公演情報

流山児★事務所公演
『叛乱のオペラ〜喜劇阿部定1936〜』

abesada_omote.jpg


原作⦿岸田國士「風俗時評」、佐藤信「喜劇阿部定」、伊藤裕作「短歌阿部定」ほか

構成・脚色・演出⦿流山児祥

音楽⦿諏訪創

振付⦿小林真梨恵(waqu:iraz)

Space早稲田にて、
2024年7月20日開幕!

公演詳細

 

ご予約
(流山児祥扱い)
 

 

流山児★事務所
2023年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
【トークライブ最終章4月&6月シンポジウム】 

流山児祥×西堂行人トークライブ
「敗れざる者たちの演劇志」
★VOL5〜21世紀の入口(トバグチ)で〜
4/25(日)17時より〜@Space早稲田  
2004年〜2011年を語ります。

流山児祥×西堂行人トークライブスペシャル
「敗れざる者たちの演劇志」
★VOL6「演劇志をいかに継承するか」
ゲスト:シライケイタ・詩森ろば・西沢栄治
6月23(水)14時〜16時 @座高円寺阿波踊りホール
2012年〜 3・11からコロナ禍までを語ります。

入場料:1000円
予約はお早目に!⇒03−5272−1785 (流山児★事務所)
2021-04-23 10:24 この記事だけ表示
流山児祥×西堂行人トークライブVOL4
「敗れざる者たちの演劇志」Space早稲田超満員盛況のうちに終演しました。
1991〜2003年、海外への飛翔&異世代交流の始まりをノンストップ2時間喋り倒しました。

次回トークライブ第五回は、2003年イラク戦争から2011年3・11東日本大震災までの濃密な私達の事象を語ります。
ぜひ、ご来場ください。

なお、5月には、スペシャルゲストを迎えてトークライブファイナルとしてシンポジウムを予定しています。
ご期待下さい!

4月25(日)17時〜@Space早稲田 

予約はお早目に⇒03−5272-1785

2021-03-01 11:55 この記事だけ表示
トークライブ第4回目は2月28(日)17時〜 
@Space早稲田
予約は⇒03−5272-1785(流山児★事務所) 
※まだ、大いに余裕アリです


1991年『流山児マクベス』韓国ソウル公演から始まった流山児★事務所の海外公演初期の話をしようと思っています。

1999年『狂人教育』の海外ツアーは韓国果川国際演劇祭から始まりました、
2000年7月〜8月カナダ、エドモントン⇒ビクトリア⇒ビクトリアのフリンジ演劇祭ツアー、
全員ホームステイしながらの1カ月の「旅」でした、

ビクトリアでは初のグランプリを受賞しました。2001年エジプト@カイロ実験演劇祭帰途の時、マニラで9・11に遭遇。そして2003年イラク開戦前夜、わたしたちはカナダトロントのアメリカ大使館前の反戦デモの渦の中にいた。カナダトロントを「旅」していたからである。
そんな時代のわたしたちの「旅」と「世界」の話をします。

あ、それから1998年、49歳のとき、中高年劇団=楽塾を旗揚げしています。海外の演劇人との交流、シニア演劇という異世代交流の話もやります。

阪神淡路大震災から26年、3・11から10年。コロナ禍の現在。
1992年湾岸戦争の時、わたしたちは佐藤信の「おんなごろしあぶらの地獄」の稽古中であった。その稽古の過程で、「反戦演劇人の会」を組織し「湾岸戦争反対渋谷デモ」を行った。そして11年後、イラク戦争に反対した2003年。


あれから18年の時が流れたのである。
2021-02-26 18:43 この記事だけ表示
トークライブ第4回のお知らせです!

次回の流山児祥×西堂行人[演劇評論家]
「敗れざる者たちの演劇志」第四回は
2月28日(日)17時 @Space早稲田 を「予定」しています。

西堂さんの企画によると以下のような内容です。
トークライブ第4回
「世界史の大転換の中で」――1991〜2003」
ベルリンの壁崩壊に始まる世界史の大転換は演劇に何をもたらしたか?ソ連の解体から湾岸戦争、グローバル化が浸透した90年代以降、世界は激変した。米国一強時代により世界の均衡は崩れ、危機的状況はいっそう高まった。
国内に目を転じてみると、阪神淡路大震災、地下鉄サリン事件など、天災・人災は否応なく日本自身への内省を求められた。
演劇はこうした状況にどう応接し、闘ったのか。
湾岸戦争以後、9・11ニューヨーク貿易センター爆破テロ、イラク戦争までを語る。

。。。。。。。。。。。。。。。。。
なんか、凄い事になってますが、いつものように、アホみたいな「漫談」になります。
なにしろ、わたしが語るのですから。
お時間があったら、気楽に聞いてください。

1991年『流山児マクベス』韓国ソウル公演から始まった流山児★事務所の海外公演初期の話をしようと思っています。
1999年寺山修司:作『狂人教育』の海外ツアーは韓国果川国際演劇祭から始まりました。
2000年7月〜8月カナダ、エドモントン⇒ビクトリア⇒ビクトリアのフリンジ演劇祭ツアー、全員ホームステイしながらの1カ月の「旅」でした、ビクトリアでは初のグランプリを受賞しました。

2001年エジプト@カイロ実験演劇祭帰途の時、マニラで9・11に遭遇。そして2003年イラク開戦前夜、わたしたちはカナダトロントのアメリカ大使館前の反戦デモの渦の中にいた。カナダトロントを「旅」していたからである。

そんな時代のわたしたちの「旅」と「世界」の話をします。
あ、それから1998年、49歳のとき、中高年劇団=楽塾を旗揚げしています。
海外の演劇人との交流、シニア演劇という異世代交流の話もやります。

阪神淡路大震災から26年、3・11から10年。コロナ禍の現在。

1992年湾岸戦争の時、わたしたちは佐藤信の「おんなごろしあぶらの地獄」の稽古中であった。
その稽古の過程で、「反戦演劇人の会」を組織し「湾岸戦争反対渋谷デモ」を行った。
そして11年後、イラク戦争に反対した2003年。

米軍によるイラク攻撃反対、日本の参戦反対、有事法制反対渋谷デモ。

なぜか、白塗りで渋谷の宮下公園に集まった最初のデモ。
この後、イラク反戦デモは全国で一気に巻き起こった。

あれから18年の時が流れたのである。
2021-01-18 14:00 この記事だけ表示
流山児祥のトークライブ「敗れざる者たちの演劇志」の第三回目は
「小劇場演劇の変質」〜1980年から95年の演劇「私」状況を新宿2丁目で語ります〜
ご期待下さい。
11月21(土)予約受付開始!

★12月20(日)17時45分〜
@新宿スターフィールド(旧タイ二ィアリス)
入場料:1000円

西堂行人(演劇評論家)さんと一緒に「あの時代」を語り合います。
※流山児★事務所『客たち』12月公演中です。
ぜひ、ご観劇後、参加いただければ幸いです。
2020-11-14 23:04 この記事だけ表示

なんか、台風がやってくるという雨の日に「演劇団十年」のメモを作成している。

1969年早稲田小劇場研究生公演『マシンガンジョー・不知火心』、1970年演劇団旗揚げ公演『花びら雫』から1979年演劇団解散公演『カルメンU』までの10年。

1970年代の自分史と劇団の動き、アングラ演劇運動の同走者たちを思い出しながら書き出してみた。

まさに、怖いもの知らずの、演劇チンピラの「恥じ多き日々」が思い出されて、もう一度あの日に戻れってやりなおせるならと真摯に自己批判することも多い、が、あったことはあったし、やったことはやったことなのである。
それにしても、昭和血風録の時代とでも呼ぶべき堕しがたい「阿呆の群れ」のクロニクルである。

23歳ごろに書いた『夢の肉弾三勇士』を読み直してみた。

唖然、愕然、で、オモシロい。なんじゃ、こりゃ!もう、メチャクチャ!一体、この支離滅裂のアジテーション劇は何なんだ!?これは、まったく戯曲などではない!錯乱のテキストであり、デペイズマンと自動筆記のコラージュである、それでいて殆ど、下手な「詞」で役者達が全編、嬉々として「歌って踊って恋している」よ、これが「演劇団レビュー」だったのである。

ま、イマも大して変わってないけどね。いまは、少しはスキルがあるが。
ま、いまでもこんなイカレ方、けして嫌いじゃない「わたし」がいる。


それにしても、このテキストを、2022年、鹿目由紀はどんな「演劇」にしてくれるのだろう?

11(日)、はたして、どんなふうになるかわからないが「資料」めいたものを書き上げて、とりあえず、西堂さんに送った。

あとは、、まな板の上の鯉だから料理してもらうだけである。「敗れざる者たち」の演劇志・第二回。

ということで、◎トークライブ第二回は、1970年「演劇団」旗揚げから1979年の解散までの
「激動の70年代アングラ演劇十年史」を上野の小劇場で語ります。

もし、お時間がございましたら、ふらりと上野までおいでください。待ってます。

★日時 2020年10月11日(日)17:00〜 2時間を予定
★会場 上野ストアハウス
★入場料 1,000円
★要予約(完全予約制)
絶賛予約受付中です。今すぐ下記へ。

【お問合せ・お申し込み】
TEL03-5272-1785 流山児★事務所(平日13:00〜17:00)
2020-10-09 13:13 この記事だけ表示
【流山児祥トークライブ本日予約開始しました!】予約は⇒ https://quartet-online.net/ticket/ryuzanjibook

★流山児祥トークライブ第二回★
【敗れざる者たちの演劇志 】
第二回:70年代小劇場運動の同走者たち

流山児祥×西堂行人(演劇評論家・明治学院大学教授)

役者であり、演出家でもあり、さらにプロデューサーでもある
流山児祥が、これまでの演劇人生を語ります。
アングラの先達、志ある同走者、年少の才能ある演劇人たち。
演劇評論家の西堂行人さんと振り返り、演劇史の表面にあらわれない志操を語ります。

◎第二回は、1970年「演劇団」旗揚げから1979年の解散までの
「激動の70年代アングラ演劇・十年」を語ります。

日時 2020年10月11日(日)17:00〜
会場 上野ストアハウス
入場料 1,000円
要予約(25名まで)
絶賛予約受付中 予約は⇒ https://quartet-online.net/ticket/ryuzanjibook

【お問合せ・お申し込み】
TEL03-5272-1785(平日13:00〜17:00)
E-mail mail@ryuzanji.com
お名前、連絡先をお知らせください。

第1回「アングラ四天王との出会いと演劇修行時代」
第3回「小劇場をプロデュースする」……and more
2020-09-25 14:50 この記事だけ表示