公演情報

座・高円寺 冬の劇場25
流山児★事務所 公演
『雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた』

作/清水邦夫 
演出/西沢栄治 
芸術監督/流山児祥

2019年
2月1日(金)〜10日(日)
会場:座・高円寺1

1982年初演、清水邦夫のまぼろしの名作が今よみがえる!


 

*************

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

というわけで、昨夜は台北芸大演劇学部の大学院流山児祥演出クラスの送別会。とっても「優秀な若き演出家」たちと。一杯喋った。
みんな、また、会おうぜ。ありがとう。

今日はイーランまで足を延ばして最後の台湾の夜。

明日はイーラン観光、深夜に台北、17日お昼には東京。

8か月の台湾生活も終わりである。

画像に含まれている可能性があるもの:9人、、Show  Ryuzanjiさん、吳子敬さん、莊衿葳さん、りょうけい しんさん、吳暋泓さん、陳重穎さんなど、、スマイル、立ってる(複数の人)





2019-01-15 20:43 この記事だけ表示   |  コメント 0

流山児祥「演出家コース」フェスティバル6日目である。
ビル全体を劇場化=博物館にしてしまった重田誠治:演出の『冬の博物館』

野外劇。観客はレッドカーペットを通って客席へ。
当初のイメージ通りの重田ワールドをちゃんとやってくれた。兎に角、凄い事である。学生がやりたいことを「自由に」やらせてくれる大学もすごい。

暗闇に明かりがつくと博物館の男がシルエットに浮かび上がりモノローグが始まる。大がかりな装置、オブジェ、絵画、屋上も遠景も、いやあ、面白かった。5人の役者も実にイイ。『第十二夜』チームのユキもルーシーも良かったよ。雨も降らず、あと2ステージ、愉しんでやれよ。

画像に含まれている可能性があるもの:8人、、陳重穎さん、Lucy Yehさん、Show  Ryuzanjiさんなど、、スマイル、立ってる(複数の人)、室内
画像に含まれている可能性があるもの:夜
画像に含まれている可能性があるもの:室内

2019-01-13 16:24 この記事だけ表示   |  コメント 0
(台北 11日 中央社)政府は10日の行政院院会(閣議)で、文化発展の基本的原則や施政の方向性を定めた「文化基本法」草案を決定した。行政院(内閣)が政策目標の一つとして掲げる「文化あふれる台湾」の実現を目指す。
草案には、創作、表現の自由などの文化的権利が明記され、国がこれらの権利を保障し、発展を積極的に推進することのほか、文化政策の基本方針の策定、中央政府および地方政府による4年に1度の文化会議開催を含むガバナンス体制の再建、文化関連業務と制度の健全化などが示された。
草案は文化部(文化省)が2016年12月から作成に着手し、専門家を集めた諮問会議や公聴会、市民参加型フォーラム・会議などで話し合われた意見を基にまとめた。
文化部によれば、現行の文化政策が直面している問題や制限を改善することが法制定の目的の一つ。十分な予算を保障するとともに基金を設立し、予算の管理・運用に柔軟性を持たせるほか、文化・芸術関連の調達に関して政府調達法とは別の規則を設けることなども盛り込まれた。
法案は立法院(国会)に送られる。
(顧セン/編集:名切千絵)
2019-01-13 16:21 この記事だけ表示   |  コメント 0

昨夜は桐朋学園の教師で演劇評論家の高橋宏幸氏も観劇してくれた9月・10月に8回開講した「流山児祥演出家コース」の生徒6人の発表フェスティバル(台北藝大初の試み)も、愈々、明日:13日(日)で終幕です。

6人の演出家がそれぞれ全く違うアプローチで村上春樹の短編にインスパイアされた作品を創っています。それもかなり高い水準の力作ぞろいです。日々、私自身が「勉強の日々」です。で、今日と明日が最もスペクタクルな2作品です。

台湾の若者たちの身体に確実に存在する「政治性=体制に対する違和」が、演技の骨格である当事者性が舞台に現出する。日本の若者の薄っぺらさではなく、妙に、温度を持った「リアル」や「エロス」が立ち上がる。村上春樹のテキストは合湾や韓国の若者の『現在』を描くのには合うのかもしれない・・・・なんてことを考えている1週間である。

日曜スペシャルは劇場の内と外!で2本の作品が観られます。是非、おいでください。「入場無料」です!!

ビル全体を劇場=博物館にしてしまった重田誠治:演出の『冬の博物館』、まさに野外劇。昼に散歩がてら「仕込み」を観てきたが凄い!の一言。音響も照明も凄い、おまけに観客のレッドカーペットまで創ってるぜ。セットも大がかり、各階にも装置、屋上も遠景も・・・・・よくぞやった!これだけで、褒めてとらす。プレゼンの時は無理だろ?それは、と思ったが・・・・曇り空の本番3時間前だが降らないでと祈るしかない。

明日は千穐楽。ウエイウエイ:演出の祝祭革命劇『踊る小人』、夜の回をウエイウエイが20時30分にしてくれた。19時30分に『冬の博物館』のラストステージを観て『踊る小人』のファイナルへおいでください。

いや、素敵な生徒たちである。14日(月)打ち上げで大いに飲もうぜ!

かくして、6か月の台北生活ももうすぐ終わりである。


画像に含まれている可能性があるもの:1人
画像に含まれている可能性があるもの:テキスト
2019-01-12 17:46 この記事だけ表示   |  コメント 0

OURシアターが《嫁妝一牛車》に続いて《再約》も第17回台新芸術賞にノミネートの快挙!2作品ノミネートです!
まさに、2018年台湾演劇界トップに嘉義OURシアターが躍り出た年になったね、凄い!おめでとう!!


talks.taishinart.org.tw

提名總數34件,依展演時間排序。提名觀察人個別提名名單、提名理由請詳…
2019-01-11 21:36 この記事だけ表示   |  コメント 0

關渡には何もない、と言ってごめんなさい。
今日、あっちこっち歩いてみたら「なんでもあり」ました。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、食事(複数の人)、食べ物、室内
画像に含まれている可能性があるもの:Show  Ryuzanjiさん、歩き、空、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:Show  Ryuzanjiさん、室内
写真の説明はありません。
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、木、屋外、食べ物

2019-01-11 11:46 この記事だけ表示   |  コメント 0
画像に含まれている可能性があるもの:8人、オンステージ(複数の人)、室内

  • 8日(火)@国立台北教育大学美術館でお昼すぎから3時間、ほぼノンストップで楽塾22年史とパラダイス一座について語った。『水色の雨』から『十二夜』まで映像で観るとその変化と変わらなさに驚いた。70人余りの超満員の皆さんも喜んでくれていた。台湾のシニア演劇のこれからに少しでも役に立ったら嬉しい限りです。OURtheaterと國藝會の皆さんに感謝。センさん、畝部お疲れ様でした。
2019-01-10 10:36 この記事だけ表示   |  コメント 0

今年5月シアターRAKUでお世話になる本多劇場、
今年1年の皆さんの安寧を願って台北保安宮。

画像に含まれている可能性があるもの:1人
画像に含まれている可能性があるもの:Show  Ryuzanjiさん、室内

2019-01-07 19:47 この記事だけ表示   |  コメント 0
いうことで、12月29日から1月5日の年末年始帰京し、忘年会、稽古場と呑んで、水族館劇場、佃典彦の芝居を観て、また呑んで1月6日(日)お昼過ぎに台北に帰ってきました。
台北駅の温度を観たら20度!やはり、暖かいです。

で、明日からわたしが8月、9月、週一回の8回講義の「流山児祥演出家コース」に付き合った7人のメンバーのうち6人が1週間発表公演・フェスティバルを明日7(月)〜13日(日)まで@國立臺北藝術大學戲舞大樓T2103、國立臺北藝術大學戲舞大樓中庭で開催します。もちろん『入場無料」です。

村上春樹の短編小説にインスパイアされた6編。
自分で脚本を書いても良し、とにかく他人に頼んでも良し、で30分以上の「作品」を創って・・・・という課題で6人が悪戦苦闘して創ったモノです。

大学の授業ではなにやら「概念発表」というモノをやるらしくて、色んな「概念発表」を見せてもらった。面白かった。簡単に言えば台本・美術・衣装・照明等のプランのプレゼンである。毎回、物凄い量のプレゼンでおいおい、それ出来るの?というのもあった。5時間の授業はもちろん、私もしゃべるが7人の相互討論がおもしろかった。稽古の状況も映像で2回みたが「役者への視点」が、ほぼ甘くて、なんじゃこりゃ!わかんないよ!と、しょっちゅう言っていた。

その後は『第十二夜』の稽古でまったく稽古は見ていないし付き合ってもいない。だから、明日からの本番を観るのがお愉しみである。14日(月)にはみんなと一緒に打ち上げをやる事にしている。

もしお時間があったら次世代の台湾演劇を担う逸材?がいるかもしれないので是非、ご来場ください。

この公演が終わると6か月の特任教授生活も終えて帰国、2月公演『雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた』と5月シアターRAKU公演『女の平和〜エロスインワンダーランド』の現場に帰ります!!


流山兒祥2018,9月於國立臺北藝術大學任客座教授
〖七個導演學生,七個導演劇場演出展演〗
以村上春樹短篇小說選【螢火蟲】為創作發想

七個導演・四篇短篇小說:
【螢火蟲 ・ 隨盲柳入眠的女子 ・ 三個關於コ國的幻想 ・ 跳舞的小矮人】

指導老師:流山児 祥

口譯老師:沈亮慧

演出日期:2019/01 /07−− 01/13
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

《天譴−睡女篇》−−改編自〈隨盲柳入眠的女子〉
演出場次:
01/07 (一)19:00、21:00
演出場地:
國立臺北藝術大學戲舞大樓T2103
導演│吳子敬
演出│崔台鎬、楊宇政、陳弘洋、吳靜依、張語歡、吳峽寧、蔡傳仁、劉冠佑、潘又瑞
服裝造型設計│陳則、、林有剛
燈光設計│陳崇文
音效執行│鄭悠

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

吳m賢 《螢火蟲》−−改編自〈螢火蟲〉
演出場次:
01/09(三)19:00、21:00
演出場地:
國立臺北藝術大學戲舞大樓T2103
導演:吳m賢
演出:許庭禎、劉寶鈴、林書函、李東霖
燈光設計:陳崇文
服裝設計:陳諺柔

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

《三個關於_國的幻想》改編自〈三個關於コ國的幻想〉
演出場次:
01/10(四)19:00、21:00
演出場地:
國立臺北藝術大學戲舞大樓T2103
編導:吳暋泓
劇本日文翻譯:施震堂
舞台監督:黃上嘉
舞台設計:蔡岳泰
服裝設計:郭馥靈
燈光設計:林秉マ
技術設計:伍亞軒
演員:張欣、張敬、黃品媛、鍾凱文、羅コ弘
平面攝影:Joejoe Tsai
平面設計:蔡岳泰
行政執行:陳以臻、周品嘉
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

《28號公車》−−改編自〈隨盲柳入眠的女子〉
演出場次:
01/11(五)19:30、21:00
演出場地:
國立臺北藝術大學戲舞大樓T2103
導演:潘品丰
編劇:陳湘怡
舞台設計:江翌綾
技術設計:陳c穎
服裝設計:黃ス慈
燈光設計:林翰生
影像設計:林志鴻
音效設計:李懿沛
舞台監督:陳、蓁
平面設計:張嫚芯
文本翻譯:陳重穎

演員:賀駿騏
劉馨檜
黃g雯
許芳墐
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

《冬季博物館》−−改編自〈三個關於コ國的幻想〉
演出場次:
01/12(六)19:30、21:30
01/13(日)19:30
演出場地:
國立臺北藝術大學戲舞大樓中庭
導演|重田誠治
舞台設計|楊舜閎
舞台設計助理| 許之卉、張竣凱
燈光設計|曹芯慈
燈光技術|李思穎
服裝設計|陳諺柔
音樂設計|邱沛禎
技術設計|吳c穎
演員|張敬、蔡秉宏、黃冠傑、陳虹均、葉蒨蓉

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

《跳舞的小矮人》−−改編自〈跳舞的小矮人〉
演出場次:
01/13(日)16:00、19:00
演出場地: 國立臺北藝術大學戲舞大樓T2103

導演|莊衿葳
舞台監督|潘則安
舞台設計|楊舜閎
舞台設計助理|黃奕綺
舞台技術|王雲祥
服裝設計|張靖盈
燈光設計|唐敬雅
音樂設計|劉文奇

發表人|羅振佑
主持人|高凱琳/程時雍/王浚銘/馬洛書/林向

詳細場次演出,將定期公告!敬請期待!

2019-01-06 20:43 この記事だけ表示   |  コメント 0

台北に帰って、1月8日(火)13時30分〜16時30分
※流山児祥レクチャー開催します。
@台北教育大学北師美術館 楼演講廰
「日本のシニア演劇〜シアターRAKU21年の実践を語る〜」


画像に含まれている可能性があるもの:7人、、スマイル、テキスト
阮劇團 Our Theatre

快來報名流山兒導演的座談~名額有限,機會難得唷!
報名網址:https://goo.gl/VyZFcN

【共融藝術 國際經驗座談】

◎時間:2019年1月8日(二) 13:30-16:30
◎地點:臺北教育大學北師美術館一樓演講廳(台北市大安區和平東路二段134號)
◎講者::流山兒祥
◎講題:關於日本高齡劇團的活動−流山兒21年的實踐
「日本のシニア演劇について。流山兒の、21年間の実践についてお話します。」

台灣即將邁入高齡社會,表演藝術準備好迎接高齡社會了嗎?今年71歲的流山兒祥導演,將分享過去21年來,他如何帶著高齡者劇團一路走來至今仍活躍於亞洲表演藝術圈的經驗談。

◎有日本小劇場地下帝王之稱的流山兒祥導演,除了以流山兒事務所進行劇場創作為人熟知,近年來也在台灣進行戲劇工作,目前為北藝大戲劇學系客座教授。流山兒祥早在1996年就創辦了為45歲以上的成人設立的劇團-樂塾(已更名為樂劇團)於日本及海外巡演,更於2006年創辦平均年齡80歲的天堂一座,是日本樂齡劇團的先驅。

★線上報名,額滿為止。
★講座以日文進行,現場備有中文翻譯。

主辦單位:國家文化藝術基金會
共同主辦:國立臺北藝術大學院戲劇學系
承辦單位:阮劇團

2019-01-03 13:20 この記事だけ表示   |  コメント 0