公演情報

流山児★事務所 2020第一弾
『コタン虐殺』
作・演出:詩森ろば

下北沢 ザ・スズナリ

cotanuranew1230.jpg



1974年、北海道白老町で、
町長が若い男に刺されるという事件が起こる。
犯人は最初アイヌを名乗っていたが、
実はそれは嘘で、
本州から来た運動家であることが、
徐々に明らかになる・・・

「OKINAWA1972」で
流山児★事務所とタッグを組んだ詩森ろばが
今回は北海道、「白老町長襲撃事件」を焦点に
新作を書き下ろします。

◎日程・・・
2020年2月1日(土)〜9日(日)
1(土)19:00
2日)14:00
3(月)19:00
4(火)19:00
5(水)14:00
6(木)14:00/19:00
7(金)14:00
8(土)14:00/19:00
9(日)14:00
当日券の発売は開演の1時間前より
開場は開演の30分前より

●会場・・・
下北沢ザ・スズナリ 
 

●チケット詳細はこちら

◎出演
伊藤弘子
上田和弘
甲津拓平
イワヲ
荒木理恵
流山児祥
(以上、流山児★事務所)

村松恭子
みょんふぁ
田島亮(serial number)
杉木隆幸
藤尾勘太郎
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)

演奏
鈴木光介(時々自動)

お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com

 

 

流山児★事務所
2018年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

流山児★事務所『由比正雪』インドネシアツアー
3月6(金)@ジョグジャカルタTEATER GARASI
※公開リハーサル開催

3月10(火)・13(水)20時 @ジャカルタSALIHARA
3月14(土)@19時30分西スマトラPADANGPANJANG

劇場でお待ちしています!

愈々、流山児★事務所は3月3(火)インドネシアに向けて出発します。

写真の説明はありません。



2020-03-02 19:06 この記事だけ表示

流山児★事務所『由比正雪』2020アジアツアーに向けて最終チェック。

思いも掛けないデンジャラスな日々が続く中、きっちり来週早々のインドネシア出発に向けて、諦めず「最後まで」準備を進めていきます。

まさに『由比正雪2020インターナショナルバージョン』といった作品に成長しています。劇とカンパニーの中心軸をキッチリ背負っているのが、モチロン、伊藤弘子です。

伊藤弘子は1991年『マクベス』韓国ツアーから30年余りのワールドツアーほぼ、すべてに出演し流山児★事務所の文字通り国際的看板女優です。


画像に含まれている可能性があるもの:1人

2020-02-28 19:15 この記事だけ表示

☆☆Ryuzanji Company Asian Tour Project 2020☆☆

《YUI SHOSETSU - Rebel Samurai》

☆Introduction☆

Yui Shosetsu (1605-51) was a rebel during the early Edo period who tried unsuccessfully to overthrow the governing Tokugawa regime. His plot was discovered, and he committed suicide. The playwright, Kara Juro identified with this rebellion and portrayed himself as a rebel against Japan’s burgeoning postwar system.

In 1968, rebellions were simultaneously being raised by young people all over the world. This global student movement spread to universities throughout Japan. This influenced the avant-garde movement, which blew a new wind into Japan’s world of arts and culture. Kara Juro, the hero of Japan’s avant-garde theatre movement, erected a red tent in the middle of a park in the rapidly growing city of Tokyo and put on the story of Yui Shosetsu. This red tent became a symbol for young artists who were dissatisfied with the existing system and tried to create new areas for their activities.

Ryuzanji Show is the artistic director of Ryuzanji Company and was one of the young people fascinated by Juro Kara. He made his debut as an actor with this play after becoming a member of the Red Tent Theatre Company. He is now producing this energetic performance of Yui Shosetsu for his 2020 world tour in celebration of the 35th anniversary of the foundation of Ryuzanji Company.

《Yogyakarta》
@Teater Garasi
Jl. Jomegatan No. 164 B, RT. 04, Ngestiharjo, Kasihan, Jomegatan, Ngestiharjo, Bantul, Daerah Istimewa Yogyakarta
2020.3.6(Fri.) : open rehearsal
Contact 62-21-7891202

《Jakarta》
@Komunitas Salihara Arts Centre
Ps. Minggu, Kec. Ps. Minggu, Kota Jakarta Selatan, Daerah Khusus Ibukota Jakarta,
2020.3.10(Tue.), 3.11(wed.)
Contact 62-21-7891202

《adang Panjang, West Sumatra》
@Gedung Pertunjukan Hoerijah Adam
-Institut Seni Indonesia (ISI) Padangpanjang-
Guguk Malintang, East Padang Panjang, Padang Panjang City, West Sumatra 27118, Indonesia
2020.3.14(sat)

☆☆KARA Juro (唐 十郎)☆
《Born in Tokyo in 1940, Kara graduated from Drama and Theater Arts at Meiji University and started the Jokyo Gekijo theater company in 1963. Since his first Red Tent production at Hanazono Shrine in Shinjuku in 1967, performances in tents have remained at the heart of his activities. His company performed in Korea in 1972, in Bangladesh in 1973, and in refugee camps in Lebanon in 1974.
He was at the forefront of Japan’s underground theater movement, directing plays featuring monologues replete with lyrical romanticism and performed by actors with superb physiques. In 1970 KARA won the KISHIDA Drama Award with “The Virgin's Mask” and in 1982 he won the AKUTAGAWA Award as well as other awards with “A Letter from Sagawa.” In 2006, he was awarded the Yomiuri Theater Award's Honors Prize and Meiji University's Special Award for Lifetime Achievement. He has worked as an actor in theatre and film, and has also appeared in dramas and commercial

☆Synopsis☆
The era is Edo (1603 – 1868). The scene is the bank of a wide river.
To the south, a rebellion has been suppressed, and as a result, not a single blade of grass remains. Just one person returns from the south alive, the samurai Hanbei who comes looking for Yui Shosetsu. He finds someone who looks similar and tries his luck, but the person who meets him is not a samurai, but a swordmaster, Jubei, who has gotten lost in pursuit of the truth of the sword.
The next person to come to the riverbank is Marubashi Chuya, a spearmaster, but he just sings and is very weak. (In fact, he is only pretending to be an idiot as he waits for the revolution.) Then, the dashing Yui Shosetsu appears from the south and laments the misery of the south. However, an old woman who is Shosetsu's mother shouts out that this man is an imposter. Before the angry Shosetsu stands a man with a mysterious mask.

Who is this, who appeared in front of the samurai waiting for their hero, Yui Shosetsu?
Are there any heroes?
No? Will he come? No?
If there are no heroes, how will you live?

☆Cast☆
KANAI Hanbei IWAO
YAGYU Jubei KOZU Takuhei
MARUBASHI Chuya IMURA Takao
palanquin bearer Gonza V. GINTA
alanquin bearer Sukeju YAMASHITA Naoya
YUI Shosetsu TANI Munekazu

Yozakura the nightwalker HIRANO Naomi
Komeko the nightwalker YAMAMARU Rin
Pekeko the nightwalker HOSHI Misaki
Anako the nightwalker HARU Haruka

Black-toothed Ogin ITO Hiroko
Half-masked man SATOMI Kazuhiko
Detective Heiji UEDA Kazuhiro
&RYUZANJI Show
<Staff>
Choreography: JINZAI Hiromi
Fight Choreography: UEDA Kazuhiro
Stage design: V. GINTA
Lighting design: OKUDA Kenta (colore)
Sound design: TAKASHIO Ken
Costume design: TAKEUCHI Yoko
Stage manager: KOBAYASHI Iwao
Lighting operation: MINAKATA Yuri
Sound operation: SUWA Sou
Subtitle operation: HASHIGUCHI Kana
English translation: TANAKA Claire
Company manager: UNEBE Nanaho

<Indonesia Project Team>
  Tomomi Yokosuka
  Lusia Neti Cahyani
  Dede Pramayoza
  Theodorus Christanto

Production: RYUZANJI COMPANY

Supported by the Agency for Cultural Affairs, Government of Japan through the Japan Arts Council

☆Ryuzanji Company☆

Ryuzanji Company has its origins in Japan’s Angura (underground) theatre movement of the 1960s, a time when Japan’s contemporary theatre culture underwent a revolution. Show Ryuzanji founded the company in 1984 after participating in two of the major Shogekijo movement theatre companies, Jokyo Gekijo (led by Kara Juro) and Waseda Shogekijo (led by Tadashi Suzuki).

Ryuzanji Company operates under the vision that "theatre is an asylum", creating a new theatre network within Japan and around the world together with "friends we haven't met yet." Theatre is truly the asylum of the masses - a place for encountering, making, watching, and gathering together - this is the eternal challenge of theatre people.

Ryuzanji has also established "Rakujuku" (1998~) a troupe of local adults open to people aged 45 and older, and the senior theatre company "Paradise Ichiza" (2006~) members of whom have an average age of 82. In 2012, Rakujuku performed in its first overseas festival at the Fringe Festival in Victoria, Canada, and won the prize for Best Ensemble. These groups are creating an unprecedented theatrical revolution with their motto of "Watching something fun makes you feel good!" The groups are at the forefront of Japan's emerging senior theatre movement.

2020-02-25 00:33 この記事だけ表示

2020-02-25 00:31 この記事だけ表示

『由比正雪』の名シーン
伊藤弘子の歌うお歯黒お銀のバラードは名曲です。
演奏はマリア観音!井村タカオとのデュットはサイコ―。
ジャカルタで世界的パンクバンド:マージナルと競演したいものである。『西遊記』で競演したマージナルがゲネプロにやってくる。出発まであと1週間。

撮影:横田敦史

画像に含まれている可能性があるもの:2人、伊藤 弘子さんを含む、オンステージ(複数の人)


2020-02-22 11:19 この記事だけ表示

唐十郎唯一の革命時代劇『由比正雪』2020アジアツアー稽古、快調に飛ばしています。『由比正雪』は、名作戯曲『ゴドーを待ちながら』と『袴垂れはどこだ』、大島渚の映画世界が奇妙にコラージュされたような、ナンセンスでそれでいてパワフルな底辺の無名の民衆のエネルギーが横溢し、時代への挑発に彩られた若き唐十郎のまさに「アングラ魂」炸裂の「歌舞く」音楽劇です。

若き唐十郎の無名ゆえの、歴史と社会へのピュアな異議申し立て=革命への渇望が「ここにある」

よりパワフルにギラギラでやります、
ゴツゴツした言葉とカラダが荒々しくぶつかります。
『卒塔婆小町』『花札伝綺』『西遊記』に続く3回目のインドネシア!のファンたちが熱狂するのが今から想像されます。ご期待下さい。

アジアのRYUZANJI!が行きます。
もう暫く、お待ちください。


今夜は初の「粗通し」です。一気に行きます!!

実寸の新セットを立て役者たちがメチャクチャ大きく動き回っています。もっと、大胆不敵に!!

30年近いワールドツアー史上最大の物量!ザ・流山児☆時代劇!『由比正雪』初のアジアツアーです。
2019年入団の美人新人女優:春はるか初の海外デビュー。山丸莉菜、星美咲、平野直美、伊藤弘子:流山児★事務所人気女優陣・・夢の競演。

撮影:横田敦史

画像に含まれている可能性があるもの:伊藤 弘子、立ってる
画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる
画像に含まれている可能性があるもの:5人、伊藤 弘子さんを含む、立ってる(複数の人)



2020-02-21 10:51 この記事だけ表示

『由比正雪』アジアツアー稽古、ガシガシ進んでいます。
昨日は新婚さんの神ちゃんも来て振付チェック。
かなりスリム化してよりシャープにリニューアル!
殺陣も大幅に創り変えてダイナミックに!
オマケに現地のワークショップでは流山児★事務所名物の「ぶちかまし」の大殺陣もやる予定である。

かなり大きな劇場で上演するので久しぶりの雑司ケ谷の稽古場である。いつ以来だろう?『マクベス』か・・・この稽古場で寺山修司プロジェクト3作品『地球☆空洞説』『無頼漢』『青ひげ公の城』を創った。

実寸のセットを立て大きく動き回っている。

同時に小道具、衣裳、様々な作業も同時進行中。あっと驚く小道具が今回もいくつか登場します。それにしても、今までのワールドツアー最大の物量!いったい、どーするの?って感じでやっている。ザ・流山児☆時代劇!初のワールドツアーである。

ほぼ劇団員のメンバーだからこそとにかく、面白いモノにする!

画像に含まれている可能性があるもの:10人、星 美咲さんを含む、オンステージ(複数の人)



2020-02-20 11:57 この記事だけ表示

さて、愈々唐十郎の唯一の革命時代劇『由比正雪』がアジアへ向かいます。河竹黙阿弥の『義賊☆鼠小僧』以来のチャンバラ音楽劇の「旅する劇場」です。度肝を抜く大殺陣!をお見せします。

歌って踊って殺陣して・・・・これぞRYUZANJI活劇。
タイバンコック、インドネシアジャカルタにお知り合いのお方はぜひ、よろしく。以下、現在予定しているスケジュールです。

撮影:横田敦史

タイ・バンコック@チュラロンコン大學 2020.3.02(mon)
Pantoomkomol Centre for Dramatic Arts
-Faculty of Arts, Chulalongkorn University-
6th Floor, 254 Phayathai Rd

タイ・コンケーン@FAシアター
 2020.3.05(thu.), 3.06(fri.)
FA Theater KKU โรงละครคณะศิลปกรรมศาสตร์
123 Mitraparp Road Nai Mueang,

インドネシア・ジャカルタ@サリハラアートセンター 2020.3.10(Tue.), 3.11(wed.)
Komunitas Salihara Arts Centre
Ps. Minggu, Kec. Ps. Minggu, Kota Jakarta Selatan, Daerah Khusus Ibukota Jakarta,

インドネシア・西スマトラ インドネシア国立藝術大学パダンパンジャン校 2020.3.14(Sat.)
Gedung Pertunjukan Hoerijah Adam
-Institut Seni Indonesia (ISI) Padangpanjang-
Guguk Malintang, East Padang Panjang, Padang Panjang City, West Sumatra 27118, Indonesia

画像に含まれている可能性があるもの:1人、室内



2020-02-12 12:27 この記事だけ表示

新春公演『コタン虐殺』を終えて、愈々4年ぶりのタイ・インドネシアツアー唐十郎:作『由比正雪』の4都市ツアーが2月28日から始まりますよ。

三島由紀夫『卒塔婆小町』寺山修司『花札伝綺』 天野天街『西遊記〜JOURNEY to the WEST〜』 そして遂に唐十郎『由比正雪』がアジアを旅します。

世界を旅する劇団=流山児★事務所はさらに前に進みます。

画像に含まれている可能性があるもの:10人、星 美咲さんを含む、、スマイル、オンステージ(複数の人)



2020-02-10 12:01 この記事だけ表示

『コタン虐殺』を終えると、次回作は唐十郎の唯一の革命時代劇『由比正雪』です。『義賊☆鼠小僧』(2015年韓国)『西遊記』(2016年タイ・インドネシア、2018年中国3都市)に続いて、流山児★事務所「旅する劇場」のアジアツアー第三弾です。

2020年2月・3月タイ・インドネシア4都市ツアー、ご期待下さい。

反逆のサムライ=REBEL SAMURAI YUI SHOSETSU
由比正雪が往く。


画像に含まれている可能性があるもの:1人、テキスト

2020-02-06 10:21 この記事だけ表示