステージ(複数の人)、靴

2019-02-08 20:42 この記事だけ表示   |  コメント 0

流山児祥台北藝大演出家コースで出色のビル全体を使った重田誠治:演出作品『冬の博物館』写真見てやってください。


画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)、夜、テーブル、室内、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:空
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、夜、室内
画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、室内
+32
2019-01-25 16:53 この記事だけ表示   |  コメント 0

というわけで、昨夜は台北芸大演劇学部の大学院流山児祥演出クラスの送別会。とっても「優秀な若き演出家」たちと。一杯喋った。
みんな、また、会おうぜ。ありがとう。

今日はイーランまで足を延ばして最後の台湾の夜。

明日はイーラン観光、深夜に台北、17日お昼には東京。

8か月の台湾生活も終わりである。

画像に含まれている可能性があるもの:9人、、Show  Ryuzanjiさん、吳子敬さん、莊衿葳さん、りょうけい しんさん、吳暋泓さん、陳重穎さんなど、、スマイル、立ってる(複数の人)





2019-01-15 20:43 この記事だけ表示   |  コメント 0

流山児祥「演出家コース」フェスティバル6日目である。
ビル全体を劇場化=博物館にしてしまった重田誠治:演出の『冬の博物館』

野外劇。観客はレッドカーペットを通って客席へ。
当初のイメージ通りの重田ワールドをちゃんとやってくれた。兎に角、凄い事である。学生がやりたいことを「自由に」やらせてくれる大学もすごい。

暗闇に明かりがつくと博物館の男がシルエットに浮かび上がりモノローグが始まる。大がかりな装置、オブジェ、絵画、屋上も遠景も、いやあ、面白かった。5人の役者も実にイイ。『第十二夜』チームのユキもルーシーも良かったよ。雨も降らず、あと2ステージ、愉しんでやれよ。

画像に含まれている可能性があるもの:8人、、陳重穎さん、Lucy Yehさん、Show  Ryuzanjiさんなど、、スマイル、立ってる(複数の人)、室内
画像に含まれている可能性があるもの:夜
画像に含まれている可能性があるもの:室内

2019-01-13 16:24 この記事だけ表示   |  コメント 0
(台北 11日 中央社)政府は10日の行政院院会(閣議)で、文化発展の基本的原則や施政の方向性を定めた「文化基本法」草案を決定した。行政院(内閣)が政策目標の一つとして掲げる「文化あふれる台湾」の実現を目指す。
草案には、創作、表現の自由などの文化的権利が明記され、国がこれらの権利を保障し、発展を積極的に推進することのほか、文化政策の基本方針の策定、中央政府および地方政府による4年に1度の文化会議開催を含むガバナンス体制の再建、文化関連業務と制度の健全化などが示された。
草案は文化部(文化省)が2016年12月から作成に着手し、専門家を集めた諮問会議や公聴会、市民参加型フォーラム・会議などで話し合われた意見を基にまとめた。
文化部によれば、現行の文化政策が直面している問題や制限を改善することが法制定の目的の一つ。十分な予算を保障するとともに基金を設立し、予算の管理・運用に柔軟性を持たせるほか、文化・芸術関連の調達に関して政府調達法とは別の規則を設けることなども盛り込まれた。
法案は立法院(国会)に送られる。
(顧セン/編集:名切千絵)
2019-01-13 16:21 この記事だけ表示   |  コメント 0

昨夜は桐朋学園の教師で演劇評論家の高橋宏幸氏も観劇してくれた9月・10月に8回開講した「流山児祥演出家コース」の生徒6人の発表フェスティバル(台北藝大初の試み)も、愈々、明日:13日(日)で終幕です。

6人の演出家がそれぞれ全く違うアプローチで村上春樹の短編にインスパイアされた作品を創っています。それもかなり高い水準の力作ぞろいです。日々、私自身が「勉強の日々」です。で、今日と明日が最もスペクタクルな2作品です。

台湾の若者たちの身体に確実に存在する「政治性=体制に対する違和」が、演技の骨格である当事者性が舞台に現出する。日本の若者の薄っぺらさではなく、妙に、温度を持った「リアル」や「エロス」が立ち上がる。村上春樹のテキストは合湾や韓国の若者の『現在』を描くのには合うのかもしれない・・・・なんてことを考えている1週間である。

日曜スペシャルは劇場の内と外!で2本の作品が観られます。是非、おいでください。「入場無料」です!!

ビル全体を劇場=博物館にしてしまった重田誠治:演出の『冬の博物館』、まさに野外劇。昼に散歩がてら「仕込み」を観てきたが凄い!の一言。音響も照明も凄い、おまけに観客のレッドカーペットまで創ってるぜ。セットも大がかり、各階にも装置、屋上も遠景も・・・・・よくぞやった!これだけで、褒めてとらす。プレゼンの時は無理だろ?それは、と思ったが・・・・曇り空の本番3時間前だが降らないでと祈るしかない。

明日は千穐楽。ウエイウエイ:演出の祝祭革命劇『踊る小人』、夜の回をウエイウエイが20時30分にしてくれた。19時30分に『冬の博物館』のラストステージを観て『踊る小人』のファイナルへおいでください。

いや、素敵な生徒たちである。14日(月)打ち上げで大いに飲もうぜ!

かくして、6か月の台北生活ももうすぐ終わりである。


画像に含まれている可能性があるもの:1人
画像に含まれている可能性があるもの:テキスト
2019-01-12 17:46 この記事だけ表示   |  コメント 0

OURシアターが《嫁妝一牛車》に続いて《再約》も第17回台新芸術賞にノミネートの快挙!2作品ノミネートです!
まさに、2018年台湾演劇界トップに嘉義OURシアターが躍り出た年になったね、凄い!おめでとう!!


talks.taishinart.org.tw

提名總數34件,依展演時間排序。提名觀察人個別提名名單、提名理由請詳…
2019-01-11 21:36 この記事だけ表示   |  コメント 0

關渡には何もない、と言ってごめんなさい。
今日、あっちこっち歩いてみたら「なんでもあり」ました。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、食事(複数の人)、食べ物、室内
画像に含まれている可能性があるもの:Show  Ryuzanjiさん、歩き、空、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:Show  Ryuzanjiさん、室内
写真の説明はありません。
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、木、屋外、食べ物

2019-01-11 11:46 この記事だけ表示   |  コメント 0
画像に含まれている可能性があるもの:8人、オンステージ(複数の人)、室内

  • 8日(火)@国立台北教育大学美術館でお昼すぎから3時間、ほぼノンストップで楽塾22年史とパラダイス一座について語った。『水色の雨』から『十二夜』まで映像で観るとその変化と変わらなさに驚いた。70人余りの超満員の皆さんも喜んでくれていた。台湾のシニア演劇のこれからに少しでも役に立ったら嬉しい限りです。OURtheaterと國藝會の皆さんに感謝。センさん、畝部お疲れ様でした。
2019-01-10 10:36 この記事だけ表示   |  コメント 0