公演情報

流山児★事務所公演 
高取英メモリアル2021

「帝国月光写真館 」

帝国月光写真館_h1_2021.jpg

 

: 高取英
音楽: J・A・シーザー
演出: 流山児祥
画:吉田光彦

 

「赤い紙がいいかい? それとも青い紙?」

女学校の便所から響く怪奇紅マントの正体は?
昭和十五年 月光写真は帝都の吹雪を撮影できるか?

昨年の『寺山修司―過激なる疾走―』に続いて、流山児祥+JA・シーザー(新曲書き下ろし!)の黄金コンビが高取英に捧げる暗黒少女歌劇決定版。

 

2021128日(水)〜12()
下北沢ザ・スズナリ

出演: 塩野谷正幸 伊藤弘子 里美和彦 
平野直美 鈴木麻理 山丸莉菜 竹本優希 
橋口佳奈 春はるか 松永将典 本間隆斗 
流山児祥/

森永理科(PSYCHOSIS) 
國崎馨(PSYCHOSIS) 
霍本晋規(劇団三日月湊) 
飯塚克之(風煉ダンス)

伊藤裕作 大久保鷹  

  

流山児祥予約フォーム

 

 

 

 

流山児★事務所
2020年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
11月2日73歳になりました。多くの皆さんからの心のこもったお祝いのメッセージ本当に有難うございます。

『ジャパンデミック』のプレミア先行上映会@Space早稲田の最終回に、ミニコンサートもやっちゃいました。
息子家族、娘家族もやってきてお祝いしてくれました。娘の麻央からはステキな花束も、いやあ、幸せなジイジでございます。

『ジャパンデミック』は、さらに進化して2020年の「何か」を世界に伝える映画に再編集し、2021年劇場公開を目指します。
多くの貴重なご意見・ご感想に感謝。また、ご記入いただいたアンケートは参考にいたします。

これからも皆さんのご厚意に感謝しながら、コロナ禍の中、真摯に演劇活動を続けて行きます。

少しよれてきていますが、少しは酒も控えて、73歳のイカレル役者道を邁進します。
キチンと次世代にバトンタッチするため、愉しくやっていきます。


2022年、名古屋七ッ寺共同スタジオ開設50周年記念公演で『夢の肉弾三勇士』が上演されます。
それまでは、とりあえず、現役でやって行こうと決めました。

今後とも、よろしくご贔屓の程をお願いします!


2020-11-06 09:55 この記事だけ表示
愈々、本日世界初上映です。以下のようなご挨拶を書きました。
ごあいさつ   流山児祥(流山児★事務所 芸術監督)

本日は、お忙しい中、流山児★事務所×コラボニクス共同製作映画『ジャパンデミック』プレミア先行上映会にご来場頂き、誠にありがとうございます。

『 Japandemic ジャパンデミック〜13人のイカれる作家たち〜 』は、コロナ禍の非常事態宣言中に、わたしがイイカゲンな朗読配信をやっていた所、コラボニクスの2人が、キチンと映像で、「コロナ禍の演劇」を遺しましょう!と提案をしてくれて始まった企画です。
その日のうちにさっそく13人の劇作家たちに「俺のために短編を書いてくれ!・・・あ、やるのは俺だからあんまり難しくしないでね」と連絡しました。

「この閉塞感を打ち破ろう!」と表現者たちの憤りを集めて短編を撮り始めるうちに、「こりゃ、やっぱり一人じゃ無理だ」というコトになり、私以外の役者さんにも出演依頼をして撮影を進めました。ラサール石井さんの「会見」では、登場人物18人、本多劇場やゴールデン街での撮影もさせていただきました。

本日、これからご覧いただくのは、この13本の作品をどっとまとめた「0号試写」と呼ぶべき「プレミア先行上映」です。上映時間は約100分です。皆様のご意見を参考に、この先、さらに編集を重ね、70分ほどの映画に仕立て上げ、2021年に公開予定です。
ぜひ、皆さんの忌憚のないご意見をお聞かせいただけましたら幸いです。
どうぞ最後まで、厳しく温かく、ごゆっくりご覧ください。

2020年10月31日

 


2020-10-31 09:30 この記事だけ表示
☆☆☆☆☆
流山児★事務所×コラボニクス共同製作映画
『 Japandemic ジャパンデミック 〜13人のイカれる作家たち〜 』
〜プレミア先行上映〜

2020年
10月31日(土)〜11月2日(月)
@Space早稲田
【上映スケジュール】
10月31日(土) @13:00 A15:30 B18:00
11月01日(日) C13:00 D15:30 E18:00
11月02日(月) F14:00 G16:30 H19:00
《アフタートークスペシャルゲスト出演スケジュール》
@KONTA
Aいまみち ともたか
B井村 タカオ
Cラサール石井・秋之桜子
D外波山文明・佐藤茂紀・大久保鷹
E中村ノブアキ・詩森ろば・塩野谷正幸
F祁答院雄貴
Gエンリケ
H上映後「流山児祥生誕73年スペシャルミニコンサート」

※流山児祥&コラボ二クスはすべて出演
料金:1500円
上映時間:約75分
受付・開場:上映時間の15分前​

※ご来場時、会場内ではマスク着用をお願いします
※当日受付にて検温をさせていただきます
体調が良くない方はご来場をお控え下さいますようお願いいたします
※オクトウミユへの直接の連絡でも
受け付けております。
【会場】
​Space早稲田
〒162-0042
東京都新宿区早稲田町74番地ビューロー早稲田B1
【お問い合わせ】
​流山児★事務所
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com
★公式ウェブサイト
★Twitter公式アカウント
★CM Episode1「ザッピング」
2020-10-28 13:47 この記事だけ表示   |  コメント 0
自主製作映画
『 Japandemic ジャパンデミック 〜13人のイカれる作家たち〜 』
先行プレミヤ上映会@Space早稲田
【最新予約状況】10/27現在
10/31(土) 13:00……完売
15:30……完売
18:00……○
11/1(日) 13:00……△
15:30……△(残り僅か)
18:00……△
11/2(月) 14:00……○
16:30……○
19:00……完売
※まだ、お席には「余裕アリ」です。
お早目に、ご予約下さい。
03−5272−1785(流山児★事務所)
2020-10-28 13:30 この記事だけ表示
【本日情報解禁!!】
流山児★事務所×コラボニクス共同製作映画
『 Japandemic ジャパンデミック 〜13人のイカれる作家たち〜 』
プレミア先行上映が決定しました!​
​Space早稲田にて世界初上映です!
2020年
10月31日(土)〜11月2日(月)
Space早稲田
【上映スケジュール】
10月31日(土) @13:00 A15:30 B18:00
11月01日(日) C13:00 D15:30 E18:00
11月02日(月) F16:30 G19:00
◆各回アフタートーク有り
(流山児祥、監督コラボニクス登壇予定)
​◆アフタートークスペシャルゲスト
KONTA・いまみちともたか・外羽山文明・井村タカオ・
秋之桜子・佐藤茂紀・中村ノブアキ・詩森ろば...他
※ゲスト出演スケジュール後日発表
料金:1500円
上映時間:約75分
受付・開場:上映時間の15分前​
※ご来場時、会場内ではマスク着用をお願いしております。
※当日受付にて検温をさせて頂きます。
体調が良くない方はご来場をお控え下さいますようお願いいたします。
【ご予約方法】
@オンライン予約
A電話予約
​流山児事務所 03-5272-1785 (平日13:00〜17:00)
※座席数を少なくしての上映となりますので
御予約はお早めをおすすめします。
【会場】
​Space早稲田
〒162-0042
東京都新宿区早稲田町74番地ビューロー早稲田B1
【お問い合わせ】
​流山児★事務所
TEL 03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-MAIL mail@ryuzanji.com
★公式ウェブサイト
★Twitter公式アカウント
2020-10-10 19:27 この記事だけ表示
【映画『13人のイカれる作家たち(仮)長期撮影終了しました!】
企画製作:流山児★事務所+企画監督:コラボ二クスフィルム短編映像製作プロジェクトは、当初の予算、予定を大幅に超えて2カ月の長期撮影クランクアップしました!!

2020年4月・5月の「緊急事態宣言下の1か月半」の間に、13人の日本を代表する劇作家たちが「流山児祥と流山児★事務所」のために13の「コロナ禍を嗤う」ショートストーリーを書き下してくれた。

そして、2か月にわたってコロナ禍のニッポン・パンデミックを嗤う流山児★事務所+コラボ二クスフィルムの「映像の長期撮影=冒険の旅」は、続いた。

大西弘記『コノヤロウ』流山児祥一人芝居でクランクイン、佃典彦『隔離生態系』は龍昇、谷宗和出演、鹿目由紀『月からの電話』は里美和彦主演、新宿ゴールデン街でロケしたしりあがり寿『BAR2021』には、伊藤弘子、山下直哉、春はるかに加えて外波山文明も特別出演。街中でのロケは続いた、中村ノブアキ『その男、ロック』は流山児祥の戸外でのアジテーション、わかぎえふ『政治家』は、流山児祥&祁答院雄貴:出演、佐藤茂紀『じゃぶじゃぶ池の藤棚の下で』は、戸山公園で:名優・大久保鷹のワンマンショウであった。

ケラリーノ・サンドロヴィッチ『ウイルスの責任』には井村タカオも出演、秋之桜子『サインボール』は本多劇場を借りてイワヲ&流山児祥で大掛かりな撮影、ラサール石井『会見』は、ラサール石井主演、全出演者+KONTAの豪華メンバーでの都内某所大ロケーションと大掛かりなものとなった。

詩森ろば脚本、塩野谷正幸主演のモノドラマ『陰謀論』、山ア哲セレクト・芥川龍之介『或る阿呆の一生』朗読短編は、流山児祥バージョンと都内某所のライブハウスを使っての五島三四郎バージョンのダブル撮影。

最終撮影は天野天街(少年王者舘):脚本『不用の人』は流山児祥の一人芝居。

『不用な人』は、マシンガン乱射のような流山児祥の以下のようなセリフから始まる。

「オウオウ、てめえら、ざけんじゃねえぞ、こらぁ何やってんだよう、てめえらよう・・ったく・・冗談こいてんじゃねえぞ・・なあ、オイ、困ってんだよ、俺はよう・・なあ・・てめえらのせいでよう・・俺は・・困ってんだよう。心底よう。なあ、おい、なあ、聞いてんのかコラァ・・てめえ!!どこのビールスかバイルスかしんねえけど、調子こいてピョンピョン ピョコピョコ、人様から人様の間ヘラヘラのたくり呆け回ってんじゃねえぞ、こらァ!人様のカラダん中、土足で踏み込みやがってテメエのチンケなリボ核酸こねくり回してこさえた血球凝集素だかヘマグルチニンだか、わけのわかんねえモン手土産にして赤血球さまや、細胞さまに媚びへつらいながら、ヒトんちの大切なタンパク質合成システム乗っ取ろうって寸法だろうが、てめえ!仁義もスジも通さねえで、人様の遺伝情報をコピーしてダビングしてウブなポリペプチド、さんざん弄んだあげく、人のポリメラーゼ使ってチンカスみてーなビリオン、ボコボコひり出すつもりだろうが!わかってんだよ、この野郎!スカしてんじゃねーぞ、宿借りルンペン!てめえら、俺ん中、入ってきやがったら、特注のファビピラビル2000ドカンとお見舞いしてやっからそう思っときな!まだ手にへーんねえけどよ!」

で、混乱のアマノワールドへ突入する。

「なぁ・・今しゃべってんのはテメーか、俺か?・って・・それりゃ俺だろ・・てめーなわけがねえ、俺に決まってる、俺は俺だ!俺が俺の事、俺だって言ってんだからまちげーねー、たとえ、俺じゃねえ俺が、俺ン中で、俺のフリして、俺みてーに喋ってるんだとしても、現に今、喋ってる俺が、俺は俺だと、俺が俺を俺として認めてんだから、俺は俺以外の俺ではない俺でしかねえ俺だってことだ。」と、メタ・シアターよろしく流山児の「オレオレ問答」がはじまる。俺は、おれのままで、オレの「他者」である。境界は境界であって、境界でない。無用な俺のおれに対するオレの「遺書」であり「戦闘宣言」である。

しかも、台詞は録音され、それに合わせて「72歳のリアルで無様な」オレ=流山児祥の肉体がメチャクチャ動き回るアホみたいなギミック。映像でしか出来ない過激なテキストとの出会いである。衣裳は十数点に及び、サングラスも十数点に及んだ、まるで極採色の百鬼夜行となった。
撮影はお昼から、なんと5時間近くに及んだ。メチャクチャ遊びまくった最後の撮影現場。想えば、息子と娘のようなコラボ二クスの2人の監督との楽しい「長い夏休み」の自由研究・・・となった。


この2カ月は、イイカゲンでどうしようもないわたしを束の間の「映画青年」に戻してくれた。

想いもよらない「コロナ禍の映画撮影」は実に愉しかった。撮影終了後、監督と私と共にこの長い企画に付き合ってくれているプロデューサーでもある畝部と4人でささやかな乾杯をした。

さて、これからが実は大変なのが映画製作である。
編集!よろしくお願いします!である。

ま、とにかく長い映画の旅はひとまず終わった。お世話になった多くの皆さんのご協力に大感謝です。
本当にお疲れ様でした。
。。。。。。。。。。。。。。。。

【以下、付録です!】
これぞ「無償の芸術的営為」の面白さ!愉しさ!で出来上った「映画への愛、愛の映画」です。
大スポンサー大募集中!

どかーんと、1000万!
一気に「世界配給」

2020-07-28 12:11 この記事だけ表示
【自主製作映画『13人のイカれる作家たち(仮)』
  愈々、明日、撮影終了です!


想えば、遥か昔?のように感じている、イマこそ必要な「緊急事態宣言」下に13人の作家が書き下した短編戯曲を映画化する無謀な試み。

「夢」のような3か月の長期撮影も、ついに大詰めです。

コロナ禍を嗤う流山児★事務所+コラボ二クスフィルムの「冒険の旅」本日、芥川竜之介:作「或る阿呆の一生」無事、撮影終了しました。今日は、流山児祥と五島三四郎の2バージョンです。
スタジオとライブハウス。

明日の、天野天街(少年王者舘)脚本「不用の人」で愈々、『13人のイカれる作家たち(仮)』の撮影もジ・エンドです!

アマノの「愛あふふれるラブレター」しっかり受けとって、演じます、さあ、愉しもう。村井監督、ミユ監督、明日もよろしくおねがいします!!

73歳の流山児祥がきっちり刻まれている・・・・・。うん。
2020-07-26 19:47 この記事だけ表示

【自主製作映画『13人のイカれる作家たち(仮) 
 塩野谷正幸モノドラマ『陰謀論』撮影終了!!】

企画製作:流山児★事務所+企画監督:コラボ二クスフィルム短編映像製作プロジェクト☆撮影愈々、10週目に突入しました!!

大西弘記『コノヤロウ』、佃典彦『隔離生態系』、鹿目由紀『月からの電話』、しりあがり寿『BAR2021』、中村ノブアキ『その男、ロック』、わかぎえふ『政治家』、佐藤茂紀『じゃぶじゃぶ池の藤棚の下で』、ケラリーノ・サンドロヴィッチ『ウイルスの責任』、秋之桜子『サインボール』、ラサール石井『会見』都内某所大ロケーションに続く11作目は、久しぶりの本拠地:Space早稲田に帰っての撮影。

詩森ろばの『陰謀論』はアメリカ・メディアに情報を送る奇妙な男を描く異色作。塩野谷正幸のロバート・デ・ニーロのばりの狂気のモノドラマに変容して面白い作品になった。塩野谷らしい細かい小道具の扱いだけでも・・・・・実に緻密に計算された映像に出来上った。

撮影は3時間余り。メチャクチャ集中力にみちた撮影現場であった。いやあ、久しぶりに映画俳優:塩野谷正幸の面目躍如の演技であった。これで、11作品撮影終了である。

その後、今月末に撮影予定のアマノテンガイ:脚本、流山児祥の一人芝居『不用の人』の音声録音。何故、音声を先に録るのか?は、作品を見てのお楽しみ!
ハードな録音を終えて終了。
。。。。。。。。。。。。。。。。

今日も、想ったが、うーん、これぞ「無償の芸術的営為」の面白さ!愉しさ!の映画製作である。オモシロい。モチロン、大スポンサー大募集中です!どかーんと1000万ぐらい頂けると一気に世界配給できますから・・・なんて「夢」です、はい。

残る撮影は、天野天街:脚本『不用の人』出演:流山児祥、ラストは、山ア哲:セレクト『或る阿呆の一生』出演:流山児祥・五島三四郎 頑張ります!!

緊急事態宣言下の1か月半の間に、13人の日本を代表する劇作家が書き下した13のストーリー。5月末から3か月にわたってコロナ禍のニッポン・パンデミックを嗤う流山児★事務所+コラボ二クスフィルムの「映像の長期撮影=冒険の旅」は、続いています。

乞う、ご期待!!

2020-07-11 20:44 この記事だけ表示

【13人のイカれる作家たち(仮) 大作『会見』撮影終了!】

企画製作:流山児★事務所+企画監督:コラボ二クスフィルム短編映像製作プロジェクト 撮影8週目に突入しています!!

大西弘記『コノヤロウ』、佃典彦『隔離生態系』、鹿目由紀『月からの電話』、しりあがり寿『BAR2021』、中村ノブアキ『その男、ロック』、わかぎえふ『政治家』佐藤茂紀『じゃぶじゃぶ池の藤棚の下で』、ケラリーノ・サンドロヴィッチ『ウイルスの責任』、秋之桜子『サインボール』に続いて、ラサール石井の渾身の大作『会見』のロケを無事終えました。

都内某所に首相の記者会見場を設営、本物そっくりの誂え、国旗が翻り、内閣の首脳、記者たち、テレビカメラが林立。

例のプロンプターも設置されている。野外では、高級外車で乗り付ける政府首脳の登場シーンなど自主映画のスケールを遥かに超えたクオリティある映像に。

『会見』は、主演も演じてくれたラサール石井のブラックユーモアのセンスで描く前代未聞のパニック政治風刺ドラマ。急遽、ステキなミュージシャンのゲストも参加して順調に撮影は進み、無事終了。

ラサールさん、KONTAさん、本当にお疲れ様でした。また、映画出演メンバーほぼ全員が出演する「大作」となった。これで、10作品撮影終了です。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

これぞ、「無償の芸術的営為」の面白さ!愉しさ!である。「夢」の地平線へ向かって走ろうぜ!きっと、この先には「何か」ステキなことが待っていると信じて・・・。

残る撮影は、詩森ろば:脚本『陰謀論』出演:塩野谷正幸そして、私にとっては最大の難関:天野天街:脚本『不用の人』出演:流山児祥、ラストは、山ア哲:セレクト『或る阿呆の一生』出演:流山児祥・五島三四郎 の3作品。

7月中の撮影終了を目指しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・

緊急事態宣言下の1か月半、13人の劇作家が書きあげた13のストーリー。コロナ禍のニッポンパンデミックを嗤う流山児★事務所+コラボ二クスフィルムの「映像の冒険」にご期待下さい。

2020-07-01 12:05 この記事だけ表示

【今日・明日が役者:流山児祥、正念場の映画撮影!】

企画製作:流山児★事務所+企画監督:コラボ二クスフィルム短編映像配信プロジェクト 撮影4週目!!

大西弘記『コノヤロウ』、佃典彦『隔離生態系』、鹿目由紀『月からの電話』、しりあがり寿『BAR2021』、中村ノブアキ『その男、ロック』、わかぎえふ『政治家』に続く大作は佐藤茂紀の渾身の新作、77歳の名優:大久保鷹の一人芝居『じゃぶじゃぶ池の藤棚の下で』の撮影が終わり前半戦を終了。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Space早稲田で同時進行の日台コラボの現場に連日参加。

日台コラボレーション映像配信製作『道』稽古も絶好調でカメラテストのリハーサルを繰り返している。今野健太の「TED」風スピーチ、浅倉洋介の偽歴史ドキュメント舞台美術も大がかり、照明音響小道具も全て揃い、カメラ・テスト。様々なアングルの打ち合わせも加わって、連日深夜までに。

3月から続いて来たオンラインでの稽古&映像制作。「距離=ディスタンス」がどんどん近くなってきた。演出家のシャオヘイの明快なディレクションと時々ぶつかり合いながら、役者たちも格闘を続けている。4か月近い時間の中で生れて来たものをきっちり「映像」に遺すだけである。「国際共同制作」の新しい『道』!。実に、愉しき試行錯誤!

さて、日台コラボレーション『道』愈々、来週は本番撮影!愉しんでいこうぜ!

・・・・・・・・・・・・・・・・

で、今日お昼過ぎから都内某所でケラリーノ・サンドロヴィッチ::脚本『ウイルスの責任』出演:流山児祥・井村タカオの撮影。某国の独裁者の劇的な一日を描く毒満載の短編。完璧なケラの脚本、全力で下手な役者だがやるしかない!

で、明日は本多劇場で 秋之桜子:脚本『サインボール』出演:流山児祥・イワヲの撮影。贅沢に劇場を使わせていただく、感謝!これまた、近未来のニッポンのある親子の物語。

がんばります!!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

この2作品を終えると、残る撮影は詩森ろば:脚本『陰謀論』出演:塩野谷正幸 天野天街:脚本『不用の人』出演:流山児祥、山ア哲:セレクト『或る阿呆の一生』出演:流山児祥・五島三四郎、そして、大作:ラサール石井:脚本『会見』出演:ラサール石井・・・他、ご期待下さい!!

2020-06-20 10:48 この記事だけ表示