公演情報

流山児★事務所公演
『叛乱のオペラ〜喜劇阿部定1936〜』

abesada_omote.jpg


原作⦿岸田國士「風俗時評」、佐藤信「喜劇阿部定」、伊藤裕作「短歌阿部定」ほか

構成・脚色・演出⦿流山児祥

音楽⦿諏訪創

振付⦿小林真梨恵(waqu:iraz)

Space早稲田にて、
2024年7月20日開幕!

公演詳細

 

ご予約
(流山児祥扱い)
 

 

流山児★事務所
2023年度 新人募集
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)


【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com

情報詳細
CD/DVDを買う
OKCD.jpg


続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら
【山田勝仁氏の劇評】
シアターRAKU創立26周年記念公演・テラヤマ音楽劇「くるみ割り人形」(作=寺山修司、脚本・演出=流山児祥、振付=北村真実、音楽=高橋牧=時々自動)
(2023年6月21日〜25日@下北沢・駅前劇場)
 寺山修司がサンリオのアニメ映画用に書いたシナリオ草稿を基にした音楽劇。
 E.T.A.ホフマンの短編小説「砂男」(1817年)と童話「くるみ割り人形とねずみの王様」を掛け合わせ、ひとつの物語に作り直したもので、少女の夢と現実を交錯させた不思議な物語。
 眠らない子どもたちの目に砂をかけて眼球をくり抜くという「砂男」。原作ではナタナエル少年が、眼球をくり抜く砂男の正体を、しばしば家を訪れる老弁護士コッペリウスだと思うようになり、恐怖する。
 寺山版では砂男はドロッセルマイヤーおじさん(桐原三枝)に姿を変え、眠りを奪われた少女クララ(原きよ)を人形たちの城に導く。お城では皇帝(二階堂まり)と皇妃(めぐろあや)がある事で悩んでいる。皇女マリー(永田たみ子)が醜いねずみの歯を持つ醜女に姿を変えられたのだ。それは子どもたちを殺されたネズミのマウゼリンクス夫人(村田泉)の呪いによるもの。
 そこでクララはコッペリウス(川本かず子)と共に、マウゼリンクス夫人に戦いを挑む。実はコッぺリウスはクララが大切にするくるみ割り人形の化身なのだ。
 シアターRAKUは元は楽塾という45歳以上に加入限定したシニア劇団。いわばアマチュア劇団。しかし、26年間の実績がある。海外公演も行った。 楽塾からシアターRAKUへのステップアップも当然。 ドロッセルマイヤーと医師、砂男、時計商のおじさんなど4役を演じた桐原を筆頭にめぐろあや、川本かず子ら平均年齢69歳という役者たちは元気いっぱいに舞台を駆け回り、飛び跳ねる。
 まさにシニアの希望。
 中でもクララ役の原きよが実にチャーミング。元アナウンサーとのことだが美魔女系にクララならぬクラクラ。 劇中でクララが謎かけされる「目をつぶると見えて、目をあけると消えるものなあに」の答えは何か。 現実を映すのが眼球だが、眼球に映らないのが「夢」。砂男に奪われた眼球は果たして夢を映すのか。
 ポップで華やかで猥雑な寺山音楽劇。今回は特に軍靴の足音を意識し、「戦争」の主題をクローズアップ。寺山世代の「反戦・厭戦」にアプローチした。役者たちもみな生き生きと躍動。
 寺山さんが求めたものは俳優そのものの「存在」。演技の成熟という「完成」を目指すのではなくあくまでもアマチュアリズムにこだわるシアターRAKUの矜持は寺山修司の演劇論を体現している。
 ほかに、出田君江、杉山智子、高野あっこ、辻 洋子、内藤みつえ、永田たみ子、西川みち子、真木瑠理子、村田泉、米田清美、後藤英樹(客演)、ラビオリ土屋(客演)、流山児祥
【芝居漬け氏のすてきな劇評です】
 下北沢駅前劇場で流山児祥率いる45歳以上の中高年による演劇集団シアターRAKU(楽塾)の創立26周年公演、先月の台湾・新営での海外公演を終えての凱旋公演となった「テラヤマ音楽劇★くるみ割り人形」を観た。
 いつもは自前のSpace早稲田や下北沢でもスズナリでの上演が多いのだが、実のところ流山児事務所の出発点となったのが1984年暮れに下北沢駅前劇場で上演した北村想作「悪魔のいるクリスマス」
 今作も寺山修司の「(新)くるみ割り人形」であって世界的に知られているチャイコフスキーのバレエとは異なっている。そのバレエの原作であるホフマンの童話の方にはバレエには無く寺山版に残されているエピソードが見られるとは言え、そこには寺山修司なりの人間観察、社会に対するアイロニー、子供へ向けたメッセージが盛り込まれている。(当初はサンリオ制作の映画のシナリオとして書かれたのだが、実際には使用されず、寺山が書いた歌詞のみが採用されたということだ。)
 そのシナリオを舞台で蘇らせたのが流山児の「テラヤマ音楽劇★くるみ割り人形」(初演2015年)、子供向け映画のシナリオということで、ストーリーはドストレートなメッセージがかえって新鮮に響く。音楽劇ということで高橋牧の挿入歌が入るのだが、耳障りの良いメロディーが良い。そして初演、海外公演を含め何度も歌っているのだろう、斉唱の歌のパートになると、女優たちにがぜんパワーが漲る。
シアターRAKUも26周年ということで、メンバーも時々で入れ替わっているようだが、今回の舞台を観て思ったことはそれぞれが「世界で一つだけの花」を自負しているということ。
見事に個性の方向性がバラバラ(良い意味で)、メイクやダンスもそれぞれの味を出していて舞台のそこここに視線が飛ぶ。
 華がある上に全てに安定感抜群のドロッセルマイヤー役の桐原三枝、ヒロインを可憐に演じたクララ役の原きよ、RAKUではお決まりのチョビ髭おじさん姿が嬉しい皇帝役の二階堂まり、宝塚バリの存在感のマウゼリンクス夫人役の村田泉、、そしてRAKUと言えばこの人、登場すると妙に安心してしまうシュヌルヌル役の杉山智子、他まだまだ推しになる逸材が。
 平均年齢69歳の女優たちのガールズパワーに圧倒された夜だった。
*ネズミ駆除のために街のあちこちに置かれる大きなお目目のお人形が可愛いので要チェック
ネズミとニンゲンの争いとは?夢とは?
【テラヤマ音楽劇☆くるみ割り人形』終演】
大好評の台湾公演に引き続きシアターRAKU2023年公演『くるみ割り人形』東京公演もおかげさまで全員無事に公演を終えることが出来ました。
久し振りの@下北沢駅前劇場、初日直前に全9ステージ「前売完売」当日もキャンセル待ちの大盛況という嬉しい悲鳴の毎日でした。1000人近いお客様が国内外から数多くシモキタの小劇場に詰めかけてくれました。劇団員・スタッフ一同心より御礼申し上げます。
「くるみ割り人形」という演目のせいか、実に多くの親子連れで連日大賑わいでした。平均年齢69歳の熟女劇団、「孫とむすめとおばあさん」3世代の出会いの演劇という現象が生まれたのです。寺山修司没後40年企画と相俟って、オモシロイ「出会い」が生まれたようです。この世界のテラヤマのビターなミュージカルをもって近いうちにまた「旅」をしようと思っています。
メンバー総勢17人全員大爆走の5日間でした。
来年は5月GWあけの駅前劇場で北村想の新作書下ろし『めんどなさいばん2024』(仮題)の上演を予定しています。映像×音楽×ダンス×歌×芝居 =平均年齢68歳の少女たちのシニア演劇の「冒険の物語」は続きます。虚実皮膜の果てにRAKUの自由な演劇が生まれてゆく。これは壮大なニンゲンのドラマの実験である。
では、¥みなさん、ちょっと休んで秋になったら本読み・歌稽古から始めますよ。
世界のどこにもないシニア演劇の活動を今後ともご支持のほど、よろしくお願いします。では、来年も下北沢でお会いしましょう。来年は1ステージ増やしますよ。みなさんお元気で!!
2023年6月26日 早稲田は片付けです。
【本日アフタートークあります】
絶賛「満員」爆走中のシアターRAKU@駅前劇場
※全ステージ前売完売!当日券:必ず発売します。
寺山修司:作、流山児祥:演出
『テラヤマ音楽劇☆くるみ割り人形』
25(日)まで上演中、上演時間:1時間45分
※当日券&キャンセル待ち」7〜8枚予定。
本日:23(金)14時の回終演後、
役者&演出家による「アフタートーク」開催、
26年の歩み・RAKUの芝居創り・海外公演・
寺山演劇について、他
20〜30分予定
■出演:流山児祥・めぐろあや・杉山智子・二階堂まり・原きよ 
(進行)出田君江
【いよいよ最後の通し。稽古場バラシ、小屋入りです】
ネズミとニンゲンの争いとは?
夢とは?
すでに、1000人に迫る観客が待っているシアターRAKU26年目の春公演!「世界のテラヤマ」のビターなミュージカルが駅前劇場で誕生します。久々の小劇場5日間9ステージ!
メンバー総勢17人爆走開始です。上演時間1時間45分。
映像×音楽×ダンス×歌×芝居が完成しました!
シニアの饗宴!世界のどこにもない演劇です!!見逃すな!
「寺山修司没後40年記念事業」
★シアターRAKU2023公演★
『テラヤマ音楽劇☆くるみ割り人形』(新作音楽劇)
■ 寺山修司:作 ■流山児祥:脚色・演出
■高橋牧:音楽(時々自動) ■振付:北村真実
■出演■ 川本かず子・桐原三枝・杉山智子・高野あっこ・辻 洋子・内藤みつえ・永田たみ子・二階堂まり・西川みち子・原 きよ・村田 泉・めぐろあや/出田君江・真木瑠理子・米田清美(新人)/後藤英樹・ラビオリ土屋・流山児祥
6月21日(水)〜25日(日)
@下北沢駅前劇場 全9ステージ
◆6月21(水)19時:残15
 22(木)19時:残3 割引回:3500円です。
 25(日)17時:残9
の3ステージのみ、残席27です。
◎当日券は「キャンセル待ちのみ」の可能性あり。
予約はお早めに⇒
【あと3回の通しで小屋入りです】
ネズミとニンゲンの争いとは?
夢とは?
すでに、1000人に迫る観客が待っているシアターRAKU26年目の春公演!「世界のテラヤマ」のビターなミュージカルが駅前劇場で誕生します。久々の小劇場5日間9ステージ!メンバー総勢17人爆走開始です。
小屋入りまであと3日 映像×音楽×ダンス×歌×芝居、シニアの饗宴!世界のどこにもない演劇です!!見逃すな!

「寺山修司没後40年記念事業」
★シアターRAKU2023公演★
『テラヤマ音楽劇☆くるみ割り人形』(新作音楽劇)
■ 寺山修司:作 ■流山児祥:脚色・演出
■高橋牧:音楽(時々自動) ■振付:北村真実
■出演■ 川本かず子・桐原三枝・杉山智子・高野あっこ・辻 洋子・内藤みつえ・永田たみ子・二階堂まり・西川みち子・原 きよ・村田 泉・めぐろあや/出田君江・真木瑠理子・米田清美(新人)/後藤英樹・ラビオリ土屋・流山児祥
6月21日(水)〜25日(日)
@下北沢駅前劇場 全9ステージ
上演時間1時間40分
◆6月21(水)19時:残15
 22(木)19時:残5 割引回:3500円です。
 25(日)17時:残10
の3ステージのみ「残席僅少」
残り30席余りです。

◎当日券は「キャンセル待ちのみ」の可能性あり。

昨日は2回目の通し。
ほぼ完ぺきに新作ミュージカルが完成した。
RAKUの新作『くるみ割り人形』は、少女クララとドロッセルマイヤ―の夢と冒険の物語の中に、寺山の非戦(反権力)の思想が、巧妙に組み込まれた音楽劇である。
青森高校3年A組寺山修司少年の日記「初めの死は僕にとって死を生きることであり二度目の死は万物の終焉である。戦争の中に潜む二度目の死の戯れが僕には最も恐ろしい」からこの《劇》は始まります。
そして先日亡くなった音楽家坂本龍一氏の「なぜ戦争がなくならないのか?なぜ戦争を起こそうとする人間がいるのか?今も世界のあちらこちらで子供の上に爆弾が落とされている。なぜ、私たちは戦争を止められないのか」のメッセージでこの《劇》は終わります。
敢えて「新しい戦前」を迎えないためにこの《劇》をRAKUメンバーとともにスタッフ達と総力を挙げて創り上げました。息もつかせないノンストップミュージカル1時間40分をお楽しみください。
ネズミとニンゲンの争いとは?夢とは?世界のテラヤマのビターなファンタジーミュージカル。
明日から愈々通しウイーク。小屋入りまであと1週間

寺山修司没後40年記念事業
『テラヤマ音楽劇☆くるみ割り人形』(新作音楽劇)
■ 寺山修司:作 ■流山児祥:脚色・演出
■高橋牧:音楽(時々自動) ■振付:北村真実
■出演■ 川本かず子・桐原三枝・杉山智子・高野あっこ・辻 洋子・内藤みつえ・永田たみ子・二階堂まり・西川みち子・原 きよ・村田 泉・めぐろあや/出田君江・真木瑠理子・米田清美(新人)/後藤英樹・ラビオリ土屋・流山児祥
6月21日(水)〜25日(日)
@下北沢駅前劇場 全9ステージ
上演時間1時間40分
◆6月21(水)19時:残25/22(木)19時:残8/25(日)17時:残20
の3ステージ
台湾新営藝術祭公演から1か月ぶりの『くるみ割り人形』通しとなる。1時間40分、オモシロイきちんと小劇場版に出来上がった。
それにしても「個性的」といった形容を超えたニンゲン存在の凄みを漂わせた17のブツのようなイキモノがごろんところがるだけで「魅せる見世物」はそんなにない。出てくるわ出てくるわ?ヘンなヤツラ!です
これぞ世阿弥のいう「離見の見」
役者は自分ともう一人の自分を背後から見ている自分がいるイキモノなのだ。
そんな役者たちの破天荒の令和のお祭りはもうすぐです。
今日は雨の中、スタッフのため2回目の通し。さらなる進化へ。
夜は劇団総会。
あと1週間で@駅前劇場小屋入りです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「まだ」6月21(水)19時、22(木)19時、25(日)17時の3ステージが「余裕あり」です。それにしても「なぜか」コロナ後の演劇公演は昼ばかりになっています。「新しい生活様式」っていうらしいが。夜の下北沢もイイですよ。演劇のメッカ:下北沢でRAKUを観て、シモキタの面白い店散策してください。待ってます!!
★シニア劇団=シアターRAKU 
寺山修司没後40年記念事業
■ 寺山修司:作 ■流山児祥:脚色・演出
■高橋牧:音楽(時々自動) ■振付:北村真実
『テラヤマ音楽劇☆くるみ割り人形』(新作音楽劇)
(1977年人形アニメーション映画シナリオ)
【最新前売状況】・・・6月11日(日)午前10時半現在
6月21(水)14時✖完売 
 19時◎大いに余裕アリ:残30【割引回】→おすすめ
 22(木)14時✖
 19時○余裕アリ:残10【割引回】→おすすめ
 23(金)14時✖
 24(土)13時✖
 17時✖
 25(日)13時✖
 17時◎→大いに余裕アリ残:30 →おすすめ
予約はお早めに⇒
■出演■ 川本かず子・桐原三枝・杉山智子・高野あっこ・辻 洋子・内藤みつえ・永田たみ子・二階堂まり・西川みち子・原 きよ・村田 泉・めぐろあや/出田君江・真木瑠理子・米田清美(新人)/後藤英樹・ラビオリ土屋・流山児祥 
6月21日(水)〜25日(日)
@下北沢駅前劇場 全9ステージ
上演時間1時間40分 
※当日券アリマス
■売切必至。予約はお早めに!
撮影:横田敦史
■流山児祥の新刊「敗れざる者たちの演劇志」(論創社・刊)好評発売中。みなさん、ぜひ書店・ネット書店でお買い求めください。値段高めですので、ぜひ、お近くの図書館に「希望図書」でお申し込みください。よろしくお願いします!
RAKU上演中@駅前劇場で販売します。
ご希望の方にはサインします。
【歌の録音も終わり今日は振付再編集あと10日で小屋入り】
また、雨のトーキョーである。
毎週のように週末は雨の日本列島、地球温暖化の影響の気候変動、地球が悲鳴を上げている。
昨日はいつものように前半をあたり、歌稽古。
牧さんの指導で歌稽古、島さんも来て、録音、22時まで。
さて、今日は北村真実先生の時間。
ラストの集団の動きは全く作り変えるしかない。
狭い空間でダイナミックに動き続けるクライマックス。
まさにRAKU版『くるみ割り人形』を創る。
何度も書くが「あせらず、じっくり」である。
日本最強のシニア劇団平均年齢68歳のアナーキーな
おじょうさん、おじさんの「夢の祝宴」をお楽しみください。
けして、損はさせません!21(水)@駅前劇場初日です。
・・・・・・・・・・・・・・
「まだ」6月21(水)19時、22(木)19時、25(日)17時の3ステージが「余裕あり」です。それにしても「なぜか」コロナ後の演劇公演は昼ばかりになっている。「新しい生活様式」っていうらしいが。夜の下北沢もイイですよ。演劇のメッカ:下北沢でRAKUを観て、シモキタの面白い店散策してください。待ってます!!
★シニア劇団=シアターRAKU 寺山修司没後40年記念事業
新作音楽劇!
■ 寺山修司:作 ■流山児祥:脚色・演出
■高橋牧:音楽(時々自動) ■振付:北村真実
『テラヤマ音楽劇☆くるみ割り人形』
(1977年人形アニメーション映画シナリオ)
【最新前売状況】・・・6月9(金)午前10時半現在
6月21(水)14時✖完売 
 19時◎大いに余裕アリ:残35【割引回】→おすすめ
 22(木)14時✖
 19時○余裕アリ:残15【割引回】→おすすめ
 23(金)14時✖
 24(土)13時✖
 17時✖
 25(日)13時✖
 17時◎→大いに余裕アリ残:40 →おすすめ
予約はお早めに⇒
■出演■ 川本かず子・桐原三枝・杉山智子・高野あっこ・辻 洋子・内藤みつえ・永田たみ子・二階堂まり・西川みち子・原 きよ・村田 泉・めぐろあや/出田君江・真木瑠理子・米田清美(新人)/後藤英樹・ラビオリ土屋・流山児祥 
6月21日(水)〜25日(日)
@下北沢駅前劇場 全9ステージ
上演時間1時間40分 
※当日券アリマス
■売切必至。予約はお早めに!
撮影:横田敦史
■流山児祥の新刊「敗れざる者たちの演劇志」(論創社・刊)好評発売中。みなさん、ぜひ書店・ネット書店でお買い求めください。値段高めですので、ぜひ、お近くの図書館に「希望図書」でお申し込みください。よろしくお願いします!
RAKU上演中@駅前劇場で販売します。
ご希望の方にはサインします。










【ラストまで再点検中です】
来週は細かく動きの再チェック、大劇場から小劇場用に作り替えねばならない。ここにきて、牧さんがほとんどの曲のアレンジを変えて持ってきた。ということで、歌もすべて稽古みっちり。だが、どんどん良くなってくるのが牧さんの凄さ。2時間みっちりレッスン。今週、再び再録音。
『くるみ割り人形』日々、進化・深化中です。
イマやる芝居!になっています。
というわけで、あと2週間稽古で小屋入りです。
★シニア劇団=シアターRAKU 寺山修司没後40年記念事業
新作音楽劇!
■ 寺山修司:作 ■流山児祥:脚色・演出
■高橋牧:音楽(時々自動) ■振付:北村真実
『テラヤマ音楽劇☆くるみ割り人形』
(1977年人形アニメーション映画シナリオ)
【前売状況】・・・6月5日(月)午後3時現在
6月21(水)14時✖完売 
 19時◎大いに余裕アリ 割引回→おすすめ
 22(木)14時✖
 19時○余裕アリ:残20 割引回→おすすめ
 23(金)14時✖
 24(土)13時✖
 17時✖
 25(日)13時✖
 17時◎→大いに余裕アリ→おすすめ
予約はお早めに⇒
■出演■ 川本かず子・桐原三枝・杉山智子・高野あっこ
辻 洋子・内藤みつえ・永田たみ子・二階堂まり・西川みち子
原 きよ・村田 泉・めぐろあや/出田君江・真木瑠理子・米田清美(以上3人は新人)/後藤英樹・ラビオリ土屋・流山児祥 
6月21日(水)〜25日(日)
@下北沢駅前劇場 全9ステージ
上演時間1時間40分 
※当日券アリマス
■売切必至。予約はお早めに!
撮影:横田敦史
■流山児祥の新刊「敗れざる者たちの演劇志」(論創社・刊)好評発売中。みなさん、ぜひ書店・ネット書店でお買い求めください。値段高めですので、ぜひ、お近くの図書館に「希望図書」でお申し込みください。よろしくお願いします!
もちろん、RAKU上演中@駅前劇場で販売。ご希望のお方にはサインします。